■プロフィール

スティア・SPI

Author:スティア・SPI
どうも、スティアといいます。
SPIというのは昔使っていたHNです。
年齢 20代です。体内環境はry
性別 男
ゲーム 主にRPG。ドラクエ FF ポケモン マリオRPG系 テイルズ はそこそこやりました。

ドラクエはスラもり、バトルロード、携帯のものは未経験です。2は未クリアで売却orz
FFは大体が借りるor中古でプレイしました。
テイルズは半分ぐらいやった程度です。
やりこみ度は低いです。 


※ないとは思いますが、無断転載禁止です。


一応pixiv入ってます。

PIXIV
だいたいの絵はブログにも置いてあります。




お絵かきチャット

Twitter

ゲームプレイ記のページ

絵置き場 2/27up

ドラクエ6DS セリフ集(途中)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドラクエ6DSセリフ集 上ムドー撃破の上の世界
ネタバレ注意


○ムドー撃破後のフィールド
・レイドック南東の関所
・レイドック城下町
★レイドック城
○レイドック城イベント後のフィールド


○上ムドー撃破後 フィールド 
・ハッサン「やった やったぜー! ムドーを 倒したぜ! ……って よく わからないんだけどよ。
・ハッサン「なには ともあれ 大いそぎで レイドック城に もどろうぜ!

・ミレーユ「本当に ムドーは レイドック王だったのね……。 ちょっと おどろきだわ。
・ミレーユ「先に 行ってしまった 王さまと ソルディ兵士長さんたちは もう お城で 待ってるのかしら。

・バーバラ「あたしさあ……。 何が どうなってるんだか よく わかってないんだ。
「でも まあ (主人公)たちと いっしょにいれば 楽しいから いいや。
・バーバラ「ねえねえ レイドック城って まだだっけー。

---------------------------------------------
★レイドック南東の関所(上ムドー撃破後?)
神父 「見てのとおり 私は旅の神父です。 こんな私に できることと いったら……。

・ハッサン「神父さま ひとりを ここに 残すのは 心配だぜ。
「といって いっしょに 連れて行けば もっと危険な目に あわせることになるしな……。
・ミレーユ「ここに 神父さまが いてくださるだけで 安心だわ。
「でも くれぐれも まものに おそわれないように 気をつけてくださいね!
・バーバラ「ここで 冒険の記録が できるのって うれしいよね!

---------------------------------------------
@下 マーズの館

グランマーズ「おや よくきたね (先頭の名前)。
「それで 旅の ちょうしは どうだい?
>はい、いいえ
「ふむ! レイドック城へ 行けば ほうびが もらえるらしいのう。
「レイドック城は お前さんたちの世界と この世界の ふたつの世界にある。
「両方の 世界の レイドック城を たずねてみることじゃ。
「まあ 今日のところは ここで ゆっくり おやすみ。 話は また明日にしよう。
(翌朝)
「前に話した 若き国王が 治める レイドック城のことだがね。
「お前さん なにか 心当たりが あるんじゃないか?
>はい、いいえ
「ああ 答えんでええ! わしは 夢占い師。 人から教えは うけんシュギなのじゃよ。
ハッサン「まったく ガンコな ばあさんだぜ。
グランマーズ「ほっほっほ。

・ハッサン「いつまでも ばあさんと 遊んでいないで レイドック城に いこうぜ!
・ミレーユ「さあ (主人公) ふたつの世界の レイドック城に 行ってみましょう。
・バーバラ「ハッサンと おばあちゃん ケンカするほど 仲がいいんだね!

(下レイドックはまだ変更なし)

--------------------------------------------
★上レイドック(上ムドー撃破後)
・ハッサン「あれ? なんだか ふつうに しずかだな。
     「今ごろ ムドー打倒で お祭りムード かと思ったのにな。
     「あっ お祭りムドー…… なんてういう シャレじゃ ないからな!
・ミレーユ「王さまや 兵士長から ムドー打倒の 知らせを聞いて 大さわぎかと 思ったけど……。
・バーバラ「あれー? 魔王が いなくなったのに 盛りあがってないみたいだね。


●北の机横:女性「魔王ムドーを たおしてきた? それが ホントなら すごーく うれしいけどね。
        「たぶん 夢でも 見たんでしょ。 あ~あ はやく 平和な世の中に ならないかなあ。

・ハッサン「気もちは わかるけどよ。 もう少し 人の言うことを 信じたほうが いいと思うぜ……。 
・ミレーユ「夢も 希望もない お答えだこと。
・バーバラ「まあ 夢って言えば 夢なんだけどね……。


●北:おじいさん「わしは ここに 立ちつづけて どのぐらいに なるかのう。
        「さすがに あしこしが つかれてきたわい。

・ハッサン「いつからか 忘れるほど 立ちつづける…… しゅぎょうだったら ちょっと カッコいいんじゃねえか?
・ミレーユ「無理しないでね おじいさん。
・バーバラ「少しは 休まないと 足が むくんじゃうよ。


●北西民家:おばさん「ムニャムニャ……。 え? レイドック王のご病気が なおったっ!? ぐうぐう……。

・ハッサン「ん? なんの話だ。 ただの夢か?
・ミレーユ「ああっ そういうこと!?
・バーバラ「ここの レイドック王って 病気だったっけ?


●西:商人「王さまは 本当に ムドー討ばつに 行ったんですかね。
     「今回だけは どうも ちがう気が するんですよ。 へんだなあ。

・ハッサン「ムドー討ばつに行った…… というか なんというか……。 説明しようったって 無理だな。
・ミレーユ「ええ。 王さまは ムドー討ばつに いらしたわよ。
・バーバラ「行ったには 行ったけど ちょんと王さまに 見えたかどうかは 何にも 言えないところね……。


●西民家:男性「最近 どうも 物忘れが ひどくなってきたような……。
       「自分は もう老人なんじゃないかって そんなことまで 思ってしまいます。 どうしたんじゃろうなあ……。

・ハッサン「人間は そう思っていると 本当に そうなっちまうぞ。
・ミレーユ「そう思うだけの 理由が きっと どこかに あるんだわね。
・バーバラ「なんか ことばまで おじいさんっぽく なってるよ……。


●西民家:女性「うちのひと どうも へんなの。 私まで 本当は おばあさんじゃ ないかって……。 いやだわ。

・ハッサン「もしかしたら あっちの レイドックでは じいさん ばあさんだったか……。
・ミレーユ「夢と現実。 どこかで つながって いるものなのね。
・バーバラ「気にしない 気にしない! せっかく 若返ってるんだから。


●南西:男の子「ぼくね 大きくなったら 兵隊さんに なって 王さまの おともを するんだ。
       「はやく 大きくならないかなあ。

・ハッサン「えらいぞ ぼうず。 いっぱい食べて 大きくなれよ!
・ミレーユ「たのもしい ぼうやね。 はやく 大きくなりたいって 神さまに お願いしてみたら?
・バーバラ「あたしは 子供に もどりたいよ!


●教会:おじいさん「王さまと ムドーの戦いは どうなったんじゃろうなあ。
         「もう そろそろ 決着が ついているころじゃと 思うがのう……。

・ハッサン「へんだな……。 ムドー打倒の 知らせは とどいていないのか?
・ミレーユ「ソルディ兵士長さんが みんなに 伝えていると 思ったけど……。
・バーバラ「なんで ムドーのこと 知らないんだろう。 へんだね。


●南東:犬「わん わんわん!

・ハッサン「ムドーが 倒れたのが イヌにも わかるのかもな!
・ミレーユ「ワンちゃん こんにちは!
・バーバラ「この ワンちゃん 人なつっこそうな 顔してるね。

-------------------------------------
★上レイドック城(上ムドー撃破後)
●入り口兵士:ここは レイドック城だ。 やや そなたたちか。 ささ 通るがよい。


●北東:学者「いったい なにが あったんじゃ? ソルディ兵士長は なにやら 様子が おかしかったし……。
      「とつぜん 王のあとを追うと 出かけてしまって 結局 なにも 聞けなかったわい。

・ハッサン「なにが あったのかは あとで ちょくせつ 兵士長に 聞いてくれ。
・ミレーユ「ちょっと ひとことでは 説明しきれないわね。
・バーバラ「やっぱり 王さまたち まだ 帰ってきてないんじゃない?   
     「ごほうび くれるって 言ってたのになあ。


●中庭:おじいさん「ん? お前さんたちか。 王といっしょに 出かけたと 思っとったが ちがっとったか。

・ハッサン「どうも みんなの 話しっぷりだと まだ ムドーのことは 知らないみたいだな。
・ミレーユ「なんだか 王さまも 帰っていないような そんな 感じね。
・バーバラ「ふつうなら もう ムドー打倒の ウワサが 伝わってる はずなのに……。


●厨房:男性「おそいよなあ 王さま……。 まさか ムドーに やられてしまったんじゃ……。

・ハッサン「いや そんなことは ないんだけどな……。
・ミレーユ「ムドーに やられては いないけれど……。 どこに 行ったのかしら……。
・バーバラ「王さま ゆくえ不明!?


●厨房:おばさん「王さまが 帰ってくるまでに いっぱい いっぱい おいしい物を つくっておかなきゃね!

・ハッサン「おお いいね! そうしてやってくれ!
・ミレーユ「みんな 王さまの 帰りを まっているようね。
・バーバラ「王さま 早く 帰ってこないかなあ……。


●地下牢:兵士「囚人が バカなことを 言っているようですが 気にしないでください。

・ハッサン「ああ 気にしやしないさ。
・ミレーユ「大丈夫よ。
・バーバラ「どんな バカ言ってるのか 聞きたいー!


●地下牢:囚人「もう おしめえだよ! 王さまは まだ もどって 来ないって いうじゃないか!
       「今度こそ 魔王 ムドーに やられてしまったんだよ!

・ハッサン「あのまま 帰ってこなきゃ だれだって そう思うだろうな。 しかし どこに 行ったんだ?
・ミレーユ「王さまたちのことが ちょっと心配に なってきたわ……。 どちゅうで 何かあったのかしら。
・バーバラ「おしめえ じゃないもん! やられてないもん!


●南西:男性「あなた 知ってますか? レイドック王のあとを追って ソルディさまも 出発したんですよ。

・ハッサン「やっぱり 王さまも ソルディ兵士長も もどっていないんじゃないか?
・ミレーユ「王さまたち どこかに 行っちゃったのかしら……。
・バーバラ「え~? もう とっくに もどって来てて いいはずだよね。


●2F手前部屋:右兵士「ソルディ兵士長と 会わなかったか? 兵士長も おぬしたちが出て すぐ 王のあとを追っていったのだが……。

・ハッサン「まいったな……。
・ミレーユ「やはり 王さまたちは あれから まだ お城には もどっていないんだわ。
・バーバラ「きっと もうすぐ 帰ってくるよ。 大丈夫だよ!


●2F奥部屋:上兵士「どうしたんでしょう。 大臣が なにやら 落ちつかないようす なんです。

・ハッサン「大臣が 心配してる ってことは レイドック王たちは もどってないってことだな。
・ミレーユ「王さまたちが あれから もどっていないなら それは 心配よね。
・バーバラ「あたしも なんだか 心配に なってきちゃったよ。


●2F奥部屋:おばさん「王さまは ムドーに負けないよね。 ぜったいに 勝ってくるよね。 ああ もう 気が気じゃないよ。

・ハッサン「おばさん 落ちつけよ。 レイドック王が 負けるはずないさ。
・ミレーユ「大丈夫ですよ。 王さまは ぜったいに 勝ちますよ。
・バーバラ「みんな 本気で 心配してるね。 困ったね。


○大臣と会話
【 大臣「おお おぬしたち! やっと もどったかっ! して あの女性と兵士長は?
>はい、いいえ
    「なんと! 女性と兵士長は 先に城に もどったはずだと!? しかし もどっては おらぬぞ!
    「え? なに? それより ムドーは やはり レイドック王だったと?
>はい、いいえ
    「どうしたというのだっ! おぬしたちの いっていることは さっぱり わからんわい!
    「まあ よい。 先にもどったと いうのなら どこかで 行きちがいに なったのかもしれぬ。
    「ともかく 待つことにしよう。 おぬしたちも ゆっくり 休みがよい。

若きレイドック王は ラーの鏡(かがみ)で シェーラという女性に 姿をかえ……
魔王ムドーも また ラーの鏡で もうひとりの レイドック王に……
そして トムとよばれるソルディ兵士長。 いったい 3人は どこに行って しまったのか……。
王たちの帰りを待つ大臣の 眠れぬ 長い夜が 明けた……。

大臣「ど どうしたと いうのだ……。 これほど待っても いまだ もどってこぬとは……。
  「おお そうじゃ! おぬしたち もう いっぺん さがしてくてくれぬか?
  「城の者たちには このこと いましばらく ないしょに しておこうぞ。
ハッサン「まったく……。 どうなっているんだか……。
    「ほうびをやるから あとで 城に来い なんて 言っておいてよ。
    「それで どこかに 行っちゃうとは オレたちを バカにしてるとは思わねえか?
>はい
    「ほんと そうだよなあ。
バーバラ「シーーーーッ! ちょっと あんた 声が大きいわよっ! 大臣さんに 聞こえるでしょ。

>いいえ
    「なんだよ (主人公) なにか言いたそうだな。
    「まっ おひとよしの おまえのことだから 腹をたてたりは してないんだろうさ。】

その後の大臣との会話は
大臣「ど どうしたと いうのだ……。 これほど待っても いまだ もどってこぬとは……。
  「おお そうじゃ! おぬしたち もう いっぺん さがしてくてくれぬか?
  「城の者たちには このこと いましばらく ないしょに しておこうぞ。


○階段を降りたあと(2F)
【 バーバラ「わかったわ! あの時 王さまは 城に来いって 言ったわよねっ!
      「あれは べつに ウソじゃないんだよ。 だから 城に行けば いいのよ!
      「ねっ! (主人公)。 もう わかったでしょ?
>はい
      「さすが (主人公)だわ。 じゃあ あとは まかせたからね。

>いいえ
      「もう しょうがないわねえ。 お城は お城でも ここでは なかったのよ。
      「ここ以外に もうひとつ レイドック城が あるでしょ。 さあ 行こう (主人公)! 】

・ハッサン「なんだ そうか! やっと オレにも わかったぜ。
     「だったら 最初から ハッキリ そう言ってくれれば よかったのにな!
・ミレーユ「そういうことね。 さあ もうひとつの レイドック城に いそぎましょう!
・バーバラ「王さまが 城に来いと 言ったのは ここじゃなくて 別の世界の レイドック城よ!
     「さあ 行こう (主人公)!

○イベント後のフィールド
・ハッサン「くっそー。 あっち行ったり こっち行ったり まどろっこしいな!
・ハッサン「なには ともあれ 下の世界の レイドック城に 行かなきゃな!

・ミレーユ「ムドーの居城から 去った 王さまと 王妃さまは 下のレイドック城に いるのね。

・バーバラ「えへへ。 あたしにしては めずらしく ひらめいちゃったよね!
     「あの時の 王さまは 下の世界の レイドック王 だったんだね!
・バーバラ「ねえねえ。 下の世界の レイドック城って どうやって 行くんだっけ。
スポンサーサイト
DQ6セリフ集 | 15:48:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。