■プロフィール

スティア・SPI

Author:スティア・SPI
どうも、スティアといいます。
SPIというのは昔使っていたHNです。
年齢 20代です。体内環境はry
性別 男
ゲーム 主にRPG。ドラクエ FF ポケモン マリオRPG系 テイルズ はそこそこやりました。

ドラクエはスラもり、バトルロード、携帯のものは未経験です。2は未クリアで売却orz
FFは大体が借りるor中古でプレイしました。
テイルズは半分ぐらいやった程度です。
やりこみ度は低いです。 


※ないとは思いますが、無断転載禁止です。


一応pixiv入ってます。

PIXIV
だいたいの絵はブログにも置いてあります。




お絵かきチャット

Twitter

ゲームプレイ記のページ

絵置き場 2/27up

ドラクエ6DS セリフ集(途中)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドラクエ6DSセリフ集 下ムドー撃破後 上の世界:ライフコッド・マルシェ+α
ネタバレ注意。


・上ライフコッド
・上山肌の道
・マルシェ
・レイドック北の関所
・関所東の教会
・教会南の小屋

※アモスのセリフ追加




★上ライフコッド(下ムドー撃破後)
●入り口:男の子「エヘへ…… ここは ライフコッドの村 だよ。
        「ねえ もう 魔王は いないんだよね。 わーい わーい!

・ハッサン「ムドーの話は ちゃんと この村にも 伝わっているらしいな!
・ミレーユ「(主人公)の ふるさと。 ホント いいところだわ。
・バーバラ「あーあ。 こういう 田舎って いいなー!
・チャモロ「そぼくな ふんいきの いい村ですね。
◎アモス 「ライフコッド…… ここが (主人公)さんの ふるさとなんですね!


●南西民家:ウシ「モーッ モーッ!

・ハッサン「牛 いがいは だれも いないみたいだな。
・ミレーユ「まあ 毛なみの いい ウシさんだこと。 手入れが いいのね きっと。
・バーバラ「もう~ 鼻いき あらすぎ~。
・チャモロ「そばで 見ると カオが 大きいんですね。
◎アモス 「おいし……
     「いやー 元気そうな ウシさんですねー!


●南民家:おばあさん「世界が 今 どうなっているのか 知らないけど こうして 布を おるのが わしの幸せじゃよ。

・ハッサン「たった ひとりで せっせと はたおり か…… ずいぶん せいが でるなあ。
・ミレーユ「いくつに なっても 好きなことが できるのは しあわせな ことだわね。
・バーバラ「わあ。 おばあさん じょうずだねー。
・チャモロ「おばあさんを 見ていると あらためて けんこうが いちばんだと 感じますね。 
◎アモス 「この 手つき。 そして 足さばき。 いやー べんきょうに なりますね!


●酒場:おじいさん「うーい ヒック! おや? (主人公) ご一行の お帰りじゃな?
         「こんなに いい気分で 酒が飲めるのも あんたらの おかげじゃ。 ありがとうよ。

・ハッサン「じいさん 飲みすぎて ひっくりかえるなよ!
・ミレーユ「すっかり おまつり気分だわね。
・バーバラ「ほんとに 気もち よさそう……。
・チャモロ「子供から お年寄りまで みなさん 楽しんでいますね。
◎アモス 「あっ おじいさん! いま お酒が こぼれましたよ! もったいないです!


●酒場:荒くれ「かーっ! 酒が うまい。 さあ どんどん おかわりを つくってくれよっ。

・ハッサン「わはは。 いい 飲みっぷりだぜ。
・ミレーユ「すごい いきおいね……。
・バーバラ「すこしは 飲みすぎに 気を つけたほうが いいんじゃないかな。
・チャモロ「すごいことに なってますね。
◎アモス 「ひるまの お酒は ききますよー!


●酒場:おじさん「ランドのやつ どうしても 狩人になるのは イヤらしいな。
        「店を手伝うのを 反対したら こんどは ガイドなんていう 妙な商売を はじめやがって……。

・ハッサン「オレは 狩人のほうが 男らしくて いいと思うけどな。
・ミレーユ「野山を めぐる仕事 という意味では 狩人とガイドは 似ている気もするわね。
・バーバラ「へえ この人 狩人なんだ。 なんだか カッコいいね!
・チャモロ「ランドさんの おとうさまは 狩人なのですね。
◎アモス 「そういえば 私…… どこかで 狩人に ねらわれた 夢を 見たことがありますね!


●酒場:女性「あら いらっしゃい! 勇者さんたち。
      「今日は 私の おごりよ。 どんどん 飲んで 食べてね。

・ハッサン「え オレたちにも おごって くれるのかい? そうつあ すごいな!
・ミレーユ「うふふ。 みんな 平和が うれしくて 気が大きく なっているのかしら。
・バーバラ「わーい ラッキー! (主人公)の 村の人って 親切なんだねー!
・チャモロ「心づかいが ありがたいですね。
◎アモス 「おごりと 聞いては だまっては いられませんね……。 やったー!


●東:男性「魔王が ほろんだって聞いて 皆 仕事を ほったらかして 山を おりて行ったよ。
     「まだ 少し まものが ウロついているから ランドが 案内人に なったみたいだけど。

・ハッサン「ランドって あの アニキーって ヤツだっけ?
・ミレーユ「魔王が いなくなったから みなさん 仕事どころじゃ なくなったのね。
・バーバラ「ランドって人は 村のみんなを 守れるくらい 強いのかなあ。
・チャモロ「観光きぶんに なれるくらい みなさんの気持ちが ほぐれたのなら よかったですね。
◎アモス 「たまには 仕事を ほったらかすぐらい 楽しむのも いいかもしれませんね!


●武器屋「わっはっは。 平和は いいよなあ。
(以下汎用)

○精霊の鎧:購入
>はい
       「それじゃ もって行ってくんな。 まいどありっ!

・ハッサン「すごいな このヨロイ! きっと 精霊のチカラが 宿っているに ちがいないぜ!
・ミレーユ「きっと (主人公)なら お似合いだわ。 すぐに 装備してみたら?
・バーバラ「ホント りっぱな ヨロイだねー!
・チャモロ「これは 心づよい 装備が 手に入りましたね。

(お金が足りない場合)「あれ? 残念だけど お金が 足りないようだぜ。 また 来ておくれよ。

・ハッサン「あの ヨロイは きっと すごい物なんだぜ。
     「なんだか こう ビンビンと 感じるものが あるからな。
・ミレーユ「また こんど 買いにきましょ!
・バーバラ「7000ゴールドかあ。 ちょっと 高いよねー。
・チャモロ「お金が 足りませんでしたね……。
◎アモス 「いやー ざんねんです。 もう少し がんばって お金を ためてきましょう!

>いいえ

・ミレーユ「精霊のよろいには きっと 精霊さまの ごかごが あるんじゃないのかしらね。
・バーバラ「あれ? 買うの やめちゃうんだ。
・チャモロ「これは 本当に りっぱな ヨロイですね。
◎アモス 「あ……? ねだんが 高すぎましたか?


●教会:シスター「魔王が ほろんだというのに この胸さわぎは 何でしょう?
        「明日に おびえる日が 長く 続いたから おくびょうに なっているのかもしれませんわ。

・ハッサン「たしかに まだまだ 心から 安心できない人も いるんだろうな。
・ミレーユ「シスターの 言うことは よくわかるわ。
     「この私も 同じような 胸さわぎを 感じるときが あるもの。
・バーバラ「くよくよ しすぎるのは よくないけれど スッキリしないのも たしかよね。
・チャモロ「にたような 不安を 持っている 人たちも 多いのかも しれませんね。
     「それほど ムドーの 悪しき チカラが 大きかったのでしょう。
◎アモス 「シスターさんの 不安を できれば 私が とりのぞいて あげたいものです!


●井戸横:おばさん「魔王が いなくなったウワサを 聞いて 皆 外へ 遊びに 出かけちゃったよ。
         「下の ガケあたりを うろうろしてるんじゃないかねえ。

・ハッサン「みんな 平和を まんきつしてる ってことだな。
・ミレーユ「この あたりは あまり つよい まものは いないのね。
・バーバラ「平和に なったからね! みんな 楽しんでいるのかも。
・チャモロ「ムドーは いなくなっても まものは まだまだ いますから ちょっと 心配ですね。
◎アモス 「いやー 村のみなさん うろうろ してるんですね……。


●井戸横:おばあさん「おや (主人公)じゃないか! この村の 勇者の お帰りかい。
          「まさか (主人公)が 世界を すくうとはねえ。 本当に よくやったよ。

・ハッサン「こきょうに にしきを かざったって とこだな (主人公)!
・ミレーユ「うふふ。 まさか とか いわれてる。 でも 村の勇者 ですってよ。
・バーバラ「ここは 本当に 景色がいいねー!
・チャモロ「元気そうな おばあさんですね。
     「空気の いいところでは きっと 元気に 長生きが できるのでしょう。
◎アモス 「(主人公)さん すっかり 井戸ばたかいぎの 主役に なってますね!

○主人公不在時
おばあさん「まさか (主人公)が 世界を すくうとはねえ。 本当に よくやったよ。
     「おっと あんたたちは (主人公)の仲間かい? あの子に よろしゅうにな。


●西:商人「いやー お前さんたち お手がらじゃないか! うわさは こんな山奥にも とどいておるぞ。

・ハッサン「伝わったのが 悪いウワサじゃなくて よかったな。
・ミレーユ「山奥と いっても ふもとの 町までは そんなに とおくは ないわよね。
・バーバラ「もう 村じゅうの 人たちが 知っているのかしら。
・チャモロ「ライフコッドの どの みなさんからも 笑顔か こぼれていますね。
◎アモス 「ホント。 ムドーを 倒すなんて 大てがら ですよね!


●よろず屋:おじいさん「ほっほっほ。 こんな ゆかいな 気分になったのは 久しぶりじゃ! それはさておき……
(以下よろず屋)


●ターニア宅:ネコ「ニャーン。

・ハッサン「おー よしよし。 こいつも なついてくれているぜ。 また来るからな!
・ミレーユ「ニャンちゃん ターニアちゃんのこと よろしくね!
・バーバラ「この ニャンコ なんだか ターニアちゃんに 似てて かわいいね!
・チャモロ「なぜるだけで いやされる ネコの チカラは ある意味 ゲントより 強いかもしれませんね。
◎アモス 「動物は 飼い主に 似るといいますが……
     「(主人公)さんは こんなに 毛ぶかく ありませんよね!


☆ターニアと会話
ターニア「あっ! (主人公)にいちゃん お帰りなさい!
    「とうとう 魔王を たおしたのよね! もう おそれることは ないのよね!
    「……あ ごめんなさい。 私 こうふんしちゃって おにいちゃん つかれてるのにね。
    「くわしいことは 少し 休んでから聞かせてね。
(休憩)
    「あ (主人公)にいちゃん 目が覚めた?
    「少し 休んでから 話を 聞こうと思ったのに ぐっすり 眠ってて 起きないんだもん。
    「でも もういいの。 こうして世界は 平和になったし おにいちゃんも 元気だし。
(二回目以降はここから)
   △「私は ひとりでも 大丈夫だから おにいちゃんは やりたいことを やってね。
    「そして つかれたら いつでも 帰ってきて。 私は ここで 待ってるよ。 (ここまで)

・ハッサン「いやあ よく ねたぜ!
     「でも ターニアちゃんと ゆっくり話せなくて 悪いこと しちゃったな。
・ミレーユ「ターニアちゃんは 本当に (主人公)のことが 大好きなのね。
・バーバラ「昨日は ターニアちゃん けっこう こうふんしてたよね。
     「(主人公)が 帰ってきて よっぽど うれしかったんだろうな。
・チャモロ「(主人公)さんは 本当に ぐっすりと 寝ていましたね。
◎アモス 「ターニアさんって 本当に かわいいですね……。 私 夢を見ちゃいました!


(二回目以降も話す会話)△2
・ハッサン「なあ (主人公)。 ターニアちゃんの ためにも ちょくちょく 帰ってこような!
・ミレーユ「ターニアちゃんの 心づかい うれしいわね (主人公)。
・バーバラ「ターニアちゃんって とっても いい子なんだね! 
・チャモロ「こんなに けなげな 妹さんを もった (主人公)さんは 本当に 幸せもの ですね。
◎アモス 「ターニアさんの ためなら これはもう何でもさせていただきます! っていう 感じですね!


※下のターニア宅で休んだときの会話が出ることも。


○一度会話し、フィールドへ出た後の再びターニアとの会話したとき
ターニア「あっ (主人公)にいちゃん お帰りなさい!
    「つかれてるでしょ。 少し休んで行く?
>はい 
    「それじゃ おやすみなさい。

(ターニア宅で休んだときの会話)
・ハッサン「よーし 朝だっ! でかけようぜ (主人公)!
・ミレーユ「おかげさまで よく ねむれたわね!
・バーバラ「今日も すっきり! 気分そうかいよ!
・チャモロ「おはようござます。
◎アモス 「あー なんとも 気持ちのいい 朝ですね!

※起きた後にターニアに話しかけると、上の△部分の会話に。仲間との会話は△2。

>いいえ
    「(主人公)にいちゃんは あいかわらず 元気よね。
    「元気すぎて そのうち 私の前から いなくなっちゃう なんて思うことも あるけど……
    「もし そうなっても 私は 大丈夫だからね。
    「ときどき 思うの これは夢で 私には 本当は おにいちゃんは いないんじゃって。
    「あれ なに 言ってんだろ。 私 どうかしてるよね。 ごめんね。 気にしないで。

・ハッサン「ターニアちゃんも 何か 感じるものが あるみたいだな……。
     「こりゃあ 下の世界の どこかに 現実の ターニアちゃんが いるのかも しれないぜ。
・ミレーユ「この ターニアちゃんの 心配には どう答えていいか わからないわね……。
・バーバラ「ターニアちゃん そんなこと 考えて いたの……。
・チャモロ「これからの旅で いったい どんな答えが 見つかるのか……。
     「知りたいような こわいような……。 ふくざつな 気持ちですね。
◎アモス 「ターニアさんが あまりにも けなげで ことばも でません……。

○主人公不在時
ターニア「あっ (主人公)にいちゃんの おともだちね。 いらっしゃい。
    「せまいところで 悪いけど ゆっくり 休んで行っててね。

    「もう 魔王は いないんだし (主人公)にいちゃんにも 帰って来てって 伝えてね。


●北:農夫「いつもと 同じ空が なんだか ちがって ずっと 美しくみえるだよ。
     「天にいる 神さまも オラたちの 平和を 祝ってくださって いるんだべか。

・ハッサン「いいも 悪いも 人は 気分しだいだろうからな。 いまは サイコーだろう。
・ミレーユ「ホント この人の いうとおりかも しれないわね。
・バーバラ「この人って 見かけに にあわず 詩人ね。
・チャモロ「この村の 平和が いつまでも つづくことを 私も おいのりしましょう。
◎アモス 「このあたりは とおくの 山々の ながめが すばらしいですねえ。


●村長宅:村長「おお (主人公)か。 レイドック王の 代理の方から 知らせは うけておったよ。
       「なんと 魔王ムドーを たおしたそうじゃないか! いや 本当に よくやった!
       「くわしいことは あまり 聞いとらんのだが なにはともあれ 平和が もどったということじゃ。
(はい選択時:二回目以降はここから)
       「それにしても すっかり りっぱな若者になったな。 (主人公)。
       「ムドーをたおし 兵士のつとめを はたした今 もう この村を 出て行くことも あるまい。
       「これからは また この村で 暮らすつもりじゃな?
>はい
       「そうか そうか。 まあ これからのことは ゆっくり 考えるとして……
       「しばらくは のんびり 休息を とるがよかろう。

・ハッサン「これからは この村で 暮らすって…… じょうだんだろ (主人公)?
・ミレーユ「(主人公)ったら あんなこと 言って……。
・バーバラ「ねえねえ。 自分さがしの旅は どうするの?
・チャモロ「村長さんには ちゃんと これからの 旅のこと 説明したほうが よいのでは?
◎アモス 「そうか! (主人公)さんは 村長さんを よろこばそうと あんな 返事をしたんですね!

>いいえ
     「ふむ ふむ…… なんと 今度は 自分さがしの旅に 出ると?
     「うーむ…… なにやら ちゅうしょう的な 話で わしには よくわからんが……
     「まあ (主人公)のことじゃ。 何か 考えが あるのだろう。 わしは とめはせんよ。
     「ただ ときどきは ターニアちゃんの ようすを 見に来ておやり。
     「あの娘は しっかりしとるようでも 本当だったら まだまだ 親に あまえている年頃じゃからな。

・ハッサン「言われなくたって ターニアちゃんには いつでも 会いにくるよな!
・ミレーユ「もう ひとりの 自分を さがす旅だなんて たしかに 説明しづらいわよね。
・バーバラ「村長さん よくわからないなりに わかってくれて よかったね!
・チャモロ「村長さんは 私たちの 旅のこと いちおう りかいして くださったようですね。
◎アモス 「村長さんは ちゃんと 妹さんのことまで 考えていてくれるんですね……。

○いいえ選択時、二回目以降の村長との会話
村長「自分さがしの旅か…… なにやら ちゅうしょう的で わしには よくわからんが……。
  「ひとは みな 本当の自分を みつけようとして 生きている のかもしれんな。

○主人公不在時
村長「おお! キミたちは (主人公)の仲間だね。
  「いや このたびは 本当に よくやってくれた! 村を代表して 心から 礼を いわせてもらうよ。



●村長宅:ジュディ「あら (主人公) お帰りなさーい! すごいじゃない ムドーを やっつけるなんて。
(いいえ選択時:二回目以降)  
         「なんだか 私 ますます (主人公)の とりこに なっちゃいそう……。
         「ねえ 私と結婚してくれるって 約束を おぼえている?
>はい
         「うれしー! おぼえていて くれたのねっ。 ねえ だったら いつ結婚する?
(二回目の選択肢とその後の会話は下へ)

>いいえ
         「ひどーい! あんなに かたく ちかい合ったのに わすれるなんて あんまりだわ!
         「でも (主人公)の そういう クールなところも たまらなく好きよ。 ウフフ。

・ハッサン「おいおい (主人公) 本当に 約束してたなら そうとう 罪なヤツだぜ!
・ミレーユ「(主人公) 本当に おぼえていないの?
・バーバラ「このひと どこから どこまで 本気なのか……。
・チャモロ「(主人公)さん 一度は はい って 答えたことが あるのですか? うーん……。
◎アモス 「私も もの忘れは はげしいですが 結婚の約束を わすれるとは すごいです!


☆二回目の選択肢
>もうすぐ
ジュディ「本当に? じゃあ 私 信じて 待ってるわ。
    「約束よ (主人公) まだ お父さまには だまっておくから。

・ハッサン「結婚の 約束? しかも もうすぐ だって!? おいおい 本気かよ!
・ミレーユ「(主人公)は どこまで 本気なのかしら?
・バーバラ「ふうん…… (主人公)って…… そうなのかあ……。
・チャモロ「おめでたいことは たしかに いいことですが さすがに 今は……。
◎アモス 「(主人公)さんが 結婚したら パーティーが 増えますね!

○もうすぐ選択時、二回目以降のジュディとの会話
ジュディ「もうすぐ 私 (主人公)と 結婚できるのね。
    「約束よ (主人公)。 お父さまには まだナイショだけど ぜったいに わすれないでね。

・ハッサン「あーあ…… その気に なってるじゃないか。
・ミレーユ「きっと (主人公)には 何か 考えが あるのよね。
・バーバラ「ナイショなんだ……。
・チャモロ「(主人公)さんは 本当に 結婚の 約束を していたのですか?
◎アモス 「いやー これは 話を どう おさめるのでしょう……。


>きがむいたら
ジュディ「う~ん もう! (主人公)ったら 冷たいんだから。
    「でも あなたの そういう クールなところが たまらなく好きよ。 ウフフ。

・ハッサン「オレには 女心は よくわからないぜ……。
・ミレーユ「(主人公)ったら 本当は 困ってない?
・バーバラ「きがむいたらって クールというより いいかげんに 聞こえるんですけど……。
・チャモロ「まあ すべては 旅が おわってから……では いかがでしょうか?
◎アモス 「(主人公)さん もててますねえ……。

○きがむいたら選択時、二回目以降の会話
ジュディ「(主人公)の気が いつ むくのかは知らないけど 私 待ってるから。

・ハッサン「おいおい 本当に ずっと このまま 待たせておく気なのか?
・ミレーユ「(主人公) どうするの?
・バーバラ「ずっと 待ってるみたいね。
・チャモロ「人を 愛すると どんな 仕打ちにも たえられるのでしょうか……。
◎アモス 「ジュディさんって じつは 気の長い人 だったんですね!


>しない
ジュディ「まあっ! なによ (主人公)の いじわる……。
    「きっと もう (主人公)には 好きなひとが いるのね……。

・ハッサン「これからは 軽はずみに 結婚の 約束なんか するなよな (主人公)……。
・ミレーユ「気をつけてね (主人公)。 不用意な ひとことは 人を きずつけてしまうわよ。
・バーバラ「(主人公)が いま 好きな人って だれかしら……。
・チャモロ「あーあ ジュディさん しょんぼりして しまいましたね。
◎アモス 「え!? (主人公)さんには ほかに 好きな人が いるのですか?

○しない選択時、二回目以降の会話
ジュディ「(主人公)には きっと もう 好きなひとが いるのね。
    「でも ランドにも ふられて (主人公)とも結婚の約束まで したのに ふられちゃって……。
    「私って いったい なんなんだろうなあ。
    「でも なぐさめは いらないよ。 中途はんぱな なぐさめは よけいに 悲しくなるだけなんだから……。

・ハッサン「……。
・ミレーユ「ランドさんにも ふられたのね……。
・バーバラ「ジュディさんって おとこ運が ないのかしら。
・チャモロ「そもそもの いきさつを 知りませんから どう とらえたものやら……。
◎アモス 「ジュディさん…… 強い方なんですね……。

○主人公不在時
ジュディ「私も 皆と いっしょに ふもとの町まで 行けば よかったわあ。
    「そしたら ステキな お洋服を 買って (主人公)の おむかえを したのに……。


-------------------------------------
★山肌の道
●ランド「まいったなあ もう ムドーが ほろんだ後も まだ まものが うろついててさ。
    「とてもじゃないけど ふもとまで 村のむんなを つれて歩くのは 無理だな。

・ハッサン「たしかに ムドーは いなくなったのに そこが ナゾなんだよな。
・ミレーユ「魔王ムドーと ともに 消え去るはずの まものたちが まだ あちこちに……。
     「やはり ムドーとは 何か 別の 原因が からんでいるのかしら……?
・バーバラ「たくさんの人を 引きつれて ここを 抜けるのは 大変そうね。
・チャモロ「このあたりの まものの かずも へっては いないでしょうかね。
◎アモス 「こんなに のどかで 平和そうな ところにも まものがいるのは 残念ですね。


●女性「はあーっ おいしい空気! でも ちょっと 足が つかれちゃったわ……。

・ハッサン「ずっと 村から 出ていなかったなら 運動ぶそくに なるかもな。
・ミレーユ「ほんとに このあたりは 空気がおいしくて いいところよね。
・バーバラ「村から そんなに はなれてないのに もう つかれちゃったのー?
・チャモロ「まものが うろついていては おちおち きゅうけいも しにくいですね。
◎アモス 「足が つかれたときには よーく もむのが いちばんですね!


●おじさん「プハーッ! こういう所で 吸う タバコは また かくべつに うまいや。

・ハッサン「山火事 おこさないように 気をつけて くれよな!
・ミレーユ「せっかくの 空気が よごれそうだけど……。
・バーバラ「ごほ ごほっ! ケムリが こっちに来たよー!
・チャモロ「空気が おいしければ タバコも おいしいんでしょうね。
◎アモス 「すいがらは ちゃんと 村まで 持ちかえって ほしいですね!


●男性「あわわわわ…… さっき ボクの すぐ 近くを まものが 走り抜けて行きましたよ。
   「魔王が ほろんだのに どうして まものが 出るんでしょうね。

・ハッサン「うーん……。 なぜ まものが へらないのかは 悩みどころ なんだよなあ。
・ミレーユ「村の みなさんは 村に もどったほうが いいかも しれないわね。
・バーバラ「まものが いたぐらいで こわがっているなら 早く 帰ったほうがいいよね。
・チャモロ「まだ ふつうの人が 安心して 歩き回れる じょうきょうでは なさそうですね。
◎アモス 「まものに おどろいて ガケから 落ちたりしたら あぶないですよ!


●おじいさん「いやはや おかげさんで 久しぶりに ばあさんの 墓まいりが できましたわい。 ありがたや……。

・ハッサン「そうか……そうだよな。 まもののおかげで みんな ろくに 墓まいりも できなかったんだな。
・ミレーユ「村で 亡くなったかたは この ながめのいい場所で ねむっているのね……。
・バーバラ「おじいさん お墓参りできて よかったね!
・チャモロ「おばあさまが やすらかに ねむり続けることを お祈りいたしましょう。
◎アモス 「お墓まいりも 命がけ……なんてことでは シャレに なりませんよね。


●農夫「はやー! 生まれて初めて 村の外に 出たけんど 世界は 広いんだやな。

・ハッサン「えー!? 一歩も 村から 出たこと なかったのかよ!
・ミレーユ「初めての外出? じゃあ 今日のけいけんは 一生の 思い出ね。
・バーバラ「ほとんど 村から 一歩もでない 人生…… そういう人も いるのねえ。
・チャモロ「見るもの 聞くもの めずらしいことだらけ でしょうねえ。
◎アモス 「これからは ちょくちょく あちこちに 出かけられるように なるといいですね!


●宿屋:商人「やれやれ 魔王が いなくなって これで ひと安心ってとこだよ。
      「それは ともかく……
(以下宿屋汎用)

・ハッサン「それにしても よく こんなところで 宿屋を やろうなんて 考えたよな。
・ミレーユ「まものが 泊まりに きたり しないのかしら……。
・バーバラ「この 宿屋さん こんな めだたないところで 商売 なりたってるのかな。
・チャモロ「ま こういう 山奥の かくれが的な 宿を 見つけるのも 旅のたのしみですね。
◎アモス 「いっちゃ 悪いですけど 日あたりの悪い 宿ですね……。

---------------------------------------------
★マルシェ
●入り口:女性「ようこそ マルシェの町へ。 今は 世界平和記念バザーの まっ最中なの。

・ハッサン「こりゃまた ずいぶんと にぎわってるな。
・ミレーユ「バザーって なんだか わくわくするわね。
・バーバラ「わーい! バザーだよ!
・チャモロ「この町で なにか 掘りだしものが 見つかれば 楽しいですね。
◎アモス 「いやー バザーですか! 楽しそうですねー!


●宿屋:商人「これは ウワサですがね この世界のどこかに しあわせの国が あるらしいですよ。
      「その話が 本当なら ぜひとも 行ってみたいものですなあ。

・ハッサン「そんな国が あるなんて オレは 信じられないぜ。
・ミレーユ「しあわせの国…… なんとなく あやしさがただよう ウワサ話ね。
・バーバラ「しあわせって 言っても なにが どう しあわせなのか わからないよね。
・チャモロ「なんだか 雲を つかむような あやふやな話ですね。
◎アモス 「しあわせの国というのが 本当のあるのなら 私も ぜひ行ってみたいです!


●東:商人「また バザーが 開かれる と 聞いて あわてて もどって 来たのですが……。
     「また この場所しか あいてなかったんですよ。 トホホのホ……。

・ハッサン「そんなに めずらしいものは 売ってなかったな。
・ミレーユ「いつも ワンテンポ 人より おくれるタイプの人 みたいね。
・バーバラ「いつもこんな すみっこで お店を 開いてるの? なんだか かわいそう……。
・チャモロ「へんな 場所だから ぎゃくに目立つ という ところは あるかもしれませんね。
◎アモス 「こういう人は すばやさのタネを たくさん 食べないと!


●西テント前:おじさん「なにか買うときは 最初に入った店で いきなり 買っちゃ ダメだ。
           「もしかしたら 同じものを もっと 安く 売っている店が あるかも しれないからな。
           「安く買いたいなら 歩く! これは 売りのときも 同じだ。 おぼえておきな。

・ハッサン「オレたち あちこち 歩き回るのは とくいだよな!
・ミレーユ「お店が たくさんあるから きょうそうが はげしいのね。
・バーバラ「同じものを 売っている お店を いくつか まわってみれば いいのね?
・チャモロ「なかなか しんせつな かたですね。
◎アモス 「この町では お店によって 同じ品物でも ねだんが ちがう……ってことでしょうか?


●西テント:ドガ「くそおーっ! こんなに 早くバザーが 開かれるとは 思わなかったぜ!
        「まだ なんにも じゅんびが できて いないっていうのによ!

・ハッサン「ほえてないで さっさと じゅんびすりゃあ いいのにな。
・ミレーユ「ずいぶん 急に バザーの かいさいが 決まったみたいね。
・バーバラ「読みが あまかった って ことかしらね。
・チャモロ「早く しないと バザーが 終わって しまいますよね。
◎アモス 「ようするに このお店は お休みなんですね!


●西テント:下商人「世界平和ばんざーい!
         「年に2回も バザーが 開かれるなんて これもみな たおされた魔王の おかげ……
         「あ…… コホッ…… みなさんの おかげですよね。

・ハッサン「うはは。 いくらなんでも 魔王に かんしゃするなよ。
・ミレーユ「これからは 安心して どんどん バザーが 開かれると いいわね。
・バーバラ「そんなこと いったら あたしたちが 出会ったのも 魔王のおかげに なっちゃうね。
・チャモロ「まあ なんにせよ 町が にぎわうのは いいことですね。
◎アモス 「バザーは 何度あっても いいものですが おこづかいが 心配に なっちゃいます!


●西テント:おじいさん「おお 若いの。 とがったホネを 買っていかんか? 130ゴールドでいいぞ。
>はい
           「おお ありがとうよ。 ほれ とがったホネ じゃ。
           「ん? 装備? そんなもん 自分で せんか! セルフサービスじゃよ!

・ハッサン「ほんとに 買っちまったのか? ものずきな やつだな……。
・ミレーユ「とがったホネ…… いちおう 武器みたいね。
・バーバラ「とがったホネって だれか 装備できるのかなあ。
・チャモロ「この お店の サービスは いまいちですね……。
◎アモス 「あ! 先っぽ とがってますから 気をつけてくださいね!
 
○お金が足りなかった場合「おや お金が ないのう。 若いんじゃから しっかり かせがんと いかんのう。

・ハッサン「ホントに 買うつもり だったのか (主人公)?
・ミレーユ「あら…… 意外と お金が なかったのね。
・バーバラ「しっかり かせげ だなんて…… 大きな お世話だよね!
・チャモロ「私たちは かせぐために 旅を しているわけでは ありませんからね。
◎アモス 「お金が ないのう とか いわれると ちょっぴり みじめですね……。

>いいえ
           「若いのに ケチじゃのう。

・ハッサン「ケチで けっこうだぜ! なあ (主人公)!
・ミレーユ「必要に なったときに 買えばいいわよね。
・バーバラ「とがったホネって あんまり 強そうじゃないよね。
・チャモロ「なんだか ちょっと あやしい おじいさん でしたね……。
◎アモス 「私が ホネを けずったら 同じものが 作れませんかね。


●西テント:中央商人「へい らっしゃい! お客さん 今日は いいものが あるよ あるよ!
          「これこれ とうぞくのカギ! カギのかかった トビラでも 開けられちゃう ってやつよ。
          「特別に 300ゴールド いや 200で いいや! どうだ 買うかい?
>はい
  「まいどあり~! その とうぞくのカギが あれば どこに いっても 安心だぜ!

・ハッサン「へえ。 こいつは けっこう 便利そうな ものだな。
・ミレーユ「たしか この町にも カギのかかった トビラが あったんじゃ なかったかしら?
・バーバラ「ねえねえ! さっそく どこかで ためしてみようよ!
・チャモロ「いやー いろんな お店を あわって みるものですねえ。
◎アモス 「これからの 旅に 役立ちそうなものが 手に入って うれしいですね!

○お金が足りない場合「ありゃりゃ。 お客さん。 お金を 持ってないよ! ひやかしなら いった いった。

・ハッサン「うっひゃー! オレたち 200ゴールドも 持ってなかったのかよ!
・ミレーユ「どうしましょう。 いま 買わないと 売り切れて しまうかも……。
・バーバラ「あたしたちって けっこう びんぼう だったんだね……。
・チャモロ「何かを 売って お金を つくるというのも ありですが……。
◎アモス 「あっ! 200ゴールドぐらいなら 私が!
     「あ… いまは みなさんと サイフは いっしょでしたね……。

>いいえ   「そうかい。 だったら いった いった!

・ハッサン「とうぞくのカギ…… オレは ほしい 気がするけどな。
・ミレーユ「思い切って 買ってみましょうよ。 なんだか 役立ちそうよ。
・バーバラ「えー やめちゃったの? 買ってよ ねえ (主人公)ってばぁ。
・チャモロ「とうぞくのカギ…… もしかしたら ほりだしものかも。
◎アモス 「200 ゴールドなら 安い 買い物なんじゃ ないでしょうか……。


○購入後     「これは ウワサだけど せっかく ムドーを やっつけたのに そのあとさ。
         「王さまと 兵士長が いなくなったっていうんだよ。 ほんとかねえ……。

・ハッサン「まあ…… 本当っていやあ 本当だけどな。
・ミレーユ「みんな うわさ話には びんかんなのね。
・バーバラ「そりゃあ 王さまが いなくなったら だれでも 心配するわよね。
・チャモロ「いつの日か うわさではなく 真実が 人びとに 伝わることでしょう。
◎アモス 「いろんな うわさが 流れているもんですねえ。


●西テント:上商人「ほーら 安いよ! 安いよ! アモールのみずが 安いよ!
         「今なら アモールのみず3コに キメラのつばさが1コついて たったの400ゴールドだ!
>はい
         「まいどあり~!

・ハッサン「いざってときに そなえて まとめ買い したってわけか。
・ミレーユ「ものすごく 安かったという 気は しないわね……。
・バーバラ「こんなところで 売っている アモールの水って 本物かしら……。
・チャモロ「よかったですね。 アモールの水は いやしの力が 強いですからね。
◎アモス 「アモールの水には ベホイミの 呪文なみの 効果があるそうですね。


○お金が足りない場合「おっと ざんねん! お金をもってから来ておくれ!

・ハッサン「くうう…… 400ゴールド 持ってないとは われながら なさけないぜ。
・ミレーユ「もう すこし いろいろ 切りつめないと いけないのかしらね……。
・バーバラ「銀行に よきんって なかったっけ?
・チャモロ「これは きっと 買わなくていい という 神の おぼしめしでしょう。
◎アモス 「うわー! なんか ざんねんです!

>いいえ
         「それは ざんねんだな。 ほーら 安いよ 安いよ!

・ハッサン「売れなくても めげない ってのは たいしたもんだぜ。
・ミレーユ「必要なときに 必要なだけ 買うのが かしこい 買いかたよね。
・バーバラ「そういえば 最近 キメラのつばさって あまり 使わないよね。
・チャモロ「じっさい いくら 得だったのでしょう?
◎アモス 「あっ? 買わなかったんですね。 キメラのつばさが もう1コ ついてたら 買いました?


●東テント:下男性「いらっしゃーい! さあ この かわのこしまき! お買いどく だよー!
        「ふつう 500ゴールドの ところを なんと! 200ゴールドぽっきりだ!
        「さあ 買った 買った! 200ゴールドだよ! 買うよな? お客さん!
>はい
        「まいど! あ いそがしいから 装備は 自分でしてくださいよ!

・ハッサン「そりゃあ まあ 人に まいてもらうような ものじゃないけどな……。
・ミレーユ「それって ふつうは 500ゴールドなんて しないんじゃないかしら?
・バーバラ「かわのこしまき? あたしは 着ないわよ!
・チャモロ「ふうむ…… あまり じつようせいは なさそうな気が しますが。
◎アモス 「かわのこしまき ですか!? ま (主人公)さんが 使えと おっしゃるなら 使いますが……。

○お金が足りない場合「ありゃ お客さん。 お金が たりないよ。

・ハッサン「まあ べつに いま急いで 買わなければ いけないわけじゃないさ。
・ミレーユ「お金も ないことだし もう いきましょうね。
・バーバラ「お金がないのは ちょっと さびしいけど あたしは こしまき いらないな。
・チャモロ「お金が ないときには むりして 買わなくっても いいですよ。
◎アモス 「200 ゴールドも 持っていないとは ちょっと 先行き 不安ですね……。

>いいえ
        「へ? 買わないんなら どいた どいた! 商売の ジャマだよ!

・ハッサン「どうせ 買わないんだろ? いこうぜ (主人公)。
・ミレーユ「買わないなら お客さんじゃ ないってことなのね。
・バーバラ「ジャマとは 何よ ジャマとは! 失礼しちゃうわね!
・チャモロ「いやはや 手のひらを かえしたような つめたい あつかいですね。
◎アモス 「あ…… 買わなかったんですね。 ちょっと ほっとしたかも。


●東テント:下商人「わっはっは! お客さん おそかったね!
         「うちの品物は もう ぜんぶ 売れちまったよ。 さあ 店じまい 店じまい。
         「なにを 売っていたかって 聞くのは よしなよ。 聞くと よけいに ほしくなっちゃうよ!
         「さあ 店じまい 店じまいと。 あれ? あれれ? こんな所に もう1つだけ のこってたよ。
         「お客さん 運がいいね。 さいごの1つだから ぴったし 1000ゴールドで どうだい?
>はい
         「よーし 売ったあ! さあて これで ホントに 店じまい 店じまい……っと!

・ハッサン「おいおい (主人公)。 売り物を 見もせずに 買っちゃったのかよ。
・ミレーユ「けっきょく 何を 買ったの (主人公)?
・バーバラ「あーっ 買っちゃった! 大丈夫なのー!?
・チャモロ「のこり物には 福があると いいますけど……。
◎アモス 「そういえば どこかに この人に よく似た お子さんが いたような……。

○お金が足りない場合「あれれ お金が足りないよ。 いそいで 用意してこないと ほかのひとに 売っちゃうよ!

・ハッサン「ここは もう いいよ。 ほかの店へ いこうぜ!
・ミレーユ「この おじさん 最後まで なにを 売ってるのか 教えてくれなかったわね。
・バーバラ「なーんか あやしいよ。 お金が 足りなくて かえって よかったんじゃない?
・チャモロ「思わせぶりですねえ。
◎アモス 「いやー ほかの人に 売っちゃうなんて 言われると 気になりますねー!

>いいえ
         「しょうがないなあ。 じゃあ ほかのひと にでも 売っちゃおうかな。

・ハッサン「ちっ。 いやなことを いうヤツだぜ。
・ミレーユ「こういうのを 商売じょうず っていうのね きっと。
・バーバラ「ひっかかっちゃ ダメよ (主人公)! きっと しょうもないものよ!
・チャモロ「結局 なにを 売っていたのかは わからずじまい ですね……。
◎アモス 「本当に ほかの人に 売っちゃうんですかね……。


○二回目以降に話しかけ、いいえ選択時
          「あれ? あれれ? お客さんも ひとが わるいなあ。
          「うちで 買ったことがあるなら あるっていってよ。 まいったなあ。 わっはっはっ。

・ハッサン「コイツめ……。
・ミレーユ「反省している ようすは ゼロね……。
・バーバラ「あきれた! どっちが 人がわるいのよ!
・チャモロ「いやはや 笑って ごまかしてますね……。
◎アモス 「何度でも だますつもり だったんですね……。


●東テント:男の子「ボクの お父さんは とっても 商売が うまいんだよ。

・ハッサン「うまいって いっても いろいろ あるからな……。
・ミレーユ「お父さんって どのひとかしら……。
・バーバラ「ふうん……。 商売が うまいって どういうことかなあ。
・チャモロ「口のうまい 店主には 気をつけたほうが いいかも しれませんね。
◎アモス 「この お子さんにも お父さんの すばらしい素質が 受けつがれるのでしょうね!


●東テント:ボガ「はっはっはっ! やりました! 大もうけです!
        「この私の もうけを聞いたら ドガ兄さん びっくりして こしを ぬかすでしょうね!
        「ドガ兄さん……。 このバザーで いっきに けっちゃくを つけるよ。

・ハッサン「兄弟対決は まだ 続いているんだな。
・ミレーユ「すごい 意気込み だわね。
・バーバラ「そんなに もうけたのかしら……。
・チャモロ「ライバルが 兄さんで あるなら なおさら 燃えるのでしょうね。
◎アモス 「こしが ぬけてもいいですから どのくらい もうかったのか 聞いてみたいです!


●東テント:上男性「ついに弟が 兄をこえた……。 うーん。 かんどう的だなあ!

・ハッサン「ドガと ボガの 兄弟のことを 言っているようだな。
・ミレーユ「きっと この人 ドガと ボガの 兄弟のこと ずっと 見守ってきたのね。
・バーバラ「この人 本気で かんどうしてる みたいね。
・チャモロ「兄と弟が よきライバルとして たがいに きそいあう……
     「とても うつくしい お話ですね。
◎アモス 「弟さんの 身長が 感動的に 伸びたんですかね?


●中央:おじいさん「ありがたや ありがたや。 生きているうちに 平和な世の中を 見られるとはのう。
         「見なされ ひとびとの あの いきいきとした顔を。

・ハッサン「じいさん ムドーが たおれるまで 長生きしてきて よかったな!
・ミレーユ「おじいさん ほんとうに うれしそうね。
・バーバラ「この町を とても 愛しているのね……。
・チャモロ「世界中の みなさんも 本当に 平和に なるとは 思っていなかったのでしょうね。
◎アモス 「この おじいさんが いちばん いきいきして いらっしゃいますね!


●中央:下女性「魔王をたおしたあと 王さまと兵士長のソルディさまが いなくなったって……。
      「でも そのあと 王さまだけは もどってきたって。 よく わからない話よねえ。

・ハッサン「ソルディ兵士長…… この町でも 有名らしいな。
・ミレーユ「ムドーと 王さまとの 細かいいきさつは かなり ふくざつですものね。
・バーバラ「かえってからの 王さまは とっても元気よね。
・チャモロ「今回のことは どうにも 説明しにくいですから わかってもらえないでしょうね。
◎アモス 「どう 説明していいか… が わかりませんよね。


●中央:上女性「ここは いろんな民芸品を 買いとる お店よ。
       「あら あなたは たしか ライフコッドの……。
       「しばらく 見ないうちに ずいぶんと たくましく なったわねえ。

・ハッサン「(主人公)は もう ここでは 顔なじみなんだな。
・ミレーユ「この町は (主人公)の 知りあいが たくさん いそうね。
・バーバラ「ふうん…… ということは (主人公)って 前は たよりなかったの?
・チャモロ「商売とはいえ ちゃんと お客さんのことを 見ているんですね。
◎アモス 「こんな キレイな方が (主人公)さんの お知り合い!? うらやましいです!

○主人公不在時 「ここは いろんな民芸品を 買いとる お店よ。
        「お買ものなら よそでしてね。


●北東民家前:男性「平和になった今 世界が もとめているのは おまつりです!
         「と くれば ビルテさんの 精霊のかんむりが ひっぱりだこ!
         「なんとか ビルテさんの 弟子に してもらおうと ここで ねばっているのです!

・ハッサン「ふうん 精霊のかんむり か……。
・ミレーユ「ビルテさんは だれもが 認めるほどの うでききなのね。
・バーバラ「精霊のかんむり…… あたしも かぶってみたい!
・チャモロ「なかなか 世の中を 読んでいる かたですね……。
◎アモス 「精霊のかんむり…… 私も かぶってみたいです!


●北東民家:女性「なにか ご用? 弟子入りなら おことわりよ。
(主人公かいると追加)「あら (主人公)さんよね! うわさは 聞いたわよ!
        「ライフコッドの若者が お城の 志願兵になって それで 魔王ムドーを たおしたって。
        「はじめて ここに かんむりを 買いにきた時は ずいぶんと たよりなげに見えたけど……。
        「本当に たくましくなったわね。 見ちがえたわよ。  (ここまで)

・ハッサン「やっぱり この娘は (主人公)の ことが 気になって いるようだな。
・ミレーユ「ちゃんと こうして 見ていてくれる人が いるのは うれしいことよね。
・バーバラ「ふうん (主人公)って そんなに たくましく なったんだ……。
・チャモロ「(主人公)さんの 歴史を ぜんぶ ごぞんじの 方なんですね。
◎アモス 「この人 (主人公)さんに 気づいた とたんに たいどが 変わりましたよね!


●北東民家:ビルテ「おおっ おまえさんか! なにやら どでかいことを しでかしたらしいのう。
         「むすめは もう毎日 毎日 おまえさんたちの ことばかり むちゅうで 話しとるよ!
         「おっと。 よけいなことをいうと また おこられるでな。 わっははは!

・ハッサン「男をあげたな (主人公)!
・ミレーユ「うふふ ここの 娘さんは (主人公)の 大ファンなのね。
・バーバラ「(主人公)ったら…… スミに おけないわね!
・チャモロ「これは やはり 恋…… というもの なのでしょうか。
◎アモス 「むちゅうに なってくれたのが 娘さんのほうで よかったですね!

○主人公不在時   「せっせ。 せっせ。 まったく いそがしいわい。

-----------------------------------------
★レイドック北の関所
●下兵士「つかぬことを聞くが ムドーが たおされたというのは 本当か?
>はい
    「おお! やはり そうなのか! いや なかなか ここまで 情報が 来なくてな……。

・ハッサン「どこへ行っても もう ムドーを 倒したことは 伝わってると 思ったのにな。
・ミレーユ「レイドックの 兵隊さんも まだ ムドーの話を 聞いてない人がいるのね。
・バーバラ「これからは 関所の けいびの 仕事も だいぶ ラクになるかもね。
・チャモロ「まだ ここまでは 伝わってませんでしたか。
◎アモス 「みんな とっくに 知ってると 思ってましたが……。

>いいえ
    「む そうか。 やはり ただの ウワサだったのだな。

・ハッサン「あーあ じょうだんを 信じちゃったぜ。
・ミレーユ「つい反対のことを 言ってしまう (主人公)って まだまだ 子供なのかもね。
・バーバラ「ちゃんと 教えてあげれば いいのにー!
・チャモロ「どちらの じょうほうが 本当なのか この方が 自分で 判断なさるでしょうが……。
◎アモス 「この人 あとで 本当のことを 知ったら おこりませんかね……。


●上兵士「ぐう ぐう……。

・ハッサン「よく ねてるなあ。
・ミレーユ「あら お休み中だったのね。
・バーバラ「関所の けいびって じつは ヒマなのかな。
・チャモロ「こうたいの 時間まで そっとしておいて あげましょう。
◎アモス 「おつかれの ごようす……。
     「兵隊さん! ごくろうさまです!

------------------------------
★関所東の教会
●兵士「北の小島には おかしなことをいう 老人が 住んでいるそうだ。
   「もっとも 船でも なければ 島には わたれないがな。

・ハッサン「おかしなこと かあ。 それだけじゃ どんな 話か 想像が つかないな。
・ミレーユ「どんなことを 言っているのか ちょっとだけ きょうみが あるわね。
・バーバラ「こちらの 世界では 神の船は ないしなあ……。
・チャモロ「行ける方法が 見つかるまで 心に とめて おきましょうか。
◎アモス 「おかしなことをいうって その老人は お笑い芸人みたいな 人なんでしょうかね!?

------------------------
★教会南西の小屋
●東小屋:きこり「なんだ おまえらは? ん? たしか おまえらは あの時の……。
        「元気そうで なによりだ。 まだ 旅を つづけてるのか?
        「風のウワサじゃ 魔王が たおされたなんて話も 聞くが そんなこた わしには関係ないぜ。
        「いつものように 木を切るだけさ。

・ハッサン「ま あいかわらず ってとこだな。
・ミレーユ「まわりのことは 関係ない……か。 ある意味 うらやましいわね。
・バーバラ「この おじさん 顔に 似合わないこと いってるね……。
・チャモロ「マイペースな かたなんですね。
◎アモス 「(主人公)さんには いろいろな お知り合いが いらっしゃるのですね。

○主人公、ハッサン不在時
        「なんだ あんたらは? ここは わしの家なんだぜ。 出ていってくれ。


●西小屋:男性「おいらは 親方の1番弟子なのさ。 エッヘン!
       「おっと いけない。 さっさと こいつをカタづけちまわないと。

・ハッサン「へえ。 こいつも だんだん 自信を つけてきたみたいだな。
・ミレーユ「ちょっと いばってみても 親方は こわいみたいね。
・バーバラ「1番弟子って…… そもそも ひとりしか いないじゃないね!
・チャモロ「とても なれた手つきで 仕事を していますね。
◎アモス 「いやー! ここは じつに りっぱな 小屋ですねー!
     「きっと 名のある 大工さんが つくったに ちがいありませんよ!
スポンサーサイト
DQ6セリフ集 | 00:18:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。