■プロフィール

スティア・SPI

Author:スティア・SPI
どうも、スティアといいます。
SPIというのは昔使っていたHNです。
年齢 20代です。体内環境はry
性別 男
ゲーム 主にRPG。ドラクエ FF ポケモン マリオRPG系 テイルズ はそこそこやりました。

ドラクエはスラもり、バトルロード、携帯のものは未経験です。2は未クリアで売却orz
FFは大体が借りるor中古でプレイしました。
テイルズは半分ぐらいやった程度です。
やりこみ度は低いです。 


※ないとは思いますが、無断転載禁止です。


一応pixiv入ってます。

PIXIV
だいたいの絵はブログにも置いてあります。




お絵かきチャット

Twitter

ゲームプレイ記のページ

絵置き場 2/27up

ドラクエ6DS セリフ集(途中)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドラクエ6DSセリフ集 ムドー島着~下ムドー撃破後レイドック
ネタバレ注意

○ムドーの島着後のフィールド
・ムドーの島
★ムドーの城
★下レイドック城(下ムドー撃破後)
・下レイドック城下町(下ムドー撃破後)

※アモスのセリフ追加



○ムドー島着後のフィールド
・ハッサン「よーし いくぜーっ!
・ハッサン「なんだ (主人公)。 バーバラのことが 気になってるのか?
     「もちろん オレにも 理由は わからないが……
     「ミレーユの いうとおり むりじい する ことじゃ ないだろうさ。

・ミレーユ「いよいよね!
・ミレーユ「バーバラが のこった理由? そうね……よく わからないけど ただの わがままではないと思う。
     「とにかく いまは 4人で ムドーを 倒すことに 集中しましょう。

・チャモロ「行きましょう!
・チャモロ「行きましょう! この世界の平和は 私たちの うでに かかっています!

----------------------------
★ムドーの島
☆朽ち果てた船
・ハッサン「おーい! だれか いるかー!
・ミレーユ「これは もしかして……。 レイドック王の……?
・チャモロ「この船…… よほどの こうげきを 受けたのか ボロボロですね。

☆探索後外にでようとする
ハッサン「だれも 乗ってなかったな。
    「しかし 船があるということは オレたち以外にも だれかが この島に 上陸したってことか。

○洞窟内(1~3F:溶岩地帯)
・ハッサン「うわっ! あっちち!! なんだ この熱気は!
・ハッサン「くそっ! どっかに 水はないのか。 のどが カラカラだぜ……。
・ハッサン「しっかし あち~な。 まものは こわくねえが あついのは キライなんだよ!

・ミレーユ「気をつけて。 足元が 溶岩だらけよ!
・ミレーユ「はあ はあ……。
・ミレーユ「この 洞くつは かなり 入り組んでいるわ。 迷わないようにしないと。

・チャモロ「これは 歩くだけで 体力を しょうもう しますね。
・チャモロ「この溶岩は 敵からの 侵入をふせぐ バリアとして 最適ですね。
     「ここに 城をかまえた ムドーは あたまが いいのかも しれません。
・チャモロ「あつくて めまいが しそうですね……。

○洞窟内(4~6F)
・ハッサン「邪悪な 気配が どんどん 強くなっているな。 ムドーが近い しょうこだぜ!
・ハッサン「ハーックショイ!!
     「溶岩が なくなったら ひえこんできたぜ。

・ミレーユ「おくに 進むほど 敵が 強くなっているわ。 気をつけて 進みましょう!
・ミレーユ「ムドーの城まで なかなか つかないわね。

・チャモロ「この あたりは 寒いくらいですね。
・チャモロ「さっき 汗をかいたので 今度は カゼを ひきそうですね。


○4F奥:骨 返事がない。 ただの しかばねの ようだ……。
・ハッサン「どこの だれだか わからないが 気の毒にな……。
・ミレーユ「少しでも 油断したら 私たちも おなじ目に あうわ。 気を 引きしめて いきましょう。
・チャモロ「安らかに…… 安らかに お眠りください。


○6F:骨 返事がない。 ただの しかばねの ようだ……。
      しかし まわりの土に なにやら 文字が 書かれている。  
      『王子さま どうか ご無事で』

・ハッサン「くそっ! ムドーの やつめ!
・ミレーユ「じめんの 文字を見た?
     「行方不明の レイドック王子を さがしにきた 兵士さんかしら……。
・チャモロ「こんなところで いのちを 落とされて さぞ むねんだったでしょう……。 


○6F奥の穴に入るとイベント
【 チャモロ「ふしぎなことですが ここには 聖なるチカラを 感じます。
      「今日は ここで ひと休みすることに しましょう。
(休憩後)
ミレーユ「あら? もう 目がさめた? あまり ねむれなかったかしら?
>はい
    「無理もないわね。 いよいよ ですものね。
    「ところで 彼 どこまで 見にいったのかしら……。 ずいぶん おそいようだけど。
ハッサン「おっ! 3人とも もう 起きていたか!
    「ちょっと まわりを見てきたが やっぱ あの城に まちがいなさそうだぜ。 しかし……。
チャモロ「どうしたのですか? なにか 気になることでも?
ハッサン「ずっと まえにも こんなことが あったような……。
    「考えてても しょうがないや。 さて そろそろ 行かないか? もう じゅうぶんに休んだだろ。
ミレーユ「そうね。 こうしてても はじまらないわ。
チャモロ「そうですね。 そのために 今まで ずいぶん長い旅を してきたことでしょうから。
ハッサン「行くぜ (主人公)! 相手は 魔王ムドーだ! 死んだ気で 戦おうぜ!
ミレーユ「もし この戦いに勝てば 世界に 平和が おとずれるはずよ。
    「準備は いいわね (主人公)? さあ 行きましょう。
チャモロ「どうかしたのですか? まさか (主人公)さんも この場所に おぼえがあるとか?
>はい
    「そうなのですか。 ふしぎなことも あるものですね。
    「さて 私たちも まいりましょう。  】

(たき火が もえさかっている。 消していきますか? 
>選択肢

○奥のフロア
●チャモロ「どうやら このガケの下が ムドーの居城のようです。 しかし どうやって あそこまで……。
●ハッサン「うーむ……。 やっぱり こんなことが前にも……。
     「くそっ! こんなときに いったい オレの頭は どうなちいまったんだ!

☆ミレーユに話しかける
【 ミレーユ「いよいよですね……。
      「この笛を吹けば 私たちは 魔王ムドーの城に はこばれてゆくでしょう。
      「そう。 あの時のように……。
      「さあ 吹くわよ。  】

------------------------
★ムドーの城
●ハッサン「だめだ! このトビラだけは カギあなが 見えねえ……。
     「これが もし まやかしなら ムドーと 戦って まやかしを やぶるしか なさそうだぜ

●ミレーユ「ここまで来たら 前にすすむしか なさそうね。 (主人公) 先にいって。

●チャモロ「もしもの時のために ここに結界を作っておきましょう。
チャモロは 目をとじて なにやら いのりはじめた。
     「これで なにかあっても ふたたび この場所に もどってこられるはずです。

○合流後
・ハッサン「あたりに 気をつけろよ。 敵さんは どこから おそって来るか わからないんだからな!
・ハッサン「さすが 魔王の城だ。 化け物の においが プンプンするぜ……。

・ミレーユ「気をつけてね。 私たちのこと 気づかれていても 不思議じゃないんだから。
・ミレーユ「どんどん前に すすみましょう。

・チャモロ「いままで これほど 邪悪な 気配は 感じたことが ありませんね。


○階段のあるフロア
【 ハッサン「ん? あっ おい あれは!?   ← 見逃し
      「ちょっと 来いよ! (主人公)! 
      「こ こ これは も も もしかして オレじゃねえのかっ!?
      「けど うごいてねえぞ。 死んでるのか?
      「ちがうな……。 死んだように ねてるだけだ……。
      「でもよ どうして オレが ふたりも いるんだ? それも こんなところによ……。
      「ん?
(二人のハッサンが光り輝く)  
      「なんだ なんだ?
(同化)
      「思い出したぞっ! 今 すべてを 思い出したぜ!
      「オレは たしかに サンマリーノの大工の息子 ハッサンだ!
      「けど それがイヤで 家をとびだして (主人公)たちと 知り合ったんだったよな!
      「それで……。
      「そうだよ! ムドーに戦いを いどんだは いいけどよ……。      
      「やつの じゅつにかかって オレは 心だけが 夢の世界に とばされちまったんだ。
      「そこでは オレは 旅のぶとう家で……。
      「ええい いちいち めんどくせえや!
      「とにかく 本物の身体に もどったら めきめき チカラが わいてくる感じだぜ!
ハッサンは せいけんづきを おもいだした!
      「あのさ (主人公) オレ 今までは 自分が夢の世界の 住人だって 思いたくなくてさ……
      「だって そんなの いつか 消えそうで いやじゃんか。
      「けど こうして 現実の 自分にもどっても ちゃ~んと これまでのこと おぼえてるぜ!
      「夢のオレも 消えなかったってわけさ。
      「だから おまえも 現実の身体を さがそうぜ!
      「まあ そのまえに ムドーを たおさなきゃ いけねえだろうけどな。
  「さあ 行こうぜ!  】

・ハッサン「さっさと ムドーを倒して いっしょに (主人公)の 実体を さがしに 行こうな!
・ミレーユ「いろいろ 思うところが あるだろうけど いまは ひたすら ムドー打倒のことを 考えてね!
・チャモロ「いまのは いったい!? 私には まだよく りかい できていません……。

○へルビーストと戦闘後
(見逃し)


●3F:魔物「うん? たしか お前たちは ムドーさまが その心を 夢の世界に 封じこめたはず!
      「いつまでも 夢を見てれば よいものを! バカなやつめ!
(戦闘)
・ハッサン「はっは! 夢は いつか さめるってことを 思い知ったか!
・ミレーユ「これから 私たちは 明るい未来の 夢を見るのよ。
・チャモロ「それでは ムドーのもとに いきましょうか。


○3F扉前
【 ミレーユ「待って!
      「このトビラの むこうには たぶん 魔王ムドーが まちかまえているはずよ。
チャモロ「うわさでは ムドーは あやしげな じゅつを つかうそうです。
ハッサン「ムドーのやつめ! 今度は 前のようには ゆかないぜっ!
ミレーユ「ついに ここまで もどってきましたね。
    「思えば あの日いらい ずいぶんと 長い夢を みさせられた気がします。
    「しかし 夢の世界での 経験は けっして ムダでは なかったはず!
    「さあ ゆきましょう!  】

・ハッサン「よし 行くぞ!
・ミレーユ「さあ ゆきましょう!
・チャモロ「では まいりましょう!


○扉に入る
【 ハッサン「だ だめだ……! これじゃ あのときのように……!
ミレーユ「きゃっ!
チャモロ「うわっ!
(ムドーの術でうかせられる)
ムドー「わっはっはっはっ。
   「お前たちのような 虫ケラが なん度 来ようとも この私を たおすことなど できぬ!
   「再び 石となり 永遠の時を 悔やむが よい!
(消滅後 暗転)
ターニア「お おにいちゃん! だいじょうぶっ!?
(ターニア宅に)
    「もう びっくり させないでよ。 とつぜん ベッドから おちるんだもん。
    「ねえ おにいちゃん ちょっと 来て。
    「きれいな鏡よね。 これ おにいちゃんが 持っていたのよ。
    「ほら 私が うつってるわ。 でも どうしてかしら? 鏡のなかの私 元気なさそう……。
    「おにいちゃんも 見てみる?
>いいえ
    「そんなこと いわないで おにいちゃんも 見てみて。
(主人公)は ターニアの肩ごしに 鏡を のぞきこんだ!
(ラーの鏡がかがやき、再びムドー城)
ムドー「わっはっはっはっ! ラーの鏡を 持っていたとはな! 同じ手は きかぬか……。
   「よろしい。 それほどまでに この私を たおしたいと いうなら
   「夢よりも はるかに おそろしい 現実というものを 見せてやろう。
   「いでよ! わがしもべたち!

○下ムドー一戦目終了後
【 ムドー「なぜだ……!? こんな虫ケラどもに この私が やられてしまうとは……。
     「わが名は ムドー。 世界を われら魔族のものに まだ ほろびるわけには ゆかぬ!
     「ぬおおおー! かっー!
     「さあ 来るがよい! 私の本当の おそろしさを 見せてやろう。

------------------------------
○下ムドー撃破後
【 ムドー「こ こ こんな はずでは……
(ムドーが消滅し、なぞの光)
(死亡者がいた場合) なんと ○○が 生き返った!
どこからともなく ふしぎな声が 聞こえる……。

がんばりましたね (主人公)。 あなたたちの おかげで ムドーは ほろびさりました。
さあ ゆきなさい。 みなが あなたたちの帰りを 待っていることでしょう。

(下レイドック城へ)
レイドック王「まさか あのムドーを 本当に たおしてくるとは……。
      「このたびの そなたたちの はたらき まことに みごとで あったぞ!
      「これで この世界にも 平和が おとずれるであろう。 すべては そなたらの おかげじゃ。
      「この国の王として いや この世界の住人として 心から 礼をいうぞ!
      「そして これは わしからの 心ばかりの贈り物じゃ。 受け取ってくれるな?
>いいえ
      「まあ そう えんりょせずとも よいぞ。 さあ うけとれい。
(主人公)は いかずちのつえを もらった! (?)
      「これからも 世のため ひとのため ますますの 活躍を 期待しておるぞ!
      「さて……。 わしの話は これで おわりじゃが……
      「わしの妻シェーラが (主人公と) ふたりで 話したいそうじゃ。
      「ほかの者は わるいが 席を はずしてくれぬか。
ミレーユ「それじゃ 私たちは 下の階で 待っているから。
ハッサン「じゃあ あとでな (主人公)。
(仲間が下の階へ)
シェーラ「さあ (主人公) こちらへ。 】

レイドック王「どうした? 話があるのは わしじゃなくて となりにいるシェーラじゃぞ。

(話を聞く前に部屋を出ようとする)
まだ シェーラ王妃の話を 聞いていない……。

☆シェーラに話しかける
【 シェーラ「もっと よく 顔を見せて……。 やはり (主人公)王子ですね。 ずいぶんと たくましくなって……。
      「こんなことを 言っても 今のあなたには なんのことだか わからないかもしれません。
      「しかし あなたは きっと わたしたちの息子。
      「いえ ただしくは わたしたちの息子が 見ている夢 なのでしょう。
      「だから わたしたちの知っている (主人公)とは すこし感じが ちがうのかもしれませんね。 
      「そして もし それが本当なら この世界のどこかに あなたの 本物の身体が あるはずです。
      「そう あのハッサンという者が そうであったように……。
      「(主人公) ごめんなさいね。 このような めでたい日に 言いたくはないのですが……
(二回目以降)「魔王ムドーが ほろび 本当に 平和がおとずれたなら……
      「なぜ あなたは…… あなたの 現実の身体は もどって来ないのでしょう。
      「そのことが どうしても 私には 引っかかるのです。
      「どうか (主人公) 世界のどこかにいる あなた自身を 見つけてください。
      「今のあなたは 仮の姿。 本当の自分自身となってもどることを 私たちは 待っています。 】

・ハッサン「そうだな (主人公)。 今度は おまえの 身体を 見つけなくっちゃな!
・ミレーユ「王妃さまは 本当に (主人公)のことを 思っていらっしゃるのね。
・バーバラ「細かいことは ともかく きっと この人が (主人公)の お母さんなのね。
・チャモロ「ムドーが 倒れたいまも まだすべてが 解決したわけでは ないのかもしれませんね。
◎アモス 「レイドック城の 王妃さまは とっても おキレイな方ですね。
     「失礼ながら 私の母を 思い出しちゃいましたよ!

○シェーラと会話後のレイドック王
レイドック王「シェーラの話は わしには よく わからぬが 気をつけて ゆくのじゃぞ。
      「魔王ムドーがたおれ 世界が平和に なったとはいえ 生き残っている まものもいよう。
      「それらをすべて 退治したとき さらなる 平和が おとずれるのかもしれぬが。
      「あせることはない。 そなたらのおかげで 世界は 平和にむかって歩みはじめたのじゃ。
      「その世界を 自分たちの目で たしかめてくるのも よいことであろう。
      「気をつけて ゆくのじゃぞ。

・ハッサン「オレたちも 気をひきしめて いこうぜ!
・ミレーユ「私も 旅をしながら 自分の いきかたを 探してみようかしら……。
・バーバラ「はーい いってきまーす。
・チャモロ「この やさしそうな王さまが 夢の世界では ムドーだったとは 何か 信じられませんね。
◎アモス 「いや それにしても レイドック王に おめどおりが できるなんて おそれおおいですね!


☆会話後下の階
ハッサン「話は終わったのか (主人公)。 バーバラは 馬車にもどって 待っているそうだ。
    「さあ 行こうぜ!

・ハッサン「そういえば さっき 王さまから もらった いかずちのつえ……
     「たたかいの時に使うと ものすごい効果が あると どこかで 聞いたことがあるぜ。
     「こんど チャンスが あったら ためしてみような!
・ミレーユ「もう 王さまたちとの お話はいいの?
・チャモロ「さあ それでは まいりましょうか。
    
★下レイドック城(ムドー撃破後)
●3F:メイド「見れば見るほど (主人公)さまは 王子さまに そっくりですわ。

・ハッサン「もうひとりの (主人公)…… はやく実物にも 会ってみたいぜ。
・ミレーユ「なんども まちがえられたものね。
・バーバラ「ふーん……。
・チャモロ「ぎゃくに 完全に そっくりでは ないらしい点が 興味ぶかいですね。
◎アモス 「私も そのひとに会えば (主人公)さんと 同じひとだと すぐ わかりますかね。


●3F:左兵士「あなたちこそ 世界を救った まことの勇者です! ありがとうございました!
  
・ハッサン「おう! 兵士の みんなも がんばってな!
・ミレーユ「どういたしまして。
・バーバラ「え あたしも?
・チャモロ「おつかれさまです。
◎アモス 「いやその 私は わりと最近 仲間に 加わったばかりでして……。


●3F:学者「おかしな夢を 見ました……。
      「魔王ムドーが たおされたおかげで 伝説のダーマ神殿が 復活したという夢なのです。
      「しかし 調べさせたところ 神殿は ほろびたまま。 あの夢は いったい……。

・ハッサン「まあ 夢は 夢だからなあ。
・ミレーユ「わかったわ! 夢の世界で ダーマ神殿が 復活したと いうことよね。
・バーバラ「ダーマ神殿が 復活した? 行ってみたいー!
・チャモロ「ひょっとすると あちらの世界の出来事を 夢で見たのでしょうか?
◎アモス 「あれ? 私たち 行きませんでしたっけ? ダーマ神殿。


●3F:右兵士「ゲント族の長老さまより 連絡が 入っています。
       「神の船は (主人公)さまたちが 自由に使ってよい とのことです。
       「神の船は ここから ずっと東の 海岸に とめてあるそうですよ。


・ハッサン「やったな! あの 船さえあれば これからも 好きなところに 行けるぜ!
・ミレーユ「神の船が あれば この世界を あちこち 航海できるわね。
・バーバラ「神の船は ずっと東に行った 海岸だって! 早く 行ってみようよ!
・チャモロ「おじいさま……。 いつも 感謝しています。


●2F奥部屋:詩人「魔王ムドーが たおされたと知り 人びとの よろこぶ声が この窓からも聞こえてきそうです。
         「どうも ありがとうございました!

・ハッサン「国中の みんなが よろこんでくれてる ってことだろ? オレたちも うれしいよな!
・ミレーユ「すてきな歌にして のちの時代まで 伝えてくださいね。
・バーバラ「ありがとう!
・チャモロ「私も感じます。 国じゅうの みなさんの よろこびの ざわめきを……。
◎アモス 「まだまだ お城の中では よろこびの よいんが 続いているようですね。


●2F奥部屋:右兵士「おお! あなたがたでしたか! まさか あのムドーを たおされるとは。
          「いやはや 感服いたしましたぞ。

・ハッサン「こんな ほめられると ちょっと てれるぜ!
・ミレーユ「おそらく だれも 私たちが ムドーを 倒すなんて 思ってなかったでしょうね。
・バーバラ「ありがと…… でも カンプクって なあに?
・チャモロ「礼儀正しい かたですね。
◎アモス 「いやー 私は そのあとで 仲間に 加えてもらっただけでして……。


●2F奥部屋:上兵士「今となっては おそいが 私も ムドー討ばつの旅に おともしたかったですぞ

・ハッサン「オレたちだけで 手柄たてちまって ごめんな!
・ミレーユ「お城を 守るのも 大切な お仕事よ。 しっかり がんばってね。
・バーバラ「いさましいのねえ……。
・チャモロ「このお城は 勇かんな 兵士が とても 多いようですね
◎アモス 「できれば 私も おともしたかったです!


●2F奥部屋:左兵士「ああ トム兵士長! もし あのかたが いたら この日を どんなに よろこんだことでしょう。

・ハッサン「できれば どこかで 生きていてくれると いいんだが……。
・ミレーユ「トム兵士長……。
・バーバラ「誰のこと? ごめんね あたしは 会ったことないよね?
・チャモロ「その人には いつか また 出会えるような 気がします。
◎アモス 「トム兵士長…… さぞかし りっぱなかた だったみたいですね。


●2F手前部屋:兵士「せっかく 王と王妃さまが めざめ 魔王ムドーも たおされたというのに 王子さまは まだ もどられません。
          「いったい 王子さまは どこに……。

・ハッサン「どこに いるのか 半分なら 知ってるけどな……。
・ミレーユ「もうひとりの (主人公)……。 きっとどこかで 生きてるはずよね。
・バーバラ「早く てがかりを みつけなくっちゃ!
・チャモロ「(主人公)さんの 自分探しの旅…… いよいよ はじまりですね。
◎アモス 「もうひとりの (主人公)さんって 名前も おなじ (主人公)さん なんでしょうかね。


●1F入り口:左兵士「やや! あなたがたはっ! どうも ありがとうございました。

・ハッサン「おう! 兵士の みんなも がんばってな!
・ミレーユ「こんにちは。
・バーバラ「はい どうも!
・チャモロ「どういたしまして。
◎アモス 「おじゃま しております!


●1F入り口:右兵士「あなたがたのせいで トム兵士長は……。
          「しかし その あなたがたが ムドーを たおしてしまうとは……。
          「いったい よろこんでいいのか かなしんでいいのか……。 正直 ふくざつな心境です。

・ハッサン「……。
・ミレーユ「……。
・バーバラ「言われるほうも ふくざつだよね……。
・チャモロ「ふむう……。
◎アモス 「えーと ごめんなさい くわしい いきさつは 私には わかりませんです……。


●中庭:女の子「おにいちゃんたちが 魔王ムドーを たおしたの?
>はい
       「わあ! すごいなあ!

・ハッサン「これからも 応援してくれよな!
・ミレーユ「おねえさんたち これからも がんばるわね。
・バーバラ「えへへ すごいでしょ。
・チャモロ「こどもたちの 笑顔は たたかいの疲れを いやしてくれますね。
◎アモス 「私は そのころ まだ ごいっしょしてませんが…… ま いいか。

>いいえ
       「じゃあ だれが たおしたの? やっぱり いなくなってる この城の王子さま? だよねっ!

・ハッサン「そうだとも いえるような いえないような。
・ミレーユ「むずかしい 質問ね……。
・バーバラ「王子さま かあ……。
・チャモロ「(主人公)さんも 王子のような そうでないような ふくざつな 立場ですね……。
◎アモス 「ムドーを たおしたのは ここに いる みなさんですよ!


●厨房:コック「へへ! 世界が平和になったんだ! 今夜は とびっきりの ごちそうを つくらねえとなっ。

・ハッサン「とびっきりの ごちそうか。 うーん… そうぞう しちまうぜ。
・ミレーユ「やるき まんまんね!
・バーバラ「話を 聞いてたら おなか すいてきちゃった……。
・チャモロ「いつか 味見させて ほしいですね。
◎アモス 「私は 好きキライ ないですから!


●地下牢:兵士「キケンですから あまり囚人に ちかづかないように して下さい。


●地下牢:囚人「デヘヘ 聞いたぜ! あのムドーが やられたってな。
       「これで この城が おそわれることも なくなったし 安心して 牢に はいっていられるってわけだ。
       「ホント あんたたちには 感謝してるぜっ。

・ハッサン「へんなヤツから 感謝されちまったぜ。
・ミレーユ「囚人さん よかったわね…… っていうのも なんかヘンだし……。
・バーバラ「へんなの! この人 牢から 出たいとは 思ってないのね。
・チャモロ「ま 感謝のコトバとして すなおに うけとめましょう
◎アモス 「国が しあわせだと 囚人まで しあわせ…… というわけですね。 いやはや。


●城前:兵士「ここは レイドック城だ。
      「やや! あなたがたはっ! ささ おとおりください。

・ハッサン「よっ! おつかれさん!
・ミレーユ「いつも ありがとう。
・バーバラ「こんちは!
・チャモロ「ごくろうさまです。
◎アモス 「どもー!

○移動後 「どうか お気をつけて。

------------------------------------
★下レイドック城下町(ムドー撃破後)
(道具屋内のおじいさんは未記入)

●道具屋前:男の子「わーい! ムドーが たおされたよ! 平和になったよ わーい!

・ハッサン「うん うん よかったな!
・ミレーユ「とっても うれしそうね。
・バーバラ「おおよろこびね! オトナも こどもも みんな いままで つらかったものね。
・チャモロ「よかったね ぼうや。
◎アモス 「あとから 加わった 私まで なんだか ほこらしいです。


●机横:男性「もしや あなたがたは ムドーを たおしたひとたち ではっ!? あ ありがとうございました!

・ハッサン「いやいや なんの なんの!
・ミレーユ「どういたしまして。
・バーバラ「うれしくて うれしくて 元気いっぱい って感じね。
・チャモロ「これほど 感謝されて 私は しあわせ者です。
◎アモス 「あなたがたって 私は その場には いなかったんですけどね……。


●看板前:おばさん「魔王ムドー 退治させる ……だって!
         「これで 平和な時代が来るんだね。 わたしゃ 今まで 生きてきて こんな うれしい日は ないよ。

・ハッサン「さっそく しらせが ここにも 掲示されたんだな。
・ミレーユ「よかったわね おばさん。
・バーバラ「誰が 倒したかまでは 書いてないのね。 ま いいか。
・チャモロ「まあ やるべきことは まだまだ 多いようですが よろこんでいただけて 幸いです。
◎アモス 「私も うれしいです! うっ…うっ……。


●中央:荒くれ「おい! 聞いてくれよ! ついに 魔王ムドーが たおされたんだとっ!

・ハッサン「へーえ 誰が たおしたんだろうなあ。 知ってるか? (主人公)。
・ミレーユ「うふっ 大ニュースよね。
・バーバラ「おじさん そんなに 大声出さなくても 聞こえてるわよ……。
・チャモロ「とっくに 知ってました……とは 答えにくいですね。
◎アモス 「あっ はい! 私ちゃんと 聞いてますから。


●井戸横:女性「ねえ 知ってる? 前に この城下町に ニセ者の 王子さま一味が きたんだけどね。
       「なんでも ムドーをたおしたのは そのひとたち らしいわよ。 ウソみたいな話よねえ。

・ハッサン「(主人公)は よくも わるくも すっかり有名人だな!
・ミレーユ「ニセ者一味 ……って ちょっと 傷つく いわれかたね。
・バーバラ「えへへ。 メンバーは 微妙に ちがうんだけどね。
・チャモロ「ムドーは たおしましたが ニセ者では ありません。
◎アモス 「えっ!? ムドーを たおしたのは ニセ者の一味だったんですか!?


●北西民家:おばあさん「ムドーが退治されたというのに うちの じいさんは ねてばかりじゃ。
           「どこかの神殿にいる夢をみると 言うておったが あやしいもんじゃわい。

・ハッサン「そうだ! ダーマ神殿を 調べに 行かなくっちゃな!
・ミレーユ「きっと おじいさんの 言っていることは 本当ね。
・バーバラ「おじいちゃん 信用ないんだ……。
・チャモロ「おじいさんが ねているのは 別に ムドーのせいでは ないのでは……。
◎アモス 「この おうちは どう見ても 神殿には 見えないですものねえ……。


●北西民家:おじいさん「ムニャムニャ……。 わしは やっぱり まものマスターより ピチピチギャルに なりたいのう……。

・ハッサン「夢の世界で ピチピチギャルに あったら 気をつけようぜ……。
・ミレーユ「この おじいさんは いま 夢の世界に いるのね。
・バーバラ「いくらなんでも ピチピチギャルは ムリがあるでしょ おじいちゃん……。
・チャモロ「べつに 悪い病気というわけでは なさそうですね。
◎アモス 「私も ねているときと 食べているときが いちばん しあわせですね!


●西:男性「あははっ ゆかい ゆかい!
     「王と王妃さまの病気は なおる。 大臣のゲバンは お城を出てゆく。 おまけに ムドーも たおされる。
     「でも こんな いい事ばかりが つづくと いきなり ドカンと……。 いやいや これは考えすぎですね。

・ハッサン「いい事は たくさん あったほうが いいんだぜ!
・ミレーユ「いい事が 続くと かえって心配になる気持ちって 私にも わかるわ。
・バーバラ「いま そこまで 心配しても しかたないんじゃないの?
・チャモロ「まだ これからも いい事が さらに続くように したいですね。
◎アモス 「いきなり ドカンと!? いやー ありえますよね! こわい こわい。


●西民家:おじいさん「世の中が せっかく平和になったのに トム兵士長は もう もどってこん。
          (以下、以前と同じ)

・ハッサン「たしかに トムより ソルディのほうが いさましい感じだよな。
・ミレーユ「トム兵士長の 夢のすがた……。
・バーバラ「えっ つまり トム兵士長が 夢の中では ソルディ……?
・チャモロ「トム兵士長の夢は ソルディという名の 兵士になること……ふーむ。
◎アモス 「兵隊ごっこ ですか。 なつかしいなあ。
     「私も よくやりましたよ。 いつも まものの役でしたけどね。


●西民家:おばあさん「生きてるうちに 平和な世の中になるとは 夢にも 思わんかったよ。
          「ほんに ありがたいことじゃて。

・ハッサン「ああ 夢みたいだけど ホントに おきたことだぜ!
・ミレーユ「おばあさん これからも 安心して 長生きしてくださいね。
・バーバラ「ほんとに よかったよね!
・チャモロ「長生きの ためには 世界平和が いちばんの 薬ですよね。
◎アモス 「こんなに はやく 平和な世の中になるとは 私も 思いませんでした!


●教会:シスター「魔王ムドーは ほろびさり 世界は 日に日に 平和を とりもどしてゆくことでしょう。
        「あなたがたは 神がつかわせた 救世主なのかもしれませんね。

・ハッサン「救世主とか いわれると さすがに ちょっと てれるよな。
・ミレーユ「ありがとう シスター。
・バーバラ「救世主かあ……。 なれるといいんだけど。
・チャモロ「そうなれるように がんばりたいですね。
◎アモス 「私も 町の英雄 くらいなら 言われたこと ありますが それでも テレくさかったです!


●宿屋2F:商人「ありがとうございました! これで 安心して いろんな所に 商売に 行けます!

・ハッサン「あんたも 道中 気をつけてな!
・ミレーユ「いってらっしゃい。 まものに 気をつけてね。
・バーバラ「いまの世の中では 旅の商売も たいへんよね。
・チャモロ「わたしの ふるさと ゲントの村にも ぜひどうぞ。
◎アモス 「もし モンストルに 立ち寄ったときには 安くしてあげてください!
スポンサーサイト
DQ6セリフ集 | 16:12:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。