■プロフィール

スティア・SPI

Author:スティア・SPI
どうも、スティアといいます。
SPIというのは昔使っていたHNです。
年齢 20代です。体内環境はry
性別 男
ゲーム 主にRPG。ドラクエ FF ポケモン マリオRPG系 テイルズ はそこそこやりました。

ドラクエはスラもり、バトルロード、携帯のものは未経験です。2は未クリアで売却orz
FFは大体が借りるor中古でプレイしました。
テイルズは半分ぐらいやった程度です。
やりこみ度は低いです。 


※ないとは思いますが、無断転載禁止です。


一応pixiv入ってます。

PIXIV
だいたいの絵はブログにも置いてあります。




お絵かきチャット

Twitter

ゲームプレイ記のページ

絵置き場 2/27up

ドラクエ6DS セリフ集(途中)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドラクエ6DSセリフ集 上ムドー撃破後下の世界 レイドック城まで
ネタバレ注意

○上ムドー撃破後の下フィールド
・サンマリーノ
・下レイドック城下町
★下レイドック城





○上ムドー撃破後下フィールド
・ハッサン「ババッと ルーラで レイドック城まで ひとっ飛び ってのも ありだな。
・ハッサン「よーし (主人公)! レイドック城へ いそぐぜ!!

・ミレーユ「レイドック城に行って ことの 真相を たしかめないとね!
・ミレーユ「王さまと 王妃さまから お話を 聞けば いろいろと わかるかも しれないわね。

・バーバラ「王さまの くれる ごほうびって なんだろうねー。 ワクワク!
・バーバラ「レイドック城が ふたつも あるから 話が ややこしいんだよね。

-----------------------------------------
★サンマリーノ(上レイドックイベント後)
●教会:シスター「ずっと ねむりつづけていた レイドック城の 王と王妃が ついに めざめられたそうです。
        「うわさでは おふたりとも 夢の世界を さまよっていたとか。 ふしぎなことも あるものですね。

・ハッサン「そっか! 本当に 目ざめたんだな!
・ミレーユ「今度こそ 王さまたちに お会いできるわね。
・バーバラ「夢の世界の ムドーを たおしたから 目ざめたのかな。


●中央建物:兵士「レイドック城の 王と王妃さまは 夢の世界を さまよっていたらしい。
        「しかし ついに おふたりとも めざめられたのだ! いや めでたい!

・ハッサン「オレたちが その 夢の世界の 住人だぜ! っていっても 信じないだろうな。
・ミレーユ「夢の世界のことが かなり ウワサに なってるみたいね。
・バーバラ「ずっと ねてたのは やっぱり ムドーの のろいだったのかな。


●中央建物:アマンダ「あ~あ 私も そろそろ 新しく 好きなひとを さがさないとね。
          「だって 好きなひとが だれも いないなんて さびしいもんね。

・ハッサン「この女の 恋人になっても いつ きらわれて 毒をもられるか わかったもんじゃないぜ……。
・ミレーユ「好きな人が いないのは さびしいものね。
・バーバラ「あたしはね 頭がよくて ちから持ちの人が 好きだなー。


●宿屋2F:女性「いつまでも ブラブラできないし そろそろ はたらかないとね。
       「きめたわ! あたし ぱふぱふ屋を するわ!
       「でも ぱふぱふって どうやって つくるのかしら……。

・ハッサン「いや… それって つくるもんじゃないだろ……。
・ミレーユ「私は よく知らないわ。
・バーバラ「ねえねえ! ぱふぱふって なーに? あたしにも つくれるの?


●中央建物:男性「いやな 町長は いなくなったし レイドック城の 王と王妃さまの 病気も なおったっていうし……。
        「いいことっていうのは つづくもんだな。 あんたも そう思うだろ?
>はい
        「でもさ。 いい気になってると そのうち ひどいめに あうぞ。

・ハッサン「もう 魔王ムドーが いなくなったんだ。 すこしは いいことも つづくさ!
・ミレーユ「自分の 幸運を 信じられない ひとは かわいそうね。
・バーバラ「この人 ギャンブルで ひどい目に あったんじゃない?

>いいえ
        「あんた ひねくれものだね。 もっと すなおに ならないと きらわれるぜ。

・ハッサン「お前が ひねくれものだろ!
・ミレーユ「この人 ぜんぜん すなおじゃ なさそうね……。
・バーバラ「こんな人に きらわれたって へいきだよ!   


●中央建物2F:おばさん「なんだか 最近は 武器を 買いにくるひとが ふえたみたいたいだよ。
           「王さまが めざめたっていうし いよいよ 魔王ムドーと 決戦かねえ。

・ハッサン「夢の世界の ムドーは いなくなったし……
     「レイドック王が 目ざめたなら そりゃあ 今度は 現実のムドーと 決戦だよな!
・ミレーユ「早く 武器のいらない 平和な 世界が 来ると いいのだけれど。
・バーバラ「ムドーとの決戦は 近いような 気がするね。 


●中央建物2F:男の子「ねえ? 夢の世界って ホントにあると 思う?
>はい
           「だったら 行ってみたいなあ。

・ハッサン「いい子に してたら そのうち 連れてって やってもいいぞ ぼうず。
・ミレーユ「夢と現実。 どちらが 楽しいか わからないものね。
・バーバラ「いちばん かんたんに 夢の世界に 行く方法は まぶたを とじることだよ!

>いいえ
           「なーんだ。 つまんないの。

・ハッサン「あると思う って言うより 本当に あるんだもんな。
・ミレーユ「夢は 見ているだけが 楽しいかもしれないわよ。
・バーバラ「最近 夢だか現実だか 自分で わからなくなるときが あるんだよね……。


●中央建物2F:おばあさん「こっくり こっくり。

・ハッサン「この ばあさん 夢では どんなことを しているんだろうな。
・ミレーユ「いい夢を 見てると いいんだけど。
・バーバラ「よく ねむってるね。


●中央:おじいさん「あんた 聞いたかね!? レイドック城の 王と王妃さまの ご病気が なおったそうじゃぞ!

・ハッサン「夢の世界の ムドーを たおしたから 下のレイドック王が 目ざめたんだな!
・ミレーユ「よかった! 長いねむりから さめたのね。
・バーバラ「みんなは 病気だと 思ってたんだね。


●西:兵士「よかった! 王と王妃さまが なおられて 本当に よかった!

・ハッサン「オレたちも 早いとこ 王さまに 会いに 行かなくちゃな。
・ミレーユ「どうする? レイドック城へは 船で行く? 急ぐならルーラね。
・バーバラ「この 兵隊さん 泣いてる みたいだよ。


●船着場2F:戦士「王妃さまの名前は シェーラ。 とても 美しいひとらしいぞ。

・ハッサン「たしかに 若いころは きれいだったろうなあ。
・ミレーユ「私は 王妃さまみたいに いつまでも きれいで いたいわ。
・バーバラ「ねえねえ あたしと どっちが 美人かな。


●船着場2F:女性「レイドックにいけば 元気な 王と王妃さまの お顔が 見られるかもしれないって!

・ハッサン「レイドック王は どこに行っても 人気者だな。
・ミレーユ「私たちも そろそろ レイドックに 向かいましょうか。
・バーバラ「あたしも 元気な 王さまと 王妃さまに 会ってみたいな!


●倉庫西:船乗り「今頃 レイドック城は おまつりさわぎ なのかなあ。 ちくしょう いってみたいぜ!

・ハッサン「まつりは いいよな! 何ていうか こう 血がさわぐんだよな!
・ミレーユ「おまつりさわぎ? 何か レイドック城の ウワサが 入ったのかしら。
・バーバラ「あたしも おまつり 大好き!


●倉庫東:船乗り「レイドック城が 大丈夫なら ここの定期船も 大丈夫さ。 もう 失業の心配は ないね。

・ハッサン「よかったな。 これからも がんばれよ!
・ミレーユ「でもまだ 海には たくさんの まものが いるから 航海は 気をつけてね。
・バーバラ「この人 見かけによらず すっごい きん肉だね! おもい物を 運んでるからかな。


●倉庫内:船乗り「さあて はやく 運ばないと 船が 出ちゃうぞ!

・ハッサン「これだけの 荷物を 運べば そうとう カラダが きたえられるぜ!
・ミレーユ「きっと この荷物を レイドックの人たちが 待っているのね。
・バーバラ「こんなに 荷物つんだら お船が しずんじゃうんじゃない?

--------------------------------------
○レイドック東の船着場
農夫「こうみえても おらあ 漁師なんだ。
  「漁師だけど ねむってるときは 城の大臣なんだ。 なかなか いい夢だろ。

・ハッサン「むむっ! いったい どこの 大臣なんだ……?
・ミレーユ「いい夢なら たくさん 見たほうがいいわよ。
・バーバラ「あたしはね いつも 夢では お姫さまだな。

---------------------------------------
★下レイドック城下町(上レイドックイベント後)
・ハッサン「おおっ! なんだか にぎやかな 雰囲気が 伝わってくるぞ!
・ミレーユ「どこからともなく 人びとの よろこびの声が 聞こえてくるようだわ。
・バーバラ「ねえ 見て! 町の人たちの 顔が みんな ニコニコだよ!


●北東:男の子「わーい 王さまの病気が なおったよ。 わーい。

・ハッサン「ああ めでたいぜ!
・ミレーユ「みんな 大よろこびね。
・バーバラ「わーい!


●北:男の子「ボクの父ちゃん トム兵士長と 仲がよかったんだ。
      「トム兵士長は 本当に いいひと だったのにって 父ちゃんは 言ってたよ。

・ハッサン「ああ そうさ ぼうず。 トム兵士長は いい人だったぜ!
・ミレーユ「トム兵士長……。
・バーバラ「あたしも トム兵士長さんに 会いたかったなあ。


●北の机横:男性「王さまと 王妃さまは 長い間 夢の世界を さまよっていたとか。 ふしぎなことも あるものですね。

・ハッサン「オレたちに とっちゃ ふしぎでも なんでも ないけどな。
・ミレーユ「そう。 世の中は ふしぎなこと だらけなのよね。
・バーバラ「ねえねえ。 早く お城に 行って 王さまに 会ってみようよ!


●北看板前:おばさん「えーと なになに 王子に似た男の情報を どんなことでも お城まで…… か。
          「これって 前に やってきた ニセ王子のことかねえ。
          「おや そういえば あんたも 王子さまに似てるよ。 でも まさかねえ……。

・ハッサン「王子さま さがしって まさか……。
・ミレーユ「(主人公)は レイドック城の 王子さまに 似てるのよね。 うふふ。
・バーバラ「えっ? (主人公)が……?


●井戸横:女性「ねえねえ 聞いてよ。 王さまの病気がなおる すこし前に ニセ王子が あらわれたんだけど……
       「その ニセモノの王子を こんどは 王さまが さがしているんですって。

・ハッサン「ありゃ? ニセ王子を さがしてる?
     「それって もしかしたら ヤバいんじゃないか?
・ミレーユ「なぜ いまごろ ニセ王子を さがしているのかしら。
・バーバラ「ニセ王子ー! 会ってみたいー!


●北西民家:おばあさん「王さまも 王妃さまも 深い ねむりから 解放されたようじゃ。
           「おふたりとも ご無事で よろこばしい かぎりじゃよ。

・ハッサン「もう これからは ねても ひとばんで おきるから 安心だな。
・ミレーユ「やっと 王さまが 目ざめたのですもの。 みんな うれしいわよね。
・バーバラ「あれ? ねぞうの悪い おばさんがいるのは ここじゃなかたっけ。


●西:男性「わっはっはっはっ。 ゆかい ゆかい!
     「王さまが 目ざめられたら 大臣のゲバンは お城を 出ていっちゃいましたよ。
     「これで トム兵士長も うかばれるって もんですよ。

・ハッサン「レイドック王が めざめたのも よかったが ゲバンが出て行ったのは もっと よかったぜ!
・ミレーユ「やはり 王さまは お目ざめに なっていたのね。
・バーバラ「ゲバンってひと この城の 大臣なの?


●西民家:おじいさん「トム兵士長も きっと 元気になられた王と王妃さまの お顔を 見たかったじゃろうに……。
          「わしは あのトムを 小さい頃から 知ってるけど トムという 自分の名前を イヤがってな……。
          「ソルディなんて いさましい名を かってにつけて よく 兵隊ごっこを しておったのう。

・バーバラ「たしかに トムよりは ソルディのほうが カッコいいかも!


●宿屋2F:商人「王と王妃さまが 病気になったり 王子さまが いなくなったり この国も たいへんでした。
       「しかし 王さまが元気になられた今 あとは 王子さまの帰りを 待つばかりですな。 さてと……
       (以下道具屋

・ハッサン「レイドック城の 王子さまか オレには ちょっとばかり 心あたりが あるけどな。
・ミレーユ「レイドック城の王子さま。 いったい いまどこで 何を しているのかしらね。 うふふ。
・バーバラ「ホント この国は 大変だったんだね。


●教会:シスター「この国の 王と王妃さまが ついに 目ざめられました。
        「おふたりとも 長い長い夢を 見ていたそうです。
        「もしかすると 魔王ムドーに まやかしの呪いを かけられていたのでしょうか。

・ハッサン「まあ そんなところだな。
・ミレーユ「すべての 元凶は 魔王ムドー。
     「夢の世界の ムドーは いなくなったけど まだ 終わったわけではないわ。
・バーバラ「王さまたちって どのくらい 寝ていたのかなあ。


●中央:荒くれ「おい! 知ってるかっ!? ついに 王と王妃さまが 目ざめられたぜっ!
       「つうことは ご病気も なおったって ことだな。 いや~ めでてえなあ おい!

・ハッサン「みんなが こんなに よろこんでくれて よかったな。
・ミレーユ「長いねむり だったものね。
・バーバラ「だねっ! めでてえ~よね!

-------------------------------
★下レイドック城(上レイドックイベント後)
○入り口の兵士と会話
【 兵士「やや! お前たちは この前の ニセ王子と その仲間! そうであったな?】
>いいえ
「なんだ ちがうのか。 これは 失礼つかまつった。

【 >はい
    「やはり! 待っておったぞ! さあ こっちへ来い!
左兵士「そ その者たちは ニセ王子の! そうか つかまえたのかっ!
右兵士「お前たちのせいで トム兵士長は トム兵士長は……。 うくくく。
(牢屋に連れて行かれる)
兵士「さあ 入るんだ!
(牢に入れられる)
  「お前たちのことは わが王が じきじきに 調べたいらしい。
  「それまで そこで 王子をかたった 罪の重さを 思い知ることだな!
隣の囚人「よお! おとなりさん 聞こえてるか? おたくたちかい ニセの王子に なりすましたってヤツラは。
    「しかし バカだね。 わざわざ つかまりに もどってくるとはな。 】

・ハッサン「バカとは なんだ バカとは!!
・ミレーユ「それにしても へんね。 今ごろになって つかまえるなんて。
・バーバラ「えええーっ!? ひょっとして ニセ王子って (主人公)の ことだったのー!
     「さすがの あたしも ビックリだわよ!

(しばらくすると兵士登場)
【 兵士「た たいへん失礼しました! 牢に入れたのは まちがいでした!
    「王さまに あなたの事を話したら なんとしても つれてまいれ! ち さけんだものですから てっきり。
    「そう てっきり…… おいかりに なられてと 思いまして それで……
    「ともかく わが王が おまちです! さあ どうか こちらへ!
(王の間へ)
レイドック王「なにやら 部下に ふてぎわが あったようだが ゆるしてほしい。
      「ふむ そなたたちか ニセの王子を かたった者は……。 たしかに わが息子に似ているな。
      「そして 夢のなかで わしを 助けてくれた者にも……。    
      「ずばり 聞こう!
 (※1) 「王妃とともに ムドーとなった わしの前に あらわれたのは そなたたちじゃな?
>いいえ
      「いや。 本当のことを 言ってくれても かまわんぞ。
      (※1へもどる)

>はい
      「おお やはりっ! すると あれは 夢であって 夢ではなかった ということか。
      「ふーむ……。 どうして あんなことに なってしまったんじゃろう。
(過去の回想)
      「あの日 わしは 魔王ムドーとの 決戦にのぞみ 船で ヤツの居城へと 向かった。
      「しかし とつぜん ふしぎな空間が 出現して……
(王さま倒れる)
      「そのあと どうやって 城まで 戻ってきたのか おぼえては おらぬ。
      「気づいたとき わしは…… わしは……
      「わしは…… 魔王ムドーだったのじゃ!
(回想終了)
      「わしを あの悪夢から 救ってくれた そなたたちには 感謝のことばも ない。
      「もし そなたたちが 来てくれなかったら わしは あのまま 魔王ムドーとして……
      「夢の世界の住人たちを 苦しめつづけたであろう。 心から 礼をいうぞ。
      「……すまん。 まだ 気分が すぐれんようじゃ。 すこし 外の空気を すってくる。
      「たのみが ある。 あとで 外に 来てくれ……。 】

・ハッサン「レイドック王も (主人公)のことを 息子に似てる って 言ってたな。
・ミレーユ「王様は (主人公)に 何か お話が あるんじゃない?
・バーバラ「ふ~ん。 王さまも たいへんだったんだね。


○王の間でのイベントの後、外にいる王様と会話
【 レイドック王「来てくれたか。 わざわざ すまんな。 話というのは ほかでもない。
        「魔王ムドーのことだ。 そなたたちの おかげで 夢の世界のムドーは もう いない。
        「しかし こちらの世界の ムドーは 日増しに 強大な存在と なっているようなのだ。
        「このままにしておけば やがて世界は ムドーの手に おちてしまうだろう。
        「しかし 今なら まだ 間に合うはず!
        「おねがいじゃ。 わしに かわって ムドー討ばつに 行ってもらえないだろうか?
        「夢と現実 ふたつの世界を 行き来できる そなたたちなら まやかしにも たえられるはずじゃ。
        「たのむっ! このとおりじゃ!
>はい
        「そうかっ! そなたたちなら きっとひきうけて くれると 信じていたぞっ!
        「ところで じつは この城には…… もう船は ないんじゃ。
        「じゃが 心配はいらんぞ。 そなたらは ゲント族という民族を 知っておるか?
>はい、いいえ(?)
        「彼らは 神の使いとされ 彼らの神殿には 神の船と呼ばれる 船が まつられているのじゃ。
        「ここに わしの書いた 紹介状がある。 これを見せれば きっと船を かしてくれるじゃろう。
主人公は 王の書状を ふくろに 入れた!
(二回目はここから)「ゲント族の村は ここより 北の山のなか。
        「北の山に はいる関所を そなたたちのために ひらかせよう。 気をつけて ゆくのじゃぞ。

・ハッサン「ゲント族の 神の船か! なんだか すごいことに なってきそうだな!
・ミレーユ「ぜんは急げね。 北の関所に 向かいましょう!
・バーバラ「ゲント族って こわい人たちじゃ ないよね? 神の使いって 言ってたもんね。

(最初の選択肢)>いいえ
  レイドック王「そうか……。 やはり 気がすすまぬか……。
        「あい わかった! 無理には たのまぬ。
        「もし 行ってくれるなら そなたたちのために 船を手配する つもりじゃったが ざんねんじゃ。
        「さあ ゆくがよい。 わしは ここで べつの方法を 考えることにしよう。

・ハッサン「おいおい (主人公) なにを 言ってるんだよ! 本気じゃ ないだろうな。
・ミレーユ「(主人公)には なにか 考えが あるのかしら?
・バーバラ「えっ なに? 王さまの たのみを ことわっちゃう つもりなの!?

○断ったあと会話
レイドック王「うん どうしたのだ? わしに まだ なにか用なのか?
      「もしや 気がかわって ムドー討ばつに 行ってくれる気に なったのではっ!?
(この選択肢後の会話は↑の選択肢後と同じ)



●3F:メイド「ポン ポン……と! よし これで おフトンの とりかえ おわり!
       「これからは おふたりには 気持ちよく ねむって いただかなくっちゃね!

・ハッサン「いままでは シーツを かえるのも 大変だったろうなあ。
・ミレーユ「お城に みんなも これからは 働きがいがあって いいわね!
・バーバラ「フカフカの おフトン! 気持ち よさそうだねー。


●3F:左兵士「王さまが ムドーだったとか いったい なんの話なのか……。 さっぱり わかりませんです。

・ハッサン「わからなくて いいと思うぞ うん。
・ミレーユ「わかっていることは まだ これから 本当のムドーを 倒さなければならないってことね。
・バーバラ「ここの 王さまが 現実の世界の 魔王ムドーに 夢の世界で 別のムドーにされたの。
     「……。 あってるよね?


●3F:シェーラ「キズつき たおれた わが夫 レイドックが 城に はこびこまれた あの夜……
        「私は 夢を見ました。 現実と同じく 魔王ムドーが 民を 苦しめている夢です。
        「でも そのムドーからは なにかを 感じたのです。
        「今 思えば それは レイドックの 悲しみの心 だったのかも しれません。
        「そのときから 私の心も 夢の世界へ 行ってしまった ようなのです。
        「なぜ その世界で 私が レイドック王になったのか それは わかりませんが……。
        「夫 レイドックを 救えたことを 神に感謝します。
        「もちろん あなたにもですよ。 (主人公)……。

・ハッサン「む… むずかしい話だが まあ 王さまを 救えて よかったよな。
・ミレーユ「王さまを 助けるために 王妃さまは 夢の世界で レイドック王になったんだわ。
     「きっと ふかい愛で 結ばれているから 夢の中でも お二人の心が 通じたのね。
・バーバラ「夫婦の 愛って すごいなあ……。

○2回目以降
シェーラ「(主人公)……。 あなたは 本当は 私たちの……
    「いえ。 なんでも ありません。 気をつけて ゆくのですよ。

・ハッサン「本当は…… って まさか…… なあ?
・ミレーユ「……。
・バーバラ「本当は 私たちの……?


●3F:学者「王や王妃の話からすると そなたたちは もしかして 夢の世界の住人!?
      「いやいや そんなはずは……。
      「もし そうであれば 現実の世界にいる われわれには そなたらの姿が 見えないはず。
      「そうであろう?
>はい
      「ふーむ……。 やっぱりな。

>いいえ
      「ふーむ……。 そんなことが あるのだろうか。 わからんわい。

(はい、いいえ 同じ)
・ハッサン「あまり むずかしく 考えすぎないほうが いいと 思うぜ。
・ミレーユ「夢の世界が あるなんて 信じられるはず ないかもね。
・バーバラ「あたしにも よく わからないよ。


●3F:右兵士「王さまと王妃さまの ご病気が なおられて こんな うれしいことは ありません!
       「あとは 王子さまの お帰りを 待つばかりなのですが……。

・ハッサン「王さまが 目ざめたから まずは この国も 安心だよな。
・ミレーユ「大丈夫。 きっと 王子さまも どこかで 無事で いるはずです。
・バーバラ「ホンモノの 王子さまは どこにいるんだろうね。


●2F奥部屋階段付近:兵士「レイドック王なら すこし風にあたると 申されて 外に出てゆかれましたが。

・ハッサン「よし 行ってみようぜ。
・ミレーユ「王さまから お話を 聞いたほうが いいわよ。
・バーバラ「大丈夫かな。 まだ 気分が 悪いのかな。


●2F奥部屋:詩人「王さまが 言うように 夢の世界が 本当に あるのなら 行ってみたいものですね。
         「そこには この私と同じ しかし 別の私がいて 今の私とは ちがう生活を しているのかも……。
         「もうひとりの自分と 会って 話してみたいと 思いませんか?
>はい
         「そうでしょうとも! しかし そんなことが 本当に できるのでしょうか……。

・ハッサン「できるかどうかは やってみないとな!
・ミレーユ「もうひとりの自分。 どんな かしらね。
・バーバラ「会ってみたいけど ちょっと こわいような 気もするなあ。

>いいえ
         「そうですか……。 夢のないひとですね。

・ハッサン「へへ。 夢はあるぜ。 なにしろ オレたち そのものが 夢なんだからな。
・ミレーユ「あら (主人公)は もうひとりの 自分に 会ってみたくないの?
・バーバラ「あたしは 夢なら いっぱいあるよ! えっとね……。
     「……あれ? なんでだろ…… 忘れちゃったみたい……。


●2F奥部屋:右兵士「だめだ! やはり船がないと ムドーの島には たどりつけないぞ!
          「しかし 船だと 多くの兵士を はこべないし また あんなことに なってしまったら。 ふーむ。

・ハッサン「そうか 船か! う~ん……。 そりゃ 困ったな。
・ミレーユ「どこかに 大きな船が あったかしら……。 定期船という わけにもいかないし。
・バーバラ「船じゃないと ムドーのところに 行けないのかな。


●2F奥部屋:上兵士「やや! 聞きましたぞ! 王さまが 元気になられたのは あなたがたの おかげだとか。
          「どういう いきさつかは知りませぬが ありがとうございましたっ!

・ハッサン「いやいやいや。 兵士として とうぜんのことを したまでだぜ!
・ミレーユ「私たちよりも 王妃さまの 愛のおかげかも しれないわね。
・バーバラ「いきさつは むずかしくて あたしにも 説明できないな。


●2F奥部屋:左兵士「王と王妃さまが めざめられて 兵士たちの士気も あがっています!
          「いまなら ムドーをたおせる気が するのですが どうして 王は 命令をださないのでしょうか……。

・ハッサン「ただ おおぜいで行っても ムドーを 倒すことは できない。 また 同じ目に あうだけだろう。
・ミレーユ「みんなの 気持ちは レイドック王も わかっているはず。 でもね……。
・バーバラ「気持ちだけじゃ ムドーには 勝てないのよ!


●2F手前部屋:兵士「王さまに お会いになりましたか?
>はい
          「王さまは ああして ずっと 海の空を ながめています。
          「いったい なにを お考えなのでしょうか……。

・ハッサン「まあ 天気を 気にしている わけじゃないだろうな。 
・ミレーユ「そうね……。 世界の平和を ねがって いらっしゃるんじゃないかしら。
・バーバラ「きっと みんなの 幸せのことだよ!

>いいえ
          「王さまは そこを左に出た所に いらっしゃいます。

・ハッサン「ああ サンキュー!
・ミレーユ「ご親切に どうも ありがとう。
・バーバラ「ありがとう!


●1F階段横:左兵士「もし 王のめざめが 今すこし はやければ トム兵士長も 死なずに すんだものを……。

・ハッサン「なんてこった…… トム兵士長が……。
・ミレーユ「……。
・バーバラ「……。


●1F階段横:右兵士「わかっている。 おぬしたちは すこしも わるくはないだろう。
          「しかし おぬしたちを 王子さまと まちがえた トム兵士長は その責任をとらされて……。
          「大臣ゲバンの命により 辺境の地へ。 そこで まものどもと戦い めいよの死を とげたそうだ……。

・ハッサン「ムドーを たおして トム兵士長の たむけにしようぜ!
・ミレーユ「トム兵士長 お気のどくに……。
・バーバラ「ゲバンって やっぱり やなヤツだったんだ!


●1F北東:おじいさん「うーむ 夢について……の本 夢についての本……と。
           「そんな本 あったかのう……。

・ハッサン「その本には 夢の世界のことも 書いてあるのかな。
・ミレーユ「ちょっと きょうみ ぶかいわね。
・バーバラ「へえ。 いろんな本が あるんだね。


●中庭:女の子「ここの お庭は キレイでしょ?
       「たくさんの お花を見ていると こわい町の外の ことなんか わすれてしまうのよ。

・ハッサン「オレは 花の名前は よく知らないが きれいな花は 大好きだぜ。
・ミレーユ「そうね。 こわいことは 忘れましょ!
・バーバラ「ホント きれいだね。 思わず 見とれちゃうな。


●厨房:コック「王さまが 起きたんだよ! うれしいねえ。
       「やっぱり とんがらしが きいたんだなっ!

・ハッサン「ホントに 飲ませたのかよ……。
・ミレーユ「王さま ねたままで 大丈夫だったのかしら……。
・バーバラ「からいの きらーい!


●地下牢:兵士「王子さまに そっくりの (主人公)どのが 王と王妃の 目を覚まされるとは……。
       「やはり なにか ふかい つながりが あるように 思えてなりません。

・ハッサン「へえ。 なかなか ふかうことを 言うなあ!
・ミレーユ「どのぐらい 似ているのか ふたりを ならべてみたいわね。 うふふ。
・バーバラ「ホンモノの 王子さまって どこに いるんだろうね。


●地下牢:囚人「おいおい 聞いたか? トム兵士長が まものに やられたってよ!
       「いいやつほど 早死にするって話は 本当だな。

・ハッサン「くそっ! まったくだぜ……。
・ミレーユ「トム兵士長……。
・バーバラ「じゃあ ゲバンは 長生きするってことだね!


●入り口:兵士「ここは レイドック城だ。
       「ん? おぬしたちは……。 ささ 通るがよい。

・ハッサン「おお サンキュー!
・ミレーユ「いつも ごくろうさま。
・バーバラ「ただいま~!

○門から移動したあと
兵士「どうか お気をつけて。

・ハッサン「かならず いい知らせを 持ってくるから まっててくれ!
・ミレーユ「さあ 出発ね。
・バーバラ「行ってきま~す!

@下レイドック城下町(王様からゲントの村の話を聞く前)
・ハッサン「いつまでも ここにいても しかたがない。 とっとと ムドーを たおしにいこうぜ!
     「……とは 言ったものの ムドーのところには どうやって 行くんだ?

・ミレーユ「王さまと 王妃さまが めざめられて 町の人も 本当に うれしそうだわ。
     「そういえば 王さまが お話があるって 言っていなかったかしら?
・ミレーユ「人びとが 本当に わらって くらすためには ムドーを たおさなくては いけないわね。

・バーバラ「もっと みんばが ニコニコするように こっちの ムドーも やっつけなくちゃだよね!
     「でも こっちのムドーって どこに いるのかな?

○下レイドック城下町(王様からゲントの村の話を聞いたあと)
・ハッサン「いつまでも ここにいても しかたがない。 とっとと ムドーを たおしにいこうぜ!
・ミレーユ「人びとが 本当に わらって くらすためには ムドーを たおさなくては いけないわね。
・バーバラ「もっと みんばが ニコニコするように こっちの ムドーも やっつけなくちゃだよね!

-----------------------------------------------
○王の書状入手後の下フィールド
・ハッサン「ゲントの 村…… 関所の 兵士は レイドック城の ずっと北だと いっていたな。
・ミレーユ「神の使い ゲント族…… どんな 人たち なのかしら。
・バーバラ「神の船って いったい どんな船かな……。 ちょっと 楽しみ!

----------------------------------------------
★レイドック北の関所
●下兵士「レイドック王より すでに 伝令を うけています。 どうか お気をつけて。

・ハッサン「くうう~っ! また 新たな土地での たたかいが はじまるぜ!
・ミレーユ「ありがとう。 気をつけて 行きますね。
・バーバラ「ゲントの村を  めざさなくっちゃ!


●上兵士「ここから北に出て 東の川ぞいを 北へのぼった 山奥に……
    「ゲント族とよばれる 人びとが 住んでいる村が あるんだ。
    「なんでも 自分たちを 神の使いだと 信じているそうで けっこう気むずかしい連中だぞ。

・ハッサン「神の使い ゲント族……。 どんな 連中なのか 早いこと 会ってみたいぜ!
・ミレーユ「東の 川ぞいを 北に のぼって行けば ゲント族の 村があるのね。  
・バーバラ「ああ… ゲント族って やっぱり 気むずかしいんだ。 大丈夫かな……。

-------------------------------
@グランマーズの館(王の書状入手後?
グランマーズ「おや よくきたね (先頭の名前?)。
「それで 旅の ちょうしは どうだい?
>はい(汎用セリフへ)

>いいえ
「ほう……。 船が見える! ゲントの村より 神の船が 出港することじゃろう。
「まあ 今日のところは ここで ゆっくり おやすみ。 話は また明日にしよう。
(翌朝)
「いいかい (先頭の名前)。 わしに できるのは 夢占いで 見えたことを おしえるだけじゃ。
「旅のゆき先は (主人公)が 自分で 切りひらくしかないんだよ。
「さあ おゆき。 わしは いつでも ここにいるからのう。

・ハッサン「ばあさんに いわれなくたって いつだって 自分で すすむ道は 自分で 切りひらくぜ!
・ミレーユ「おばあちゃん 私たちを 見まもっていてね!
・バーバラ「それにしても 夢占いって すごいねー。
スポンサーサイト
DQ6セリフ集 | 16:24:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。