■プロフィール

スティア・SPI

Author:スティア・SPI
どうも、スティアといいます。
SPIというのは昔使っていたHNです。
年齢 20代です。体内環境はry
性別 男
ゲーム 主にRPG。ドラクエ FF ポケモン マリオRPG系 テイルズ はそこそこやりました。

ドラクエはスラもり、バトルロード、携帯のものは未経験です。2は未クリアで売却orz
FFは大体が借りるor中古でプレイしました。
テイルズは半分ぐらいやった程度です。
やりこみ度は低いです。 


※ないとは思いますが、無断転載禁止です。


一応pixiv入ってます。

PIXIV
だいたいの絵はブログにも置いてあります。




お絵かきチャット

Twitter

ゲームプレイ記のページ

絵置き場 2/27up

ドラクエ6DS セリフ集(途中)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドラクエ6DSセリフ集 アークボルト(旅人の洞くつ前まで)
ネタバレ注意

ボス戦後の会話に未記入が増えてくると思います。

★アークボルト
★アークボルト(ブラスト撃破後)




★アークボルト(初回)

・ハッサン「ん… なんだ? 前から 青い服を着た 若いのが 来るぞ。
・ミレーユ「あそこに なにかの 立て札が あるわ。
・バーバラ「ん? だれか 向かってくるよ。
・チャモロ「なんだか ものものしい ふんいきの ところですね。
・アモス 「うわーっ ずいぶん 大きな お城ですね!

(通常)
・ハッサン「しかし なんとも りっぱな つくりの 城だな。
・ミレーユ「それにしても ふくざつな つくりに なっているのね……。
・バーバラ「もし ここで みんなと はぐれたら さがすの たいへんそう……。
・チャモロ「この お城の中には たくさんの 人たちが 住んでいるようですね。
・アモス 「私 ほうこうオンチなので 迷って しまいそうです……。


◇向かってくる人(テリー)と会話(初回)
(テリー)「……わるいな。 先をいそぐんだ。

・ハッサン「なんだ あいつ? カンオケなんか ひきずって どこへ 行くんだ?
・ミレーユ「……?
・バーバラ「あいその ない人 だったわねえ。
・チャモロ「若いけど なんだか ふんいきに すごみが ありましたね。
・アモス 「いまの 若者から とても 強い 気を 感じました……。
     「かなりの 使い手では ないでしょうかね。


■入口:立て札『まものを 倒さんとする 強者 求む! われと思わん者は わが元へ 来たれ! アークボルト王』

・ハッサン「なんだ これは? ずいぶん いさましいな。
・ミレーユ「ふうん…… 戦士を あつめているのね。
・バーバラ「まものを 倒さんとする 強者……かあ。 あたしたちに ピッタリじゃない?
・チャモロ「つわもの もとむ…… どこかに 強い まものでも いるのでしょうかね。
・アモス 「おおっ! 私 なんだか ワクワクして きました!


●入口:兵士(どちらも)「ここは アークボルト城。 うむ おまえたちも 強そうだな。 さあ 入るがよいぞ。

・ハッサン「あんがい すんなり 通してくれるんだな。
・ミレーユ「強そうって……。 いったいどこで はんだんして いるのかしらね。
・バーバラ「えー あたしも 強そうに 見えるのー?
     「それよりは かわいい って いわれたいけどなー。 
・チャモロ「おゆるしが でました。 気が 変わらないうちに 城の中に 入ってみましょう。
・アモス 「わくわく!


◆城内1F

・ハッサン「へええ。 中は けっこう 広いんだな。
・ミレーユ「お城の中には たくさんの人たちが くらしている ようね。
・バーバラ「このお城は 雨がふっても ぬれずに お買い物が できていいね!
・チャモロ「ほう 城の中に お店やら 教会やら いろいろ あるみたいですね。
・アモス 「立て札を みてきた 強そうな人が いっぱい いるかと 思いましたが……
     「立て札が あそこじゃ あまり 効果が ないんでしょうかね。


●城内1F:男性「あなたたちも 外の立て札を見て この城へ やってきたのですか?
>はい、いいえ
        「そうですか。 しかし 王さまは 本当に強い者としか お会いになりませんよ。

・ハッサン「強い者か…… たぶん 大丈夫だと 思うけどな へへ。
・ミレーユ「どうやって 強い者か どうかを たしかめるのかしら……。
・バーバラ「どのくらい 強ければ いいんだろうね。
・チャモロ「とにかく 奥へ 行ってみましょう。
・アモス 「うーん… なんだか すんなり 会えない 気が してきました……。


●教会1F:シスター「ここは 教会です。 神父さまは 上に おられますわ。 そこの 階段を おのぼりください。

・ハッサン「教会に よって行くか? (主人公)。
・ミレーユ「教会は 2階に あるのね。
・バーバラ「なには ともあれ まずは おいのり だわよね。
・チャモロ「神父さまに お会いして 行きましょうか。
・アモス 「シスターさんに 案内されると つい おいのりに 行きたく なっちゃいますね。


●教会2F:おばあさん「風のウワサだと 魔王ムドーが 倒れたと 聞いたが まものは まだ 消えてはおらん。
           「この城の兵士たちも あちこちで まもの退治を おこなっておるのじゃ。
           「だから あたしゃ こうして 神さまに 彼らの無事を 祈っておるのじゃよ。

・ハッサン「あいかわらず まものは へってない ってことだな。
・ミレーユ「ムドーが 倒れてからも じょうきょう あまり 変わっていないのね。
・バーバラ「この国は まものと せっきょく的に 戦っていて たのもしいわよね。
・チャモロ「長い間 国をあげて まものと 戦い続けている というわけですね。
・アモス 「その 祈りが ちゃんと 神さまに つうじて いるんですね きっと。


●宿屋:戦士「あ イタタタ……。 せっしゃは 修行の旅の者。 表の立て札を見て 来たものの……
      「奥の兵士に敗れ このありさまよ。 まだまだ 修行が たりぬわい。 うっ イタタタタ……。

・ハッサン「ははん。 この男 さぞかし 自分のウデに 自信が あったんだろうよ。
・ミレーユ「たしかに この お城の 兵士さんたちって みんな 強そうな 顔をしているわよね。
・バーバラ「兵隊さんが 強いのか この人が 弱いのか……。
・チャモロ「元気になったら また 修行の やりなおしですね。
・アモス 「いやー 見ているだけで 痛さが 伝わってきますね……。


●城内1F:荒くれ「山の向こう側に 通じていた 洞くつが 地震で くずれちまってな。 さっそく 工事しようとしたんだが……
         「いきなり 大きな穴が ぱっくり開いて 中から おっそろしく強い まものが ぞろぞろ 出てきやがった。
         「あいつら きっと 魔王の手下の 生き残りだぜ。 世の中 平和になったと 思ってたのに…… まいったぜ。

・ハッサン「まものが ぞろぞろ……? そんなに いっぱい いるのか。
・ミレーユ「まものを たおせる強者を 王さまが 集めていることと かんけい ありそうね。
・バーバラ「だいじな 洞くつ なのかしら。
・チャモロ「地中から まもののむれ……。 そんなことが あったんですか。
・アモス 「そりゃあ たしかに 工事どころじゃ ありませんね!


●城内1F:商人「北西の 旅人の洞くつは いつになったら 通れるようになるんでしょう?
        「いつまでも ここで 足止めを くっているわけにはいかないんですが……。

・ハッサン「旅人の 洞くつか……。 みんなの だいじな ルートなんだろうな。
・ミレーユ「だいぶ 困っていらっしゃるようね。
・バーバラ「そこが 通れないと ほかには 行く道が ないんでしょうね きっと。
・チャモロ「私たちで お役に 立てることって あるのでしょうかね。
・アモス 「旅の商人さんじゃ 商売あがったり に なっちゃいますよ!


●城内1F:おばさん「この城の王さまが このあたりを おさめているんだよ。
          「王さまも りっぱな人だけど なによりも 兵士たちの強さが 国を ささえているのさ。

・ハッサン「そりゃあ 最後は 兵士が 強くなきゃ 話に ならないからな!
・ミレーユ「王さまの 人望が あついから 兵士のみんなも がんばっているのね きっと。
・バーバラ「外の 立て札に まものをたおせる 強い人を ぼしゅう中って 出てたよね。
     「まだまだ 兵隊が 足りないっていう ことかしら。
・チャモロ「なるほど。 兵士たちの 団結力が しっかりしているのでしょう。
・アモス 「王さま ひとりじゃ どこも 守れませんからね。


【◇城内1F:兵士(ガルシア)
兵士「おまえ 立て札を見て 来た者か?
(選択肢1)>いいえ
  「ちがうのか。 ならば これ以上 奥へ進むことは 許さぬ。 立ち去るがよい。

・ハッサン「立て札って 城の 外にあった あれだろ? 強者 求む……っていうやつ。
     「やってみないか? まものを たおすのは オレたち とくいじゃないか。
・ミレーユ「王さまに 会うには 立て札の おふれに おうぼするしか なさそうね。
・バーバラ「とおせんぼ されちゃったわね。
・チャモロ「どうやら 立て札を 見てきたと いわないと 通してくれないようですね。
・アモス 「とりあえず はい と 言っちゃって その先は あとから 考えましょう!

(選択肢1)>はい
兵士「ほう…… 今日は ずいぶんと いそがしい日だ。 カラダがもたんな これでは。
  「しかし これも わが つとめ。 おまえが 本当に強いかどうかを たしかめなくては ならぬ。
  「さあ 勝負と いこう。 用意は いいか?
(選択肢2)>いいえ
  「ならば 用意を ととのえてから 来るがよい。

・ハッサン「オレは もう 準備ばんたん だから いつでも オッケーだぜ!
・ミレーユ「相手に たいして この ゆとり……。
     「しんちょうに 装備を ととのえたほうが いいかも しれないわね。
・バーバラ「この人 けっこう 強そうだね……。
・チャモロ「どうやら この 戦いを さけることは できそうに ありませんね。
・アモス 「この 兵隊さんが どのくらい 強いのか たしかめて やりましょう!

(選択肢2)>はい
兵士「よし いざ勝負!

○(選択肢2の)いいえを選択後に話しかける(敗北後もこの会話)
兵士「ふむ…… 今度は ヤル気のようだな。 そう こなくては おもしろくない。
  「さあ 勝負と いこう。 用意は いいか?  >いいえ(選択肢2の>いいえ)へ
>はい (選択肢2>はいと同じ)

○敗北後
兵士「なんだ 弱いではないか……。 ひやかしは 困るな…… ……。
(宿屋へ)
おばさん「やっと 気がついたようだね。 まったく 世話のやける人たちだよ。
    「じゃあ あたしは 仕事に もどるからね。
    「あんたたちも いつまでも ねてんじゃないよ。

・ハッサン「ガルシアとかいう あの兵隊の スタミナは ハンパじゃ なかったぜ……。
     「次は そこんとこ よーく 頭にいれて 戦わなくっちゃな!
・ミレーユ「ゆだん たいてきとは このことね……。 とにかく いきましょう。
・バーバラ「なにー あの人! メチャメチャ 強かったよー。
・チャモロ「いやはや…… すっかり ふかくを とって しまいました。
・アモス 「私 まだまだ しゅぎょうが たりません……。

○勝利後
兵士「なるほど…… 強いな おまえは。 よかろう 通るがいい。 】

・ハッサン「いやあ この ガルシアって ヤツ けっこう 強かったな!
・ミレーユ「ふう……よかった。 なんとか 勝てたわね。 これで 王さまに 会えるかしら。
・バーバラ「この 兵隊さん 今日は いそがしくて カラダが もたないって 言ってたね。
     「ということは 今日は そんなに なんども 戦ったってことかしら?
・チャモロ「なるほど。 こうして 城を おとずれる者の 強さを しらべているのですね。
     「なんだか 先が 思いやられます……。
・アモス 「あー つかれた……。 先に 進むのは 少し やすんでからに しましょうか?


●城内1F:兵士(ガルシア) 戦闘勝利後に話しかける
兵士「おまえは 強い…… しかし ブラスト兵団長に 勝てるかな? ふっふっふ。

・ハッサン「なあ (主人公)……。 階段から こっちを 見てるヤツが ブラストなんじゃないか……?
・ミレーユ「ブラスト兵団長って そこに 立っている人……?
・バーバラ「えー? まだ 戦わなくちゃ ダメなのー!?
・チャモロ「ふーむ この人より さらに 強いとなると 心して かからなければ……。
・アモス 「わっはっは! もちろん 勝てますとも!

○階段前の剣士と会話後、この兵士と会話後
・ハッサン「ブラストか……。
・ミレーユ「ブラスト兵団長……。 きっと 手ごわい 相手よ。
・バーバラ「戦うのは この人だけじゃ すみそうもないわね……。
・チャモロ「なんだか 先が 思いやられますねえ……。
・アモス 「ふっふっふ。 とうぜん 勝ちますとも ふっふっふ。


●階段前:剣士(ブラスト)
【剣士(ブラスト)「はっはっは やるな おまえ! こりゃ また オレの出番が くるかもしれんな。 はっはっは! 】
(会話後移動)

・ハッサン「あいつ…… ばかに 自信たっぷり だったな……。
・ミレーユ「今の人の 身のこなし……。 あれは かなりの 使い手ね。
・バーバラ「ねえねえ あたしたちも 2階に 行ってみようよ!
・チャモロ「私たちの 戦いぶりを ずっと 見ていたんですね。
・アモス 「オレの 出番がくる って ステージとかじゃ ないですよね… やっぱり……。


●防具屋(内側から):女性「ねえ お城の入口あたりで 棺をひきずった かっこいい 男のひとに 会わなかった?
             「なんでも 彼 世界一の剣を さがして 旅をしているんですって。
             「さすらいの剣士って感じね。 あこがれちゃうなあ……。

・ハッサン「さすらいの剣士? なんだか 久しぶりに 聞く ことばだな……。
・ミレーユ「世界一の剣を…… そうだったの。
・バーバラ「あいそは なかったけど ちょっと カッコよかったかも。
・チャモロ「さすらいの剣士…… また どこかで 会うかも しれませんね。
・アモス 「私も カンオケを ひきずって 歩いてみたら あこがれて もらえますかね?


●2F:上兵士「あんた 青い服を着た いけすかない感じの剣士に 会わなかったかい?
>はい、いいえ
      「そいつ すげえ 強かったぜ。 ブラスト兵団長が 負けたなんて 今でも 信じられないよ。

・ハッサン「青い服の剣士? 城の 入口で すれちがった あの 若いヤツの ことか……?
・ミレーユ「いけすかない感じって いわれても……。
・バーバラ「えー! あの あいそのない人でしょ? そんなに 強いのー!?
・チャモロ「青い服の剣士。 それほどまでの 使い手とは 思いませんでした……。
・アモス 「いっしゅん 青い服って 私のことかと 思いましたが ちがっていましたね……。


●2F:女性「私 この城の人たち とっても 大好き。
      「訓練 たくさん するから いっつも オナカ すかしてて ゴハン いっぱい 食べてくれるの。

・ハッサン「へえ。 うまそうな 料理を 作ってるみたいだな。
・ミレーユ「この人は お料理で この国の 平和を 支えている わけね。
・バーバラ「あたしも 気持ちよく たくさん食べる人 好きだなー!
・チャモロ「台所にも 活気が ありますね。
・アモス 「私も これから 女の人に 好かれるくらい ゴハンを いっぱい食べます!


●2F:男の子「ボクの父さん すごい 強いんだ! お城の兵隊さんの中で いちばん エライんだよ。
       「でも こないだ 旅の剣士の 兄ちゃんに 負けちゃったんだ。
       「きっと なにか あったんだよ! 目に ゴミが入ったとか クツに ガビョウが入ってたとか……。

・ハッサン「父親より 強いヤツが いるなんて 信じたくない…… その気持ち ちょっと わかるぜ。
・ミレーユ「私たちが まだ 戦ってもいない ブラスト兵団長に すでに勝った 相手がいるのね。
・バーバラ「ゴミは あっても ガビョウは ないと思うな……。
・チャモロ「この城の 兵団長の お子さんの ようですね。
・アモス 「ブラスト兵団長さんの お子さんですと コブラストさん でしょうか!


●2F:下兵士「あーあ 城内の見回りは たいくつだなあ。

・ハッサン「オレも レイドックで 見はりを やらされてたら きっと たいくつしてるだろうな。
・ミレーユ「ほんとに ヒマそうね。
・バーバラ「(主人公) 兵隊に 話しかけるときは 気をつけないと!
     「またまた 勝負しろとか いわれると やっかいだしね!
・チャモロ「たいくつは 平和のあかし。 本当は いいことなのですが。
・アモス 「キケンですが まもの退治とかの 仕事のほうが やりがいは あるのでしょうね。


●2F:男性「あんなに 強い 兵団長でも 倒せないまものが いるなんて……。
      「そんなまものが もし この城を おそってきたら…… あわわわ。

・ハッサン「どんな まものなのか ちょっと 興味が わいてきたぜ。
・ミレーユ「そんなに 強いまものが この国の どこかに いるわけね。
・バーバラ「このひと くよくよ しすぎじゃないの?
・チャモロ「強い者を 求めている 理由が 少し 見えてきた 気がしますね。
・アモス 「まずは ブラスト兵団長と たたかってみないと そのまものの 強さは わかりませんね!


●外:詩人「おお それは 神の さばきか!? おお それは 天の怒りか!? 雷光の騎士 その名はブラスト!!
     「おっと これは失礼。 今 この国の兵団長 ブラストどのを たたえる詩を 作っていたのです。
     「兵団長どのには もう お会いに なりましたか? あれほどの戦士には めったに お目にかかれませんよ!

・ハッサン「こうして 詩で たたえられるなんて すごい ことだよな。
・ミレーユ「ブラスト…… 兵団長に ふさわしい 強そうな 名前よね。
・バーバラ「雷光の騎士~ その名は~ ブラスト~~!!
     「えへへ もう おぼえちゃったよ。
・チャモロ「これだけの お城の 兵団長ですから 人望も あついのでしょうね。
・アモス 「おお それは人 アモスー! おお それは まもの アモスー! 変身戦士 その名は アモスー!!
     「あ ちょっと 替え歌を つくってみました!


●北西2F:左兵士「うーん うーん。

・ハッサン「ひるまっから ねている 兵士が いると 思ったら けが人か……。
・ミレーユ「強い 痛みに うなされて いるようね。 かわいそうに……。
・バーバラ「かなり こっぴどく やられてるわね。
・チャモロ「この 兵士さんの けがの ようすから 見ると 相手は まものでは ありませんね。
・アモス 「いやあ 兵士の 仕事は ホント 命がけなんですねえ。


●北西2F:右兵士「くっそー あの剣士め。 本気で 切りつけやがって…… うっ ツツ……。

・ハッサン「剣士か……。 あいつの ことだな きっと。
・ミレーユ「この部屋の 兵士さん ふたりとも キズだらけだわ……。
・バーバラ「この兵士さんが あの 青い服の 剣士の 強さを たしかめたのかな。
・チャモロ「ふむ。 あの剣士…… 相手に キズを あたえていても 手かげんは しているようです。
・アモス 「私 あの 青い剣士と 戦ってみたく なってきました!


●北西1F:貼り紙 『兵士心得 武器の手入れは おこたらないこと!』

・ハッサン「兵士心得 かあ…… 兵団長とか いう人が 書いたのかな。
・ミレーユ「武器は 兵隊さんたちの 命かもね。
・バーバラ「そうよね いざってとき もし サビて いたりしたら 自分が やられちゃうものね。
・チャモロ「兵士の きりつが きびしそうな お城ですねえ。
・アモス 「うっ 武器の手入れ? ……そういえば 私 さいきん ちょっと さぼっていたかも。


●北西1F:兵士「ほとんどの兵士が 外へ まもの退治に 出ていて 城内には そんなに 残っていないんだ。
        「まあ 兵団長と オレっちの ふたりが いるから 平気だけどね。

・ハッサン「ふたり… っていうか 兵団長が いるから 大丈夫なんじゃないのか?
・ミレーユ「これだけ 強い 自信を 持っているのは 何よりな ことね。
・バーバラ「この人 そんなに 強そうに 見えないけどなー。
・チャモロ「まあ 兵団長が かなり 強い人だと いうのは わかりましたね……。
・アモス 「たった ふたりだったら 入口と 出口しか まもれませんよね!?


●外南西:兵士「この下は オレたち 兵士の 訓練所に なっているんだ。

・ハッサン「強い兵隊を 育てるための 設備が ととのっているんだな。
・ミレーユ「兵隊さんにとって ここは だいじな 場所ね。
・バーバラ「兵隊さんは きっと みんな ここで 訓練しているんだね。
・チャモロ「なにごとも 訓練は だいじですよね。
・アモス 「私は いままで ずっと 野山で きたえられてきましたから こういう場所は うらやましいですね!


●南西1F:右貼り紙『兵士心得 その命 王のために その命 民のために 』

・ハッサン「なんだか はりがみも きあいが 入ってるぜ。
・ミレーユ「兵士さんも いろいろ たいへんだわね。
・バーバラ「あちこちに はりがみが はってあるのね。
・チャモロ「この城の 兵士たちの 士気の高さを 感じますね。
・アモス 「こういうのを 読んでいると 何だか 私まで やる気に なってくるから ふしぎですね!


●南西1F:左貼り紙『兵士心得 カラダを きたえよ! 心を みがけ! 』
(仲間は上と同じ反応)


●南西1F:兵士「なんだ? 訓練のジャマだぞ!
        「ぬおりゃー!!

・ハッサン「たしかに ジャマだな。 行こうぜ (主人公)。
・ミレーユ「毎日 こうして きびしい訓練を しているのね。
・バーバラ「すごい いきおいだねー。
・チャモロ「ジャマに ならないよう 少し はなれて 訓練を 見ていきますか?
・アモス 「いい かけ声ですね。 ぬおりゃー!!


●外東:おじいさん「ああ いい風じゃ……。
         「おぬしも たまには こうやって お日さまと 風に あたらないと くさってしまうぞ。

・ハッサン「どちらかと いたあ オレたちは お日さまと 風に あたりすぎな くらいだよな。
・ミレーユ「ここからは 外の森が よく見えるのね。 気持ち いいわ。
・バーバラ「あたしも お日さま 大好き! 風に ふかれるのも 好き!
・チャモロ「ふう… いい風です。 すこし 立ち止まって しんこきゅうでも しますか。
・アモス 「おじいさん! あんまり お日さまと 風に あたってると ひからびてしまいますよ!


●外南東:兵士「よーし! 城外 異常なーし!!
       「くそっ 見回りは つまらんぜ。

・ハッサン「たしかに ここで じっとしているのは たいくつかもしれないな。
・ミレーユ「つまらないほど この このお城が
・バーバラ「兵隊さん しっかり みはってなきゃ だめよー。
・チャモロ「ま どんな 仕事も おもしろいこと ばかりじゃ ないですよね。
・アモス 「つまらないと いいながら 仕事の しせいを くずさないのが りっぱですよね!


○南東1F牢屋
・ハッサン「牢屋 か……。 とくに 見るべきものは ないようだな。
・ミレーユ「あちこち お城の中を 見てあるくと けっこう つかれるわね。
・バーバラ「牢の中の おじさん いったい どんな罪で 入れられたのかな……。
     「つい 聞いてみたく なっちゃうのよね~。
・チャモロ「人間 たいくつすると だれでも クルクルと 回りだす ものなのですね。
・アモス 「えー お城の 東南の 1階は 牢屋だったと……と。


●南東牢屋:囚人「ハラへったー! メシくれ メシー!!

・ハッサン「いきなり これかよ!
・ミレーユ「お城の すみっこの 牢屋に ひとりぼっち…… さびしい でしょうね。
・バーバラ「ここに いたら 食べることしか 楽しみが ないのよ。
・チャモロ「あんな 大きな 声を 出したら ますます おなかが へりますよね。
・アモス 「グルグル ギュ~……。


●外:商人「あれー ここは どこだー? まいったなー 迷っちゃったよ。
     「でも まあ お客さんが 来てくれたから いいや。 商売 商売っと!
(以下汎用)

・ハッサン「どんなときでも 商売に つなげられるのは たいしたもんだな。
・ミレーユ「この人 旅の商人さん だったのね。
・バーバラ「もうちょっと 品ぞろえが いいと よかったのになー。
・チャモロ「この城は 中も 外も 迷いやすい つくりなのかも しれませんね。
・アモス 「この 城には 道具屋さんが なかった みたいですから……
     「このまま ここで 商売したら もうかるんじゃ ないですかね。


【○門兵「わが王は この先に おられる。 だが その前に……
   「私たちと 手合わせを 願えるかな?
>いいえ
   「なんだ いくじが ないな。 そんなことでは わが王に 会わせるわけには いかぬな。

・ハッサン「こいつらを 倒せば いよいよ 王さまに 会える。 やろうぜ (主人公)!
・ミレーユ「ここまで きたら やるだけよ (主人公)!
・バーバラ「いくじが ないなんて いわせておくつもり? (主人公)!
・チャモロ「さすがに まもりが かたいですねえ。
     「しかし 王さまに 会うには 彼らと 勝負するしかありませんよ。
・アモス 「ええいっ ひとあわ ふかせて やりましょうよ (主人公)さん!

>はい
    「うむ。 では まいるぞ! 私たち ふたりに 勝てるかな?

○敗北時
兵士「まだまだ あまいな おまえたち。 これでは わが王に 会わせるわけには いかんな……。
(宿屋へ。おばさんのセリフは同じ)

・ハッサン「さすが 王を まもる 兵隊たちだ。 強かったぜ……。
・ミレーユ「あの 兵隊さんたちの コンビネーションは さすがに うまかったわね。
・バーバラ「あのふたり ずるいくらい 強かったね……。
・チャモロ「王さまに 会うには あの ふたりの 兵隊を 倒さねば なりません。
     「気を 取りなおして もう1度 チャレンジしましょう!
・アモス 「あそこで こうして こうなって……
     「よーし! 私は 今度こそ 負けないように がんばります!

○再戦時
兵士「ほう また来たか。 少しは 強くなったのかな? それでは……
  「私たちと 手合わせを 願えるかな? (>はい、いいえともに以前と同じ)


○勝利時
兵士「うぐぐ…… 強いな おまえたち。 さあ 王に 会いに行くがよい。】

・ハッサン「オレたちの 実力は まだまだ こんなもんじゃないぜ!
・ミレーユ「うふふ。 おゆるしが でたようね。
・バーバラ「えへへ。 こういう 結果に なることは わかってたけどね。
・チャモロ「それでは おことばに あまえて 王さまに 会いに いきましょう。
・アモス 「えっへん!


●門兵(両方)「わが王は この先に おられる。 会いに いくがよい。

・ハッサン「よし いこうぜ (主人公)!
・ミレーユ「考えてみれば このふたりも たいへんな 役目よね。
・バーバラ「あたしたちに 負けたわりには えらそうな たいどの まんまね。
・チャモロ「さあ それでは 中に 入らせてもらいましょう。
・アモス 「どこの国に 行っても 王さまに あうときは ドキドキしますね!


●3F:大臣「まずは わが王の話を 聞いてほしいのである。

・ハッサン「ほら (主人公)。 王さまと 話せってさ。
・ミレーユ「このかたは きっと 大臣さんね。
・バーバラ「言われたとおりに してみましょ。
・チャモロ「(主人公)さん 王さまと お話しましょう。
・アモス 「うわー。 きんちょう しますね!


●3F:ブラスト「オレは この城の兵団長 ブラストという者だ。 よく おぼえておくがいい。

・ハッサン「やっぱり 彼が ブラストだったな。
・ミレーユ「ブラスト兵団長……。 いかにも たのもしい 顔だちの かたね。
・バーバラ「どうしても この人と 戦わないと いけないのかな……。
・チャモロ「先ほどの 階段の下で 私たちを 見ていた人ですね。 よく おぼえていますよ。
・アモス 「やっぱり この人が ブラスト兵団長ですか!


●3F:王妃「わが夫は 今 ブラスト以上の 強い戦士を もとめています。
      「あなたがたが そうだといいのですが……。

・ハッサン「ブラスト兵団長より 強いか どうかは 戦ってみなきゃ わからないよな。
・ミレーユ「ここまできたら お手合わせ してもらうしか ないかもしれないわね。
・バーバラ「あたしたち 弱くは ないけどね!
・チャモロ「ブラスト兵団長さんは 階段の下にいた 兵士さんより ずっと 強いはず。
     「気を 抜いたら かくじつに やられますね。
・アモス 「ブラストさん さっきは 出番を 楽しみに 待ってるような よゆうの 感じでしたよね……。


【●3F:王「よくぞ来た! 旅の者たちよ!
     「まず 城の兵を けしかけたことを そなたたちに あやまっておこう。
     「ワシは今 チカラある者を 求めておる。 それは なぜか……。
     「そう 旅人の洞くつに 巣食う まものを 倒すためだ!
     「あの まものは 強大だが わが兵と ブラストのチカラで 倒せると ワシは 思っていた。
     「だが どうしたことか! 送り出した兵は 全滅し ブラストも 深手をおって もどってきた……。
     「ブラストより 強い者は この国には いない。
     「そこで ワシは 他国より 強い者を 求めることに したのだ。
(二回目)「そなたたちには 洞くつに巣食う まもの退治に むかってもらいたい。
     「……が その前に もう ひと勝負 してもらいたいのだが どうだ やってくれるか?】
>いいえ 
     「……。ワシの 見こみちがいで あったようだな。 もうよい。 立ち去るが いいぞ。

・ハッサン「ここで 引きさがっちゃ まずいだろ (主人公)!
・ミレーユ「王さまは こまっているわ。 ここで ことわる理由は どこにも ないんじゃないかしら。
・バーバラ「ここで ことわったら 男が すたるわよ (主人公)!
・チャモロ「(主人公)さん 人助けにも なることです。 ここは ひとつ 勝負しましょう!
・アモス 「ここで 勝負ということは 相手は あのかた……。
     「ウオーン!! 私 もえてきましたー!

>はい
 【   「よし 決まったな! 相手に なるのは もちろん そこにいる 兵団長ブラストだ。
     「彼に 勝てぬ者が あのまものを 倒すことなど 絶対に できぬはず。
     「負けると わかっている者を 死地へ 送るわけには いかんからな。  】

・ハッサン「よっしゃー 決まった! いっちょ やってやろうぜ!
・ミレーユ「うんうん。 これで いいのよね!
・バーバラ「よーし チカラいっぱい 戦うわよー!
・チャモロ「さて どのような 作戦で いきましょう。 まずは えーと……。
・アモス 「せいせい どうどう! みんなで がんばりましょう!


○王と会話後の大臣
大臣「おぬしたちの前に ひとり 兵団長を 打ち負かし まもの退治へ 向かった男が いるのである。
  「たしか テリーと いったか……。 彼ひとりに まかせるのは 不安だと 思っていたのである。
  「おぬしたちも 彼といっしょに 戦ってもらいたいのである。

・ハッサン「あいつ そんなに 強いヤツ だったとはな……。
・ミレーユ「テリー……?
・バーバラ「たった ひとりで まもの退治に 行っちゃったわけ? かなり むぼうじゃない!?
・チャモロ「ひとりで まものと 戦うなんて キケンです。 ぜひ 私たちも お手伝いを!
     「……といっても まずは テストに 受かってからの お話でしたね……。
・アモス 「やはり あの若者は ただ者では なかったのですね!


○王と会話後にブラストと会話
【ブラスト「まず おまえの名を 聞いておこう。
     「……(先頭)と いうのか。 よし (先頭)よ 城の南西にある 兵たちの訓練場へ 向かうぞ。
     「この場で 剣をふりまわす わけには いかないからな。
     「では 王よ。 訓練場まで ご足労を。
王「うむ!   】
(王・王妃・大臣・ブラストが訓練所へ移動)

・ハッサン「よーし! めざすは 訓練場だ! 行くぜ (主人公)!
・ミレーユ「城の 南西の 訓練場…… さっそく 行ってみましょう。
・バーバラ「やっぱり 兵団長って 手ごわそうだよね。
     「しっかり じゅんびを ととのえて 行きましょう!
・チャモロ「いよいよ この城 最強の つわものと 勝負ですね。
・アモス 「さあ 王さまや 兵団長を お待たせしないよう 訓練場に 向かいましょう!


●4F:兵士「ここは わが王と王妃の寝室だ。 関係ない方の入室は おことわり させて いただく。

(王たちが訓練場へ移動後)
・ハッサン「入るなと 言われると かえって 気になるもんだが……
     「さすがに 今は  兵団長との 勝負のことで あたまが いっぱいだぜ!
ミレーユ「王さまたちは  訓練場に 向かったわ。  私たちも 急ぎましょう。
バーバラ「こんなとこ 見てないで  下に行こ!
チャモロ「さあ 早く  訓練場へ 向かいましょう。
アモス「早く 訓練場に 行かないと  ブラストさんが おこって  パワーアップしちゃいますよ!
※特酔さんより情報提供いただきました。ありがとうございます。


●門兵(両方:王たちが訓練場に移動後)
兵士「今 わが王は 城内の 南西にある 訓練場に おられるはず。

・ハッサン「ああ いけね! このひとに 言われなければ 場所を 思い出せなかったぜ!
・ミレーユ「さあ 南西の 訓練場へ 行きましょ!
・バーバラ「さあ 行こ! (主人公)は 訓練場の場所 わかってるわよね?
・チャモロ「王さまを お待たせするのは 気が引けます。 さあ 急ぎましょう!
・アモス 「いよいよ ブラストさんと バトルですね! 私 ぜったいに 負けませんよー!


●南西訓練場:兵士「あんた 本当に 兵団長と 戦う気か? 知らないぞ 大ケガしても。

・ハッサン「どっちが 大ケガするか やってみなきゃ わからないぜ。 なあ (主人公)!
・ミレーユ「うふふ。 ケガを こわがっていたら 戦うことなんか できないわよね。
・バーバラ「完全に あたしたちが 負けると 思ってるみたいね。 失礼しちゃうわ!
・チャモロ「私たちが 勝つか! ブラスト兵団長が 勝つか! いよいよ 勝負ですね!!
・アモス 「兵隊さん! 私たちの そばに いると あなたこそ ケガしますよ!


●南西訓練所:大臣「わしが 勝敗を 見届けるので 安心して 戦うのである。

・ハッサン「よっしゃー! いくぜっ (主人公)!
・ミレーユ「ゆだん しないで 戦いましょう (主人公)!
・バーバラ「よーし! 勝っちゃうからねー!
・チャモロ「判定は 公平に お願いしたいですね。
・アモス 「さあ いよいよですね! どっちが 勝っても うらみっこ なしです!


●南西訓練場:王妃「がんばって ください。

・ハッサン「王妃さまから じきじきに おうえんされたら もう 100人力だぜ!
・ミレーユ「がんばりますわ! ねっ (主人公)!
・バーバラ「王妃さまに すっごい バトルを 見せて あげようね!
・チャモロ「さて…… あちらで ブラスト兵団長が お待ちかねの ようですよ。
・アモス 「うわー 王妃さまに はげまされちゃいました。 これは がんばらねば!


●南西訓練場:王「どうした? おじけついたのか? さあ はやく そなたたちの チカラを ワシに 見せてくれ。

・ハッサン「おじけづいた? 戦う前に ちゃんと あいさつ したんだよな!
・ミレーユ「王さまは お待ちかねの ごようすよ。 はじめましょ (主人公)。
・バーバラ「うろうろしていると おじけづいたように 見えちゃうんだわね……。
・チャモロ「私なら もう 心の じゅんびは できていますよ (主人公)さん。
・アモス 「王さまが ビックリして コシを 抜かすような すごい戦いを お見せしましょう!


○南西訓練場:ブラストと会話
【ブラスト「オレとて アークボルトの 雷光の騎士と よばれている男だ。
     「そう 何度も 負けちまうわけにはなっ! さあ 用意は いいかっ?】
>いいえ
     「ならば しっかりと 用意を ととのえて くるのだな。

・ハッサン「しんちょうだな (主人公) まあ ここは 負けられない 戦いだもんな。
・ミレーユ「兵団長さんの おことばに あまえて じゅんびを してくる?
・バーバラ「いきなり 作戦タイムを 取るの?
・チャモロ「兵団長さん 紳士的で よゆうも たっぷりですね。
・アモス 「私としては このまま 突っ走ったほうが いきおいが つくのですが!

>はい
【ブラスト「ならば はじめよう! オレの剣が 受けられるかな。
大臣「うむ それでは いざ じんじょうに 勝負! である。 】

(いいえ選択後再び会話 または 敗北後再戦時
ブラスト「ほう……! 逃げるかと 思ったが なかなか ホネが あるようだな。
  →以降は初戦の時と同じ会話

○敗北時
大臣「勝負あり! 勝者 ブラスト兵団長! である。
ブラスト「はっはっはっ (先頭)! おまえ なかなかの 強かったぜ。 だが まだまだ だな。 はっはっは!
(宿屋へ。おばさんのセリフは同じ)

・ハッサン「さすがだな ブラスト兵団長……。 まいったぜ。
・ミレーユ「そうぞう以上の 強さだったわね。 ブラスト兵団長……。
・バーバラ「あーあ 夢だったら よかったのに あたしたち 本当に 負けたのね……。
・チャモロ「王さまが おっしゃっていた ことばが むねに しみます……。
     「ブラスト兵団長に 勝てないようでは まものにも 勝てないって……。
・アモス 「負けたのは ざんねんですけど ただ なんというか……
     「兵団長の こうげきには 愛が こもって いるっていうか……
     「あっ…? いま私 ガラにも ないこと 言っちゃいましたかね?

○勝利時
【大臣「勝負あり! 勝者 (先頭)! である。
ブラスト「なんてこった! このオレが また やられちまうとは!!
    「王よ この試合 私の負けで ございます。
王「うむ (先頭)よ そなたの戦いぶり 存分に 見せてもらった! そのチカラ 本物である!
 「ブラストよ 大儀であった。 さがって よいぞ。
ブラスト「はっ!
(ブラスト・大臣移動)
王「(先頭)よ そなたならば 必ずや あの洞くつの まものに 打ち勝つことが できるであろう!
 「さっそく 討ばつに 出向いてほしいのだが 旅立ちの前に わたしておく物がある。
 「王座の間まで 取りに来てくれ。 待っておるぞ。

・ハッサン「よっしゃー! ブラスト兵団長に 勝ったぜ!
・ミレーユ「ふう……。 さすがは ブラスト兵団長さん。 なみの相手じゃ なかったわね。
・バーバラ「やったー!  やったね (主人公)!  あたしたち 勝ったよー!  ※
・チャモロ「あぶないと  思うときが 何度も ありましたが ついに やりましたね! ※
・アモス 「わ 私…… まだ ヒザが ふるえています。 だらしないですね……。

-----------------------------------------------------
☆アークボルト(ブラスト戦勝利後)
●南西訓練場:兵士「なんと 兵団長を 負かして しまうとは!

・ハッサン「ふうっ アセびっしょりだぜ。 久しぶりに きんちょう感のある 戦いを させてももらったよな。
・ミレーユ「兵団長さんも 本気。 私たちも 本気。 いい 戦いだったわよね。
・バーバラ「ブラストさんって  強かったねー。  息があがっちゃったよ。 ※
・チャモロ「本当に 信じられない  という顔を していますね。 ※
・アモス 「あの りっぱな 兵団長さんに 勝てたなんて 夢みたいですが ここは 現実の世界ですよね。

○一度出たあと
兵士「おれも! おれも いつか きっと 兵団長に 勝ってみせる! そして おれが 兵団長に……
  「ぬおりゃー!!

・ハッサン「兵団長に 勝てれば まものにも 勝てるぞ。 がんばれよ!
・ミレーユ「そうとう 気合が 入ってるみたいね。
・バーバラ「あたしたちの 戦いぶりに だいぶ シゲキされたんじゃない?
・チャモロ「自分には ムリ……と 決めつけずに がんばるのは よいことですね
・アモス 「いやー すごい 野望ですねー。


●入口:門兵「ここは アークボルト城。 強者よ よくぞ まいられた。

・ハッサン「兵団長に 勝ったら 気のせいか ことばづかいが ていねいに なったな。
・ミレーユ「ツワモノ…… 面とむかって いわれると くすぐったい 言葉ね。
・バーバラ「門番の人たち いつも きちんと してるねー。
・チャモロ「ていちょうな あつかいが うれしいですね。
・アモス 「兵団長に 勝ったいま ここで いちばん強いのは 私たち ということなんですよね!


●1F:男性「北西にある 旅人の洞くつの まものは ブラスト兵団長でさえも 倒せなかったという 化け物です。
      「もし やっつけられたら 王さまから きっと すごいほうびが もらえるでしょうね。

・ハッサン「すごい ほうびか。 いったい 何だろうな? ワクワクするぜ!
・ミレーユ「そういえば まだ 王さまから くわしい話を うかがって いなかったわね。
     「王さまの お部屋に もう1度 おじゃまして みましょうか。
・バーバラ「ブラスト兵団長には あたしたちも 勝っちゃったんだからねー!
     「がんばって まものを 倒して倒して ごほうび もらおうね (主人公)!
・チャモロ「ごほうびは ともかく…… 洞くつの まものは ほうっては おけないですね。
     「とにかく 王さまに くわしい お話を うかがいに 行きましょう。
・アモス 「まものを たおすと ごほうびですか!
     「ほかの人に 先を こされないよう がんばりましょう!

○カンオケを受け取った後

・ハッサン「王さまは 雷鳴の剣を ほうびに くれるって 言ってたな。
・ミレーユ「ごほうびは ぶじ まものを 倒したあとのこと。
     「今は まもの退治に 全力を そそぎましょうね。
・アモス 「ほかの人に 先を こされないように がんばりましょう!


●宿屋:戦士「ぐごー ぐごー。

・ハッサン「よく ねてるな。
・ミレーユ「疲れて ねむったのね。 いまは 起こさないで おきましょ。
・バーバラ「この お城の 兵士に 負けちゃったから ふてね かな。
・チャモロ「この方の ケガも そろそろ よくなってきた ようですね。
・アモス 「いぜん 見かけたときは ずいぶん いたがって いましたけど……
     「もう いたみが 消えたのでしょう。 ぐっすり ねむっていますよ。


●1F:兵士「なんと ブラスト兵団長を 倒すとは! オレが 勝てなかったのも 当然…… ということか。
      「次の目標は 旅人の洞くつの まものだな。

・ハッサン「よしっ! さっそく その 旅人の洞くつへ いこうぜ!
     「……って おっと。 まだ 王さまから くわしい話を きいてないな。
     「まずは 上の 王さまの 部屋へ いってみようぜ!
・ミレーユ「もう 少し その まものについての じょうほうが ほしいわよね。
     「とにかく すべては 王さまに お話を うかがってからね。。
・バーバラ「この人も けっこう 強かったよねー!
・チャモロ「いよいよ まもの退治 ということに なりましたね。
     「まあ くわしいことは まず 王さまから ちょくせつ うかがいましょう。
・アモス 「洞くつの まものが 本当に ブラストさんより 強かったら 苦戦しそうですね……。

○カンオケを受け取った後

・ハッサン「あの 若いヤツに 先を こされないよう 旅人の洞くつに 急ごうぜ!
・ミレーユ「この人も ブラスト兵団長と いっしょに まものと 戦ったのかしら?
・チャモロ「洞くつの まものは 私たちで きっと 倒してみせますからね!


●1F防具屋:女性「え? あなたも ブラスト兵団長を……。
         「そう……。 でも 洞くつの まものは きっと あのテリーっていう さすらいの剣士さまが しとめるわ。
         「ホント かっこいいんだから。 あこがれちゃうなあ……。

・ハッサン「ちぇっ きくんじゃ なかった。
・ミレーユ「でも ひとりで だいじょうぶ なのかしらね。 なんだか 心配だわ。
・バーバラ「あこがれって ほどでは ないけど あたしも ちょっと きょうみあるな。
・チャモロ「テリーっていう人 女性には 人気が あるようですね。
・アモス 「同じ 青い服でも 私は カッコよくは ないんでしょうか……。


●2F:上兵士「青い服の剣士は すでに まものを 倒したのだろうか?
      「それとも 返り討ちに あって しまったのか……。

・ハッサン「あれから あの若いヤツの じょうほうは お城に 入ってないようだな。
・ミレーユ「あの後 洞くつに 向かったのだとしたら すでに まものを 倒したかも……。
・バーバラ「倒しちゃダメー! 倒されても ダメなんだから!
・チャモロ「あの 兵団長を やぶった 男ですからね。
     「そう かんたんには 返り討ちになんて あわないと 思いますが。
・アモス 「青い服って 言われると つい ドキッと してしまいます。


●2F:男性「兵団長を 倒せる者ならば あの洞くつの まものを 倒せる……
      「それって もしかして すごく あまい考えなんじゃ ないかなあ。

・ハッサン「なにかと ひかん的な ヤツだな。
・ミレーユ「確かに 兵団長より 強ければ 勝てる なんていう かくしょうは ないわ。
     「気を ひきしめて いきましょうね。
・バーバラ「さめた ことをいう 人だわね……。
・チャモロ「まあ ある意味 しんじつですね。
・アモス 「少なくとも 兵団長より 弱い人が 勝てる 可能性よりは ずっと マシですよね!


●2F:男の子「ボクの父さんは ブラストだぞ!
       「試合で 父さんに 勝ったらしいけど いい気に なるなよ!
       「1対1の試合だったら きっと 父さんのほうが 勝ってたはずだもんねっ。

・ハッサン「うーん……。
・ミレーユ「そうね。 ブラストさんは 本当に 強かったものね。
・バーバラ「あたしたち べつに ずるしたわけじゃ ないんだけどなー。
・チャモロ「そうかも しれませんし そうでないかも しれませんね。
・アモス 「しょうじき いって きっと 私 ひとりだったら 勝てませんでしたね。


●2F:下兵士「いよいよ 旅人の洞くつの まもの退治 ですね。 どうか お気をつけて!

・ハッサン「がんばろうな (主人公)!
・ミレーユ「みなさんの 期待に こたえたいわね。
・バーバラ「あたしたち きっと 倒してくるからね!
・チャモロ「やはり みなさん まものが 退治されるのを 待っているんですね。
     「城内の みまわりの まもの退治も どちらも だいじな仕事ですよね!
・アモス 「退治されないように がんばってきます!


●3F外:詩人「兵士長どのを 負かしたのは あなたがた なんですって?
       「すばらしい! 今度 私が みなさんのために 詩を作って さしあげますよ。

・ハッサン「オレたちの 詩か……。 早く きいてみたいぜ!
・ミレーユ「うふふ。 どんな 詩に なるのかしらね。
・バーバラ「わーい! ホントかな。 すっごく 楽しみ!
・チャモロ「それは めいよな ことですね。
・アモス 「いやー 自分でも つくれないことは ないですが 作ってもらえると うれしいですね!


●3F門兵(両方)「わが王は この先に おられる。

・ハッサン「いよいよ 王さまから 指示が もらえるな!
・ミレーユ「王さまは ここで 待っていらっしゃるのね。 さあ 行きましょうか。
・バーバラ「まもの退治の くわしい話を 聞かなくっちゃね!
・チャモロ「最初び ここに 来たときは おふたりとも こわい顔でしたが……。
     「今は そうでも ないですね。
・アモス 「もう ここは 自由に 出入りして よいのですね。

○カンオケを受け取った後

・ハッサン「さあ (主人公)。 カンオケも もらったことだし 洞くつに 急ごうぜ。
・ミレーユ「王さまの 期待に がんばって こたえましょうね。
・バーバラ「まもの退治 がんばるぞ! おー!


●3F外:おじいさん「ああ いい風じゃ……。
          「おぬしも たまには こうやって お日さまと 風に あたらないと くさってしまうぞ。
          「おっと おぬしたちには 必要ない 言葉じゃったかな?

・ハッサン「そういえば オレたち これから しばらく 洞くつの中が 多くなるだろうからな。
     「今のうちに たっぷり 外の空気を すっておくのも いいかも しれないな。
・ミレーユ「おじいさま ずっと ここに いらっしゃるのね。
     「そろそろ 中に もどらないと カゼを ひくんじゃ ないかしら。
・バーバラ「のんびり ひなたぼっこや 風に吹かれるのも いいよねー。
・チャモロ「また しばし 立ちどまって しんこきゅうでも しましょうか。
・アモス 「おかげさまで まだ くさっては いないようです!


●3F外:兵士「あんた 王さまに まもの退治を たのまれたんだろう? くそっ うらやましいぜ。

・ハッサン「実力 実力! なっ (主人公)!
・ミレーユ「お城の まもりは 皆さんに しっかり かためておいて ほしいわね。
・バーバラ「ちからを もてあましてるのかな。
     「城の 見回りの 仕事ばっかりじゃ ムリないか。
・チャモロ「できれば 自分でも まもの退治に 行きたいのでしょうね。
・アモス 「あっという間に 私たち この城じゅうで 有名人ですね!


●北西2F:兵士(両方:セリフは以前と同じ)

・ハッサン「この人たちの ケガは まだ なおらないようだな。
・ミレーユ「はやく 仕事に もどれるように なると いいわね。
・バーバラ「そういえば この人たち あの テリーとかいう 若い剣士に やられたのよね。 すごいわねー。
・チャモロ「試合で ケガをした 兵士の みなさんですね。
・アモス 「ほんとに 兵士の 仕事は 命がけ ですねえ。


●北東1F:ブラスト「おう おまえたちか。 はっはっは まいったよ。
          「こんな 短い間に こう 何度も 負けちまうとはな。

・ハッサン「さばさばしてて 男らしいな。
・ミレーユ「負けても いさぎよい。 さすが 上に立つ人は ちがうのね。
・バーバラ「さすが! 負けても 根に もたない 人なのね。
・チャモロ「負けても むしろ よろこんで いらっしゃる…… どりょうの 広い方ですねえ。
・アモス 「こういう 人になら 兵士たちも よろこんで ついて いくでしょうねえ。


●3F:大臣「まず先に 王の話を聞くのである。

・ハッサン「まずは 王さまらしいぞ。
・ミレーユ「あとで 大臣からも なにか お話が ありそうね。
・バーバラ「ねえねえ…… なんで この人 カンオケなんか 持っているのかしらね。
・チャモロ「大臣の おおせの ままに いたしましょう……。
・アモス 「ドキドキ…… それでは 王さまの 前に いって みましょう!


●3F:王妃「わが夫の願い。 どうか 聞き届けてくださいまし。

・ハッサン「てへ……。 おねがい されちまったよ。
・ミレーユ「いつ 見ても 気品があって 落ちついていて すてきな 王妃さまね。
・バーバラ「まもの退治のことなら おまかせだわよね!
・チャモロ「王さま思いの すてきな 王妃さまですね。
・アモス 「いやー 王妃さま 昔は さぞかし……
     「あ いえ… 昔は さぞかし…… お若かったでしょうね!


◇王と会話
【王「うむ! (先頭)よ さきほどは みごとな戦いぶりで あったな。
  「そなたたちなら かならずや 旅人の洞くつに 巣くう あの化け物を 倒せるであろう。
  「もちろん ほうびは用意してある。 わが王家に 代々 伝わる 雷鳴の剣を あたえよう!
  「みごと まものを 倒すことが できたなら そのあかしに 死がいを もってくるのだ。
  「そのための 特性カンオケも 用意しておる。 忘れずに 大臣から 受けとって いくがよい。
  「さあ ゆけ! たのんだぞ (先頭)よ! 】

・ハッサン「ほうびは 王家の家宝!? がぜん やる気が 出てきたぜ!
・ミレーユ「ここまで するのは 王さまも かなり 本気なのね。 がんばって まものをたおしましょう!
・バーバラ「雷鳴の剣かあ。 早く 見てみたいな!
・チャモロ「王家に 代々伝わる 雷鳴の剣ですか……。 また すごい ごほうびですね。
・アモス 「まものの 死がいを 運ぶのは あまり 気持ちの いいもんじゃないですね……。


◇大臣(王と会話後)
【大臣「では このカンオケを 持っていくのである。
(先頭)は 大きなカンオケを 受けとった!
   「前にも いったと 思うが おぬしたちよりの 先へ 洞くつへ 向かった男が いるのである。
   「ほうびに ついては 早い者勝ちなので いそいだほうが いいと 思うのである。 】

・ハッサン「重そうな カンオケだなあ……。
     「まあ とにかく とっとと 出発しようぜ!
・ミレーユ「さあ じゅんびは ととのったわ。 旅人の洞くつへ 急ぎましょう!
・バーバラ「まもの退治は いいけれど……
     「カンオケを 引いた この すがた…… あまり オシャレじゃないかもー!
・チャモロ「これが 特製カンオケですか……。 見た目は どれも 同じですね。
・アモス 「早く 行かないと 青い剣士に ごほうびを 取られてしまいますよ!


◇王と会話(大臣からカンオケを受け取ったあと)
王「ワシとしては 先に行った男と 協力しあってでも あの化け物を 倒してほしいのじゃ。
 「ともかく 期待しておるぞ!

・ハッサン「協力するかどうかは 相手しだいだよな。 ま とにかく 行こうぜ!
・ミレーユ「一刻も 早く 出発したほうが よさそうね。
・バーバラ「あの 青い剣士 あいそが なかったからなあ……。
・チャモロ「王さまの 期待に こたえていきましょう!
・アモス 「協力して 倒したら 雷鳴の剣は 半分ずつに 分けるのでしょうか……。

------------------------------------
☆アークボルトイベント後のフィールド(カンオケを受け取ったあと)

・ハッサン「カンオケ おもいぜ……。 まあ たのまれた以上 しょうがないけどな。
・ミレーユ「それにしても あの ブラスト兵団長は 強かったわね。
     「でも 洞くつの まものは あの人よりも もっと 強いということよね。
・バーバラ「テリーっていう 剣士は ひとりで この カンオケを 引きずってるんだよね。
     「カラダ ちっちゃいのに けっこう チカラあるんだねー。
・チャモロ「雷鳴の剣! なんとしても 私たちが 手に 入れたいものですね!
・アモス 「この お馬さん ファルシオンって 言いましたっけ? ホント かわいいですね~。
スポンサーサイト
DQ6セリフ集 | 20:34:16 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
「ここは わが王と王妃の寝室だ。~」の部分で、ブラスト達が訓練場へ向かった後に話しかけると仲間との会話が発生致します。
原文の侭にご報告致します。

ハッサン「入るなと 言われると
 かえって 気になるもんだが……
ハッサン「さすがに 今は
 兵団長との 勝負のことで
 あたまが いっぱいだぜ!

ミレーユ「王さまたちは
 訓練場に 向かったわ。
 私たちも 急ぎましょう。

バーバラ「こんなとこ 見てないで
 下に行こ!

チャモロ「さあ 早く
 訓練場へ 向かいましょう。

アモス「早く 訓練場に 行かないと
 ブラストさんが おこって
 パワーアップしちゃいますよ!
2010-05-23 日 12:41:18 | URL | 特酔 [編集]
おお、そのタイミングで会話が発生するとは。
こまめに確認しないと見逃しがでてきてしまいますね;
情報ありがとうございます!
もし可能ならばですが、この会話文を追加したいのですがよろしいでしょうか?
2010-05-23 日 14:29:48 | URL | スティア [編集]
勿論です。

追加報告を致します。

>【大臣「勝負あり! 勝者 アモス! である。
ここはアモスではなく(先頭)ですよね。

>王さまの お部屋び もう1度 おじゃまして みましょうか。
お部屋に ですよね。

ブラスト勝利時
バーバラ「やったー!
 やったね (主人公)!
 あたしたち 勝ったよー!

チャモロ「あぶないと
 思うときが 何度も ありましたが
 ついに やりましたね!


兵士「なんと 兵団長を 負かして しまうとは!

バーバラ「ブラストさんって
 強かったねー。
 息があがっちゃったよ。

チャモロ「本当に 信じられない
 という顔を していますね。
2010-05-23 日 15:29:55 | URL | 特酔 [編集]
ありがとうございます!
追記修正いたしました。
2010-05-23 日 16:45:17 | URL | スティア [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。