■プロフィール

スティア・SPI

Author:スティア・SPI
どうも、スティアといいます。
SPIというのは昔使っていたHNです。
年齢 20代です。体内環境はry
性別 男
ゲーム 主にRPG。ドラクエ FF ポケモン マリオRPG系 テイルズ はそこそこやりました。

ドラクエはスラもり、バトルロード、携帯のものは未経験です。2は未クリアで売却orz
FFは大体が借りるor中古でプレイしました。
テイルズは半分ぐらいやった程度です。
やりこみ度は低いです。 


※ないとは思いますが、無断転載禁止です。


一応pixiv入ってます。

PIXIV
だいたいの絵はブログにも置いてあります。




お絵かきチャット

Twitter

ゲームプレイ記のページ

絵置き場 2/27up

ドラクエ6DS セリフ集(途中)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドラクエ6DSセリフ集 ホルストックその1:城内ホルス王子捜索開始まで
※ネタバレ注意

長いので分けてます

○寄り道:数箇所(メダル王の城他)

○ホルコッタ北の関所
☆ホルコッタ周辺のフィールド
★ホルコッタ

○洗礼の洞くつ(イベント前)

★ホルストック(依頼引き受けまで)





■ライフコッド東の孤島の小屋(上)
●おじいさん「ほう こんな所に お客さんとは めずらしいのう。
      「よし いいことを教えてやろう。
      「世界中に ちらばっている 伝説の4つの武具を集めた者は 神の城に行けるという話じゃ。
      「とりあえず 南の海に浮かぶ島の 階段を おりてみなされ。 さすれば 道は ひらけるじゃろう。

・ハッサン「伝説の武具が 神の城への 道をひらくか……。
・ミレーユ「ほかの人の 手に 渡らないうちに 私たちで 伝説の武具を そろえないとね。
・バーバラ「あたしたちなら きっと 全部 集めちゃうよね!
・チャモロ「伝説の武具が トビラの カギにでも なっているのでしょうか。
・アモス 「4つ 集めると 神の城に ご招待~!

■しあわせの国(ひょうたん島入手後)

・ハッサン「だれも いないな。
・ミレーユ「とくに 何も なさそうね。
・バーバラ「ここって いつ見ても しあわせな感じは しないよね。
・チャモロ「がらーんと してますね。
・アモス 「いつまでも ぶきみですね。


■ダーマ神殿南の小屋(上)
●荒くれ「うん? お客さんか……。 あんた アモールって町には 行ったことあるかい?
    「なんでも その町の南にある 井戸から まぼろしの大地に 行けるって話だ。
    「そんなものが 本当に あるのかどうかは 知らねえけどよ。

(ホルストッククリア後or上アモールに立ち寄ったあとに仲間の会話発生?)


■ダーマ南の井戸(上)
●戦士「オレは 伝説の武具をさがして 旅をしている。
   「その1つが どこかの洞くつにあると 聞き ここまで やってきたが……。
   「どうやら この洞くつでは なかったようだな。

(仲間会話なし?)


■クリアベール東の洞くつ(上)
●戦士「オレは 伝説の武具のひとつ スフィーダノ盾を 探して 旅をしている者だ。
   「しかし もう ダメかもしれぬ。
   「まず北へ。 つきあたりを東に。 ひとつめの十字路を北へすすみ 西の十字路を南にすすむべし。
   「などという 言い伝えだけでは まるで 雲をつかむような話で…… もう あきらめようかと思ってるのだ。

(会話発生せず。もう少しあと?)


◆メダル王の城
(初回)
・ハッサン「なんだ ここ? どハデな 建物だなあ!
・ミレーユ「建物に ついた あのマーク……。 ここって もしかして!?
・バーバラ「へえっ! これって ちっこいけど お城なんだね!
・チャモロ「まものの すみかじゃ なさそうですね。
・アモス 「キンキラキンな 建物ですねー。 なんですか ここ?

(以降)
・ハッサン「ここに 来るのは もう 何度目に なるかな。
・ミレーユ「お城に ついた 王さまの マーク。 ホントに よく 似てるわよね。
・バーバラ「
・チャモロ「
・アモス 「いつ来ても キンキラキン ですねー。


●兵士「ここは メダル王の城。 王が おまちかねで ございます。 ささ どうぞ 中へ。

・ハッサン「メダル王の 城!?
     「ジャミラスを 倒したとき 飛び出してきた 王さまの城は ここに あったのか!
・ミレーユ「メダル王の城! やっぱり そうだったのね。
・バーバラ「メダル王の城 見っけたー!
・チャモロ「おおっ! やっと 見つけましたね! メダル王の城!
・アモス 「なんと ここが メダル王の城ですか! (主人公)さん 大発見ですね!


◇内部
・ハッサン「おっ! 王さま いる いる!
・ミレーユ「見た目は ハデだけど シュミは 悪くないのよね。
・バーバラ「ちいさなメダルを 集めるのって 楽しいよね。
・チャモロ「城というより おやしきですね。
・アモス 「今日は 何か もらえるんでしたっけ!?


●スライム「ピキー! ぼく わるいスライムじゃないよ。
     「だから いいこと教えてあげる。
     「ダーマ神殿も この城も とっくの昔に 魔族が 滅ぼしちゃったんだよ。
     「でも みんなの心の中に 残っていたから 夢の世界では 生きつづけたんだ。
     「だから この夢の世界の大地に 大穴をあけて せめて 封印しちゃおうとしたみたいだね。

・ハッサン「こんなに 上手に しゃべれる スライムが いるとはな……。
・ミレーユ「お城の みなさんも 生きたまま 封印されて いたんだわね。
・バーバラ「夢の世界は 支配できても 人の心の 奥までは 支配できなかった ということね。
・チャモロ「なんにせよ お城が 元に もどって 本当に よかったです。
     「そこに 大穴が あいてたなら 現実世界の 人びとの心も 大穴が あいていた ことになりますね。
・アモス 「いやー いいことを 教えてもらいましたねー!


●女性「ここは メダル王の 宝物庫です。 ちいさなメダルを 集めると 何がもらえるか 知りたいですか?
>はい
   「15枚で 「てんばつのつえ」 25枚で 「ちからのルビー」 30枚で「プラチナソード」
   「40枚で 「きせきのつるぎ」 50枚で 「ときのすな」 60枚で 「しんぴのよろい」
   「70枚で 「メタルキングヘルム」 80枚で 「ふしぎなボレロ」 90枚で「ドラゴンのさとり」
   「100枚集めると もらえるのは…… その…… 私には とてもいえないものですわ。 ぽっ。
   「これで 全部になります。 では またどうぞ。

>いいえ
   「では またどうぞ。


●学者「なにゆえに ジャミラスは この城を 封印していたのか!?
   「おそらく メダル王の持つ さまざまな 宝物の中に 魔族にとって 不都合な物が あったからでは。

・ハッサン「じゃ オレたちが 宝物を もらえば もらうほど……。
     「魔族を げきたいしやすく なるわけだな。
・ミレーユ「なるほど そうかも しれませんね。
・バーバラ「かんたんに いえば まものから きらわれて 封印された ってことよね。
・チャモロ「ふうむ 城を まるごと 封印することで 宝を 封印したかった……と。
・アモス 「それじゃ メダルを どんどん集めて まものたちから どんどん いやがられましょう!


◇メダル王(初回・メダル入手しているとき)
メダル王「よくぞ来た! わしは 世界中にちらばるという ちいさなメダルを 集めておる。
    「メダルを 見つけて来た者には その数に応じた すばらしい ほうびを とらせようぞ!
    「ややっ なんと! メダルを 持って来ておったのか。 では わしが 預かろう!
    「よしよし。 たしかに ○○枚のメダルを 預かったぞよ。
(景品がもらえる枚数以上だった場合追加)
    「よし! これで (先頭)は ○○枚以上 メダルを集めたので これを ほうびに とらせよう!
(先頭)は (景品)を 受けとった!
    「今 わしが (先頭)から 預かっている メダルは 全部で○○枚じゃ。
    「これが ○○枚に なったとき (次の景品)を あたえよう。 がんばって 集めるのじゃぞ!」

----------------------
○マルシェ:宿屋の商人(カルカドイベント終了後)
商人「これは ウワサですがね この世界のどこかに しあわせの国が あるらしいですよ。
  「その話が 本当なら ぜひとも 行ってみたいものですなあ。
  「え? うそだった? やっぱりなあ……。

・ハッサン「そんなもの 最初から 信じるほうが おかしいぜ。
・ミレーユ「しあわせは 他人から さずかるものでは ないわよね。
・バーバラ「そんな うまい話は どこにもない ってことよね!
・チャモロ「しかし ジャミラスは 手ごわかったですねえ。
・アモス 「ま いっぺん 行ってみたら どんなものか わかりますよね!

----------------------------
下の世界
◇マーズの館(カルカドイベント後)
グランマーズ「おや よく来たね (先頭)。
      「それで 旅の ちょうしは どうだい?
>いいえ (はいはいつもと同じ)
      「ふむ。 ゆき先は 西じゃな。 この館から 船に乗り 西を 目指すがよい。
      「船に乗り 南西に見える岩山を こえたあたりに 関所が 見えるはずじゃ。
      「その関所をとおり しばらく歩くと ホルストック城へ たどりつくじゃろう。
      「その城で さがしものは 見つかるようじゃ。
      「まあ 今日のところは ここで ゆっくり おやすみ。 話は また明日にしよう。

・ハッサン「そういえば ばあさんが ホルなんとか というお城のことを 話してたっけな。
     「とりあえず そこへ いってみるか?
・ミレーユ「おばあちゃんは 西のほうにある ホルストック城へ 船でむかえと 言っていたけれど……。
・バーバラ「昨夜の おばあちゃんの 占いは 長かったわねえ。
     「でも大体 おぼえてるわ。 ……まず 船で 西を 目指せ。
     「すると 南西に見える岩山を こえたあたりに 関所が 見える。
     「関所を とおって しばらく歩くと ホルストック城に たどりつく。
     「その城で さがしものは 見つかるだろう。 ……って たしかそんな感じ。
     「あたしも けっこう ミレーユみたいに きおくは いいんだから。 えっへん!
・チャモロ「さて どうします? グランマーズさんの 占いどおり 船で 西に むかいますか?
・アモス 「いやあ 夜中に ネコちゃんに なめられたのか 顔が ゴワゴワなんですよ。
     「ち ちがいますよ! ヨダレじゃ ありませんって!

グランマーズ「おや 起きたのかい? よく 眠っていたようだね。
      「どうも 最近 また お城の夢を 見るんじゃよ。 レイドック城のな。
      「しかも 国を 治める 若き たくましい王の 姿が より鮮明に 見えはじめておる……。
      「その 姿は まるで……。 いや…… これは さすがに にわかには 信じがたいのう。
      「その 若き王が どこから やって来たのか ずっと 考えておるのじゃが……。

・ハッサン「まあ とにかく でかけようぜ。
・ミレーユ「ありがとう おばあちゃん。 とにかく でかけるわ。
・バーバラ「いまの予言 よくわからないけど ずっと未来の 話なのかな……?
・チャモロ「レイドック城を おさめる 若く たくましい王……うーん 誰なのでしょうね。
     「(主人公)さん? もうひとりの王子? それとも……。
・アモス 「グランマーズさん どうも おじゃましました。 また よろしくおねがいします!
      
-------------------------------
◆ホルコッタ北の関所
・ハッサン「関所なのに 見はりを しているヤツが だれも いないな。
・ミレーユ「さあ 道を いそぎましょう。
・バーバラ「なんか ここ むぼうびだね。
・チャモロ「関所に 見はりがいない なんて ムドーがいた 時代には 考えられませんでしたね。
・アモス 「ここは 関所ですが だれでも 自由に とおって かまわないようですね。


●兵士「いやはや……。 どうやら私は ずうっと ねむったまま だったらしい。
   「しあわせの国があるという 夢を 見たところまでは 覚えているのだが それから先は まったく……。
   「ともかく 旅の者たちには 門を 閉めたままで 迷惑を かけてしまったな。
   「開けておいたから 自由に 通ってよいぞ。

・ハッサン「この男も 夢の中で しあわせの国に……。 まあ 助かって よかったよな。
・ミレーユ「ジャミラスの チカラは こんなところまで えいきょうして いたのね。
・バーバラ「兵隊さん あたしたちの おかげで いのちびろい したわけね。
・チャモロ「かなり 夢と現実が おたがいに からみあって いるようですね。
・アモス 「この人 しあわせの国では どんな人 だったのでしょうね。


●スライムナイト「そりゃっ! 関所を通れば ホルストックは 目の前だ。
        「王子の お供をするため いざ ホルストックへ!


●宿屋「ここから先は ホルストックの国だが そのの王子さまが なんていうか…… まっ いってみれば わかるよ。
   「ところで あんたは 旅の人だね。 ということはだ……
(以後宿屋汎用)

・ハッサン「関所の となりで 宿屋を やるってのは いい アイディアだな。
     「旅人たちが どちらがわから 来ても 泊まるだろうからな。
・ミレーユ「じゃ 行きましょうか。
・バーバラ「しゅっぱつ! しゅっぱーつ!
・チャモロ「ここが 宿屋だとは 私 気がつきませんでした。
・アモス 「今日は 天気がいいから どんどん先に 進めそうですね!

----------------------------------------
☆ホルストック周辺のフィールド

・ハッサン「この あたりは 土地が 広びろ してるな。 歩きでが ありそうだぜ。
・ミレーユ「のどかな ところね。 空気も おいしいじゃない。
・バーバラ「なんかさー。 気のせいか このへんって まものたちまで いなか臭くない?
・チャモロ「この あたりは これまでになく のんびりとした 雰囲気の ところですね。
・アモス 「いま… 森の中から まものどうしで あらそうような 声が 聞こえました……。
     「どうせなら みんな まものどうしで 戦ってくれれば いいんですがね。

-------------------------
★ホルコッタ

・ハッサン「村の 暮らしってのも 楽しそうだな。
・ミレーユ「村の 北側は 急な がけなのね。
・バーバラ「あたし もし こういうところに 住んだら たいくつしちゃうかも。
・チャモロ「のんびりした 村ですね。 馬の いななきが 聞こえます。
・アモス 「しかし いかにも いなか ってところですねー。
・アモス 「あ… いま 私…… なにか やわらかいモノを ふみました……。


●入口:女性「スライムにのった ナイトさん…… 王子に 会いに行ったけど 大丈夫かしら?
      「あら 旅のかた こんにちは。 ホルコッタの村に ようこそ。

・ハッサン「ホルコッタか。 名前も いなかっぽくて いいんじゃないか。
・ミレーユ「たしか この国の 名前は ホスルトック だったわね。
     「ホルストックに ホルコッタの村。 覚えやすくて いいわよね。
・バーバラ「見てみて! この ホルコッタ村の おうちは ぜんぶ 木で できているよ。
・チャモロ「どこにでも 美人さんが いるものなんですねえ。
・アモス 「この町の キャッチフレーズ が 思い浮かびました。 なんてコッタ ほるコッタ!


●宿屋:おじさん「いやー この国の王子さまには たまげたなあ。
        「ウワサを聞いて わざわざ 見にきたかいが ありましたよ。

・ハッサン「王子を 見物に わざわざ とおくから? なんだ それ。
・ミレーユ「たまげたって…… いったい どんな 王子なのかしら。
・バーバラ「王子さまが この国の 名物……? へんなの。
・チャモロ「お城に 来た人が 泊まってるんですか。 お城に 宿屋は ないのかな。
・アモス 「せっかくですから 私も ぜひ 見てみたいですね その王子さま!


●南東:農夫「おう あんたら いいカラダさ してるでねえか。
      「どうだ? オラたちと いっしょに 畑さ たがやして この村で くらさねえか?
>はい(選択肢1) いいえは▽へ
      「ほう……。 今どきの 若いモンにしちゃあ めずらしい 答えでねえか。
      「したら オラの 養子にでも なるだか?
>はい(選択肢2) いいえは▽へ
      「よっしゃあ 決まった! 今日から あんたは オラの子供だ。 きばって 働くだよ! なあんて。
  ▽   「ハッハッハ! 気に すんでねえ。 冗談だかんな。

(全選択肢)
・ハッサン「ははっ。 おもしろい おっさんだな。
・ミレーユ「こういう 仕事も いそがしそうね。
・バーバラ「本気かと 思った……。
・チャモロ「人手ぶそく なんですかねえ。
・アモス 「ここで 養子になって 暮らすというのも 悪くは ないですがね。


●南東:馬「ヒヒーン ブルルルッ!

・ハッサン「おお おおっ! 元気な 馬だぜ!
・ミレーユ「そこにいる おじさんが 飼っている 馬かしら。
・バーバラ「あんまり ちかよると けとばされるかもよ。
・チャモロ「えいようが ゆきとどいてますね。
・アモス 「チカラが ありそうだなあ。


●南東民家:おばあさん「じいさまは 以前は お城で 王子さまの お世話係を していたんじゃよ。
           「じゃが カラダを こわして しまってのう……。

・ハッサン「王子の 世話係……。 じゃあ 王子の ことには かなり くわしい 人なんだな。
・ミレーユ「おじいさん おカラダが 悪いんですって……。 お気のどくね。
・バーバラ「おじいちゃんは きっと 王子さまのことを 大好きだったのね。
・チャモロ「王子さまって おいくつぐらい なんでしょうね。 もう そろそろ おとな……?
・アモス 「昔は この村から お城まで かよって いらしたんでしょう。
     「だったら お城までは そんなに とおくは ないでしょうね。


●南東民家:おじいさん「わしが ホルストックの城を 去ってから もう だいぶ 時が たつのう。
           「ホルス王子は お元気じゃろうか? 洗礼の儀式に 旅立たれたとの ウワサを 耳にしたんじゃが。

・ハッサン「王子は 洗礼のぎしきで でかけている ってことは 城には いないのかな。
・ミレーユ「洗礼の ぎしき……。 どんな ものかしらね。
・バーバラ「ホルス王子かあ。 どんな人か 気になるね。
・チャモロ「外の 畑で はたらいていたのは この人の 息子さん でしょうかね。
・アモス 「お城を 去ったというのは……。


●中央:農夫「おいらーは よおー 畑 たがやし 13年っと!
      「ザック ザック ザック ザック……。

・ハッサン「この人 畑仕事が 3度のメシより 好きだって 顔に かいてあるな。
・ミレーユ「くる日も くる日も 畑のお世話……か。 私には なんだか しんせんね。
・バーバラ「13年…… いがいと 若手なのね。
・チャモロ「ごせいが でますねえ。
・アモス 「見るからに まじめで はたらきものの人が 多そうな 町ですねえ。


●中央:商人「この村は のどかで いいですなあ。 世界が平和になったってことを しみじみと 実感できますよ。
      「さて どっこいしょと。 人がきたので 仕事でも はじめますかな。
(以後よろず屋汎用)


●西民家右:男性「風のウワサでは レイドック城の 王子が 王の病気をなおすため まもの退治の旅び 出たそうだな。
        「そのあとのことは 聞いていないが なんと勇ましく 親思いの 立派な王子だろうか!
        「それにくらべて わが国の ホルス王子ときたら……。 あれじゃ 王さまも 大変だよ。

・ハッサン「レイドックの 王子の ウワサが この村まで ……へえーっ。
・ミレーユ「この村に 伝わって いるのは ずいぶん前の ウワサの ようね。
・バーバラ「どこで そうして いるのかなあ……。 もう ひとりの (主人公)。
・チャモロ「なんだか わからないけど この国の 王子さまの 評判は いまひとつの ようですね。
・アモス 「ホルス王子というのは りっぱでも いさましくも ないのでしょうか……。


●西民家右:女性「この国では 王になる人は 洗礼の儀式を 受けなくては ならないの。
        「でも あのホルス王子に それが できるのかどうか……。 みんな 心配しているのよ。

・ハッサン「洗礼のぎしき……か。 どんなものかは 知らないが……
     「王子とも なると どんな ぎしきで あっても いやとは 言えないんだろうな。
・ミレーユ「だいぶ くわしく 教えて いただけたわね。
     「ますます お城に 行ってみたく なったんじゃない?
・バーバラ「村の人たちは 別に ホルス王子を きらいってわけじゃ ないみたいね。
・チャモロ「その 洗礼のぎしきって なにか よほど むずかしい ことなんでしょうかね。
・アモス 「やっぱり お城まで 足をのばして くわしいことを 聞いたほうが いいかも……。


●西民家左:男の子「あーあ たいくつだなあ……。 ホルス王子でもいいから あそびに来て くれないかなあ。

・ハッサン「ほう ここには ホルス王子が よく 遊びに 来るみたいだな。
・ミレーユ「この子と 王子さまは あそび仲間 なのかしらね。
     「根は やさしい人 なのじゃ ないかしら。
・バーバラ「たいくつしのぎに 王子に あそびに きてほしい??
     「ふつうの 国なら 村の子供は そんな なれなれしい 言いかた できないわよね。
・チャモロ「王子は この子には いちおう 好かれている みたいですね。
・アモス 「王子でも いいからって……。 あんまり そんけいされて いなさそうだなあ その王子さま。


●北:おじいさん「……。
        「水に映った 自分のカオを 見るたびに 思うんじゃ。
        「わしも フケたのお……。

・ハッサン「まあ 若がえったりは しないだろうなあ。
・ミレーユ「池の水が ゆれると それも 自分の シワに 見えてしまうのかもね。
・バーバラ「水に うつった あたしの カオは…… ま こんなものかな。
・チャモロ「ものおもいに ふけるには よさそうな 場所ですね。
・アモス 「少しずつ ですが 見るたびに 時間がたつから そりゃ フケますよね。


●東:おばさん「ここで とれた 作物は ほとんどが ホルストックの城へ 売られて いくんだよ。
       「城かい? この村から 西に 行ったところにあるよ。

・ハッサン「お城まで 近いのなら ちょっと 行ってみてもいいな。
・ミレーユ「暮らしぶりは ゆたかな 村のようね。
・バーバラ「お城の 食たくは この村でとれた 新鮮やさいが たっぷり なんでしょうね。
・チャモロ「お城との 人の 行き来が 何かと 多そうですね。
・アモス 「ははあ つまり ここは ホルストック城の 台所…… みたいな もんですね!


●東民家:荒くれ「わしは もともと ホルストック城で 働く 兵士であったのだ。
        「それなのに あの王子のせいで クビに……。 いや 今さら 何も いうまい。

・ハッサン「この村の 住人は ホルストック城に いた人も 多いみたいだな。
・ミレーユ「あら……。 この人 王子さまの ことを うらんでいるのかしら。
・バーバラ「王子のせいで クビに なった? この人に 何が あったのかしら。
・チャモロ「王子について あまり いい思い出が ないみたいですね。
・アモス 「クビですか……。 それは つらいですねえ。


◇教会(北洞穴)
・ハッサン「この 教会…… なかなか たいした もんだな。
・ミレーユ「ひんやりして いい きもちね。
・バーバラ「滝が ながれおちる 礼拝堂なんて すてきね。
・チャモロ「村の 人たちは ここで 洗礼を 受けているんでしょうね。
・アモス 「しぜんを 利用した すばらしい ところですね。


●教会:農夫「ここにいると 心が うんとこさ 清らかに なっていく気が するだべよ。
      「んだが 洗礼の洞くつの奥は こんなもんじゃねえらしいな。
      「まっ オラたち 王族でもない者は 入ることは できんけどよ。

・ハッサン「すごいな ここ…… 村の 人びとにとっては ほんと 心やすらぐ 場所だろうな。
・ミレーユ「王子さまは ここで 洗礼をうけるわけでは ないのね。
・バーバラ「洗礼の洞くつかあ。 それほど すばらしい ところなら 行ってみたいよね。
・チャモロ「ホルス王子は もう その 洗礼の洞くつで 洗礼を 受けたのでしょうか。
・アモス 「いやーっ ほんとに すばらしい 教会です。 (主人公)さん また来ましょうね。

-----------------------
○洗礼の洞くつ:扉(イベント前)
扉から 重々しい声が ひびいてきた……。
*「なんじ ホルストックの 血を 引く者よ。
 「なんじの 名を つげるのだ。
(先頭)は ためしに 自分の名を いってみた!
 「なんじは ホルストックの血を 引く者に あらず! 早々に 立ち去られよ。

------------------------
★ホルストック城

・ハッサン「ほうっ こんな いなかにしちゃ なかなか 立派な お城じゃないか!
・ミレーユ「お城全体が 岩山の上に たっている みたいだわね。
・バーバラ「上の方が 見えないくらい 大きいね!
・チャモロ「ここは どんな お城なんでしょうね。
・アモス 「急な 階段だなあ。


●入口外:兵士(両方)「ホルストック城へ ようこそ!

・ハッサン「ほう ここが ホルストック城なのか。
・ミレーユ「兵隊さんたちも どことなく のどかな 顔を しているわね。
・バーバラ「あら あいそが いいじゃない。
     「あたしみたいな 若い 女の子が いるせい? なーんてね えへへ!
・チャモロ「平和な 国なのでしょうね。 私たちを すぐ 城の中に 通して くれるなんて。
・アモス 「さあ さあ。 入れてもらいましょう!


●1F城内入口:兵士「ほお…… 旅の者か。 見れば なかなかの ウデマエのようだ。
        「どうだ? もし ヒマならば わが王と 王子のために ひとつ 働いてみないか?
        「まあ 詳しいことは 直接 王から聞くとよいだろう。

・ハッサン「いっしゅん この兵士と 戦うのかと 思って ビックリしたぜ!
・ミレーユ「いきなりの おさそいね。 どんな ウデマエを みこまれたのかしら……。
・バーバラ「ヒマでもないけど いまは 時間があるから 話だけでも 聞いてみる?
・チャモロ「まあ お話だけでも うかがってみるのは かまわないと 思いますが……。
・アモス 「人を 見る目があるのか てきとうなのか……。 この兵隊さんは どっちでしょう。


●1F食堂:おばさん「もう! 昼ごはんなら まだだ と 申しあげているでしょう!
        「あら? これは 失礼。 てっきり ホルスさまだと。

・ハッサン「びっくり したぜ……。
・ミレーユ「いきなり おこられたわね。
・バーバラ「ホルスさまって そんなに いやらしいほど 大食いなのかしら……。
・チャモロ「この方の お料理は 良い においがして おいしそうですねえ。
・アモス 「ふむふむ ホルスさまは くいしんぼう ……と。


●1F食堂:男の子「ボク ホルス兄ちゃん 大好きだよ。 いっしょに あそんでくれるもの。

・ハッサン「ホルス兄ちゃんか……。 子どもに 好かれる タイプなんだな きっと。
・ミレーユ「この子は ホルス兄ちゃんって よんでいるのね。
・バーバラ「子供は いっしょに あそんでくれる人が 大好きよね。
・チャモロ「ホルスさんの 人物ぞうが まったく つかめません……。
・アモス 「ふむふむ ホルスさまは いっしょに あそんでくれる ……と。


●1F階段前:兵士「王は この上に おわします。

・ハッサン「すぐに 上に行って 王さまに会うか もう少し あたりを 見て回るか どうするかな。
・ミレーユ「王さまに 会うなら 階段を あがりましょうか。
・バーバラ「王さま じきじきに めんかいして くれるんなら 行ってみたいわ。
・チャモロ「もう少し じょうほうを 仕入れてからの方が いいような 気もしますが……。
・アモス 「あまり 王さまが 地下にいる ところって ないですよね。


●1F北部屋:兵士「うーん たのむよ ねむらせて くれよー。
         「毎晩 王子の カードあそびに つきあわされて まともに ねむって ないんだよー。

・ハッサン「この城じゃ 王子との カードあそびも 仕事のうち らしいな。
・ミレーユ「あらあら。 ねむれないのは つらそうね。
・バーバラ「まいばん カードあそび している 王子さま!? なーんか ダメなやつって感じね。
・チャモロ「私が 兵隊だったら カードあそび できないから クビに なっていますね。
・アモス 「この城の 王子さまは ギャンブル好き なのでしょうか!


●庭:男性「おれ 思うんだけどさ。
     「ふつうの人間だったら まものがいる 洞くつなんて 恐ろしくて 行けないよ。

・ハッサン「たしかに ふつうなら そんなところに すき好んでは 行かないだろうなあ。
・ミレーユ「なにか まものの出る 洞くつに 行かなきゃいけない 話でもあるのかしら。
・バーバラ「あたしたちは よく行くけど まあ そんなに ふつうじゃ ないか。
・チャモロ「この方は 本気で 心配している ようですね。
・アモス 「あたり前の ことを 言っているだけで その先が よく わかりませんね。


◇地下通路

・ハッサン「地下は ちょっとした 迷路だな。
・ミレーユ「上の 階とは ぜんぜん ふんいきが ちがうわね。
・バーバラ「とおる人も 見かけないわね。
・チャモロ「お城の 中にしては かざりけに とぼしいですね。
・アモス 「ヘックシュン! ちょっと ほこりっぽいですね。


●地下通路:おじいさん「ここは いざという時のための 抜け道じゃよ。 何かがあったとき ここを通って 外へ 脱出するんじゃ。
           「まあ 何もない今でも ときどき 王子が 城を抜け出して あそびに行くのに 使っとるがな。

・ハッサン「ほお。 この城の しくみって なかなか 面白いんだな。
・ミレーユ「王子さまが 地下から脱出? 気になるわね……。
・バーバラ「ヒミツの 脱出口かあ。 なんか そういうのって あたし ワクワク しちゃう。
・チャモロ「なるほど 地下通路を 通れば こっそり お城の外まで 出られるワケなんですね。
・アモス 「脱出 ですか…… なぜ 王子が 脱出する必要が あるのか よく わかりませんが。


●離れ:ホルス「ん? なんだ おまえら。
       「オレか? オレは この国の王子 ホルスさまだ。 よく 覚えて おくんだぞ。
       「はっはっはっはっ。

・ハッサン「大きな声じゃ 言えないが…… なんだ こいつ!
・ミレーユ「やっと ホルス王子に 会えたわね。
・バーバラ「この子が ホルス王子? なんだか たいどが 大きいわね。 まあ王子じゃ しかたないか……。
・チャモロ「ホルス王子……ですか。 二度と 忘れないほど いんしょうぶかい方ですね。
・アモス 「はっはっは って…… この人が 王子さまー!?


●2F外:兵士長「おお キミ キミ すまんが ホルス王子を 見なかったかね?
        「剣のケイコの時間 だというのに 王子のサボリぐせには こまったものだ。

・ハッサン「オレたち ここに 来たばかり だしなあ。 いきなり 聞かれても……。
・ミレーユ「王子さまの 剣じゅつの 先生なのね きっと。
・バーバラ「王子さまの 印象が なんだか どんどん 悪くなってるんですけど。
・チャモロ「サボりぐせ…… よほど しょっちゅう そういう ことが あるのですね。
・アモス 「私は 見ませんでしたが なにか?


●2F外:詩人「おおー 勇ましき王子 その名は ホルスー!
       「…… ……。
       「王宮仕えの 詩人とはいえ ウソを 歌にするのは ツライです。

・ハッサン「いさましく……ないのか 王子って。
・ミレーユ「王家に お仕えするのは 気ぐろうも 多いでしょうね。
・バーバラ「ここで ひとりで なやんでいたのね この人。
・チャモロ「王子の ひょうばんが どうにも よくないですねえ。
・アモス 「ウソは いけませんよね……。


●2F外:女性「まったく 王子には あきれるわ!
       「弱虫毛虫のくせして 女だけは ひといちばい 好きなんだから。
       「だって 王子ったら あたしのスカート 思いっきり めくったのよ! プンプン!

・ハッサン「小さい子供なら まだ わかるが 王子は それほど 子供じゃないよな。
・ミレーユ「こんなふうに 言えるのは この国の 王家の人たちが おおらかな しょうこね。
・バーバラ「スカートめくり!? そんなこと されたら ズボンを おろしちゃえばいいのよ!
・チャモロ「スカートめくりですか。 私は やったこと ないですが 楽しいものなのでしょうか。
・アモス 「めちゃくちゃ いわれてますね。 この国の 王子。


●2F離れ:左兵士「オレは もう 王子のお供を するのは ゴメンだね。

・ハッサン「兵士 ふたりで こそこそ グチの いいあいか……。
・ミレーユ「なにか 王子と もめごとでも……?
・バーバラ「なんだか ストレス たまってるみたいね。
・チャモロ「あんなこと 堂々と 言っちゃってますけど 平気なのでしょうか……。
・アモス 「ふむふむ ホルス王子の お供は 大変だ……と。


●2F離れ:右兵士「オレたちゃ あんな王子の お守りを するために ここに いるんじゃ ないんだ。
         「やる気が なくなっちゃうよ。

・ハッサン「あんな王子 ねえ……。 どんな王子か 知らないが 言われたい ほうだいだな。
・ミレーユ「王家に ちゅうせいを ちかって いるはずの 兵士さんが ここまで 言うとはね……。
・バーバラ「なんか 聞いちゃいけない 話を 聞かされちゃった 感じ……。
・チャモロ「どこの 職場でも いろいろ 不満は あるものでしょうが……うーん。
・アモス 「ふむふむ ホルス王子の おもりは 大変だ……と。


●2F:兵士「王に そそうの ないようにな。

・ハッサン「王さまの部屋 けっこう りっぱだな。
・ミレーユ「みんな えりもとぐらい なおしておきましょ。
・バーバラ「おぎょうぎ よく してようね。
・チャモロ「通りがかりの 旅人の 私たちが これほど すんなり 王さまに お会いできるとは。
・アモス 「だから… そそうなんか しませんよね!


●2F:大臣「ほう 旅の者か。 その格好…… ずいぶんと 旅なれた 様子であるな。
      「まあ ゆっくりして いかれるが よい。

・ハッサン「こんなに あっさり かんげい してくれるなんて めずらしいよな。
・ミレーユ「しんせつそうな 大臣さんね。
・バーバラ「ゆっくり するって…… 何か たのまれるんじゃ なかったっけ。
・チャモロ「かんげいムードですね。
・アモス 「この あたりは 旅人が だれも 来ないほど いなか なんですね きっと。


●2F:王妃「ホルスは 心のやさしい子 なのです。
      「だから あらそいごとを きらって いるのですわ。
      「けっして 弱虫なんかでは ありませんのよ。

・ハッサン「はあ そうなのですか…… としか 言いようが ないぜ。 王子のこと よく 知らないしな。
・ミレーユ「ホルス王子の おかあさまね。 とても やさしそうな方だわ。
・バーバラ「子供のことを ぜったいてきに しんらい しているんだね。
・チャモロ「息子さんに よくない ひょうばんが たっていることを 心配して らっしゃるようですね。
・アモス 「弱虫かあ…… 私も 小さいころ そう いわれたこと ありましたねえ。
     「はんたいに 実力以上に 強いと 思われて 苦労も しましたっけ……。
     「あ! すみません。 あまり 私らしくないことを 言ってしまいましたね!


●2F:ホルテン王「よくぞ来た 旅の者たちよ。 わしが この国の王 ホルテンだ。
         「して わが城に 何か用か? もし これといった用が ないのなら わが願いを 聞いてもらえぬか?
>いいえ
         「ふむ。 ならば しかたない。 まあ ゆっくりと していかれよ。

・ハッサン「なんにも はなしを 聞かずに ことわるのは さすがに ちょっと 王さまに 失礼じゃないか?
     「まあ 聞いてしまうと ことわりにくい… みたいな 不安も あるけどな……。
・ミレーユ「どんな ねがいか お話ぐらい 聞いてみても いいんじゃないかしら?
・バーバラ「(主人公) いきなりすぎだよー!
・チャモロ「私たちのような 通りすがりの者に 王じきじきの たのみごとですから……。
     「私としては かなり 好奇心が つのります。
・アモス 「ホルストック城には ホルテン王と ホルス王子ですか いやー まちがえそうですね。

>はい
ホルテン王「うむ! そうこなくてはな! で わが願いというのは ほかでもない 息子のことなのだ。
     「先日 わが息子 ホルスが めでたく 15才と なった。
(断った場合ここから)「わが王家には 15才になると 城の南にある 洗礼の洞くつに おもむき……
     「そこで 洗礼を 受けねばならぬ という しきたりが あるのだ。
     「実は すでに なんどか 洞くつに 行かせたのだが……
     「いずれも 供をさせた 兵士たちの チカラが 足りず 失敗に 終わっておる。
     「そこで きびしい旅の地を こえてきた そなたたちに たのみたい!
     「洗礼の洞くつに 向かう わが息子 ホルスの 供をしてもらいたいのだ。
     「どうだ? やってくれるか?
>いいえ(選択肢2)
     「む ならば しかたない。 まあ ゆっくりして いかれよ。

・ハッサン「ことわっちまったか。 ま 少し 考えてからでも おそくは ないだろうけどな。
・ミレーユ「だいぶ お困りの ごようすよ。 考えなおして みない?
・バーバラ「王子のことは ともかく 洗礼の洞くつ っていう ところは きょうみが あるわ。
     「引き受ければ どうどうと 探検 できちゃうわけよ? オーケーしちゃおうよー!
・チャモロ「ホルス王子は どうやら 兵士なかせの 王子さまの ようですね。
・アモス 「こんな こころよく 私たちを むかえてくれた お礼も かねて……
     「ここは ひとつ お引き受けしても いいんじゃないですかね。

>はい(選択肢2)
ホルテン「うむ!! やってくれるか! よし 大臣 さっそく ホルスを 呼んでくるのだ!
大臣「はっ ただちに!
ホルテン「そなたたち もう 旅は長いのかな? よければ 旅の目的などを 話してはくれぬか?
>はい(選択肢3)
ホルテン「ふーむ 自分をさがしながら 世界各地に残る まものを 倒す旅をしている とな……?
    「自分の身体をさがす というのが わしには よくわからんのだが まもの退治をしているのは 感心だな。
         ▽2へ
>いいえ(選択肢3)
ホルテン「そうか いえぬと申すか。 まあ それも よかろう。 無理には 聞くまい。 ▽2へ

▽2 大臣「王! またしても ホルスさまが!
ホルテン「まさか いないと申すか!?
大臣「はい。 今 城の者たちに さがさせて おりますが……。
ホルテン「ふーむ。
    「あやつのことだ。 きっと この城の中の どこかに いると思うのだが……。
    「そなたたちも ホルスを さがしてくれぬか。
    「もし 見つけたら ここへ つれてくるように。 たのんだぞ。

・ハッサン「やれやれ…… いきなり 王子の そうさくかよ。
     「まあいい。 お城の中を 見学がてら ちょっと 回ってみるか。
・ミレーユ「もしかして 私たち とてつもなく やっかいな仕事を ひきうけて しまったのかしら……。
・バーバラ「のりかかった 船よ! 王子さまを さがしましょ!
・チャモロ「本人を 見つけないと 洞くつに つれていきようが ないですね…… さがしましょう!
・アモス 「さっき あの大臣さん またしても! とか 言ってましたよね。
     「そんなに しょっちゅう いなくなるんですかね。 なんだか 不安だなあ……。

スポンサーサイト
DQ6セリフ集 | 17:06:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。