■プロフィール

スティア・SPI

Author:スティア・SPI
どうも、スティアといいます。
SPIというのは昔使っていたHNです。
年齢 20代です。体内環境はry
性別 男
ゲーム 主にRPG。ドラクエ FF ポケモン マリオRPG系 テイルズ はそこそこやりました。

ドラクエはスラもり、バトルロード、携帯のものは未経験です。2は未クリアで売却orz
FFは大体が借りるor中古でプレイしました。
テイルズは半分ぐらいやった程度です。
やりこみ度は低いです。 


※ないとは思いますが、無断転載禁止です。


一応pixiv入ってます。

PIXIV
だいたいの絵はブログにも置いてあります。




お絵かきチャット

Twitter

ゲームプレイ記のページ

絵置き場 2/27up

ドラクエ6DS セリフ集(途中)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドラクエ6DSセリフ集 ラーの鏡入手後レイドック城~上ムドー撃破
ネタバレ注意

~ラーの鏡を届ける前~

★レイドック城 (上)

~ラーの鏡を届けた後~

・レイドック城 (上)
・レイドック城下町 (上)
○ラーの鏡を届けた後のフィールド
・レイドック北東の関所 (上)
・レイドック南東の関所 (上)
★地底魔城 (上)


★レイドック城
・ハッサン「なんか 久しぶりだぜ!
・ミレーユ「こちらの レイドック城も ステキな お城ね。
・バーバラ「わあっ そばでみると 大きいね!


●入り口:兵士「やや! そなたたちは! よくぞ 無事で もどった。
(移動した後はこの部分のみ)「ソルディ兵士長も そなたたちの 帰りを 首を長くして 待っていたぞ。

・ハッサン「王さまや ソルディ兵士長を すっかり 待たせちまったなあ。
・ミレーユ「さあ 主人公。 みなさん お待ちかねよ。
・バーバラ「わく わく!


●城内入り口:兵士「なんと おぬしたちか! ずいぶん 長い旅だったな。

・ハッサン「いやー ホント 長かったぜ!
・ミレーユ「旅が 長かった分 たくさん苦労も したものね。
・バーバラ「そんなに前に 出発したの?


●北東:学者「魔王ムドーの ことを ご存知か?
>はい
「そうか ムドーのことは 知っておるのか……。
「しかし まぼろしの大地については 知らないだろう。 王は そのことも 研究しているらしいのだ。

>いいえ
「魔王ムドーは この国にも すでに 何度か あらわれた。
「そのつど レイドック王が 戦いを いどんだのじゃが……。
「あと一歩と いうところで いつも けむりのように 消えてしまうのじゃ!
「魔王ムドーは いったい どこから 来るのか どこへ 消えるのか……。
「私には なにも おっしゃらないが レイドック王は なにやら つかんでいる ご様子なのだ。


●中庭:おじいさん「おお お前さんたちか。
「わしは あの馬車が 本当に 役立つ日が 来るのが 待ちどおしいぞ。

・ハッサン「いや じいさん。 馬車は じゅうぶんに 役に 立ってるぜ!
・ミレーユ「馬車ひとすじの おじいさんって この方なのね。
・バーバラ「あたしも 乗せてもらってるよ!


●厨房:男性「もう ずいぶんと前の話ですが 王さまの命令で ラーの鏡を さがしに出たひとたちが います。
「しかし まだ だれひとり 見つけて来たひとが いなくて……。 もう だめなのかも……。
「え? あなたたちが あの時の! そ そうでしたか! おかえりなさいませっ!

・ハッサン「やっぱ オレたち 忘れられて いるようだな……。
・ミレーユ「ラーの鏡は ちゃんと 見つけてきたわよね。
・バーバラ「ただいま! …じゃなくて はじめまして!


●厨房:おばさん「王さまは まったく ねむらずに はたらいているのよ。
「だから えいようの いっぱいある おいしいものを つくらなきゃね。


●牢屋:兵士「ここは 牢獄です。 囚人と 話がしたいなら 牢屋ごしに 話してください。


●牢屋:囚人「もう おしめえだよ!
「もし 魔王が おそってきたら ここに入れられてるオレなんか にげだせないもんなあ。

・ハッサン「安心しな。 魔王が やって来るまえに こっちから 乗り込んでやるさ!
・ミレーユ「魔王が おそってきたら どこにいても 同じだと思うけど……。
・バーバラ「悪いことしたひとは おとなしく ここに いなさい!

●南西:男性「あなた 見ない顔ですね。 え? 会ったことが ある? 前に 志願兵に えらばれた?
「はいはい。 思い出しました。 でも いったい どこまで 行っていたんですか?
「あんまり 見ないものだから すっかり 忘れていましたよ。

・ハッサン「くっ……。 なんか さびしいぜ。
・ミレーユ「本当に 長い時間 旅を してきたんだもの。 しかたないわ。
・バーバラ「あたしのことは 知らなくて とうぜんだね。


●2F手前部屋右:兵士「な なんと! ラーの鏡を 見つけてきただと!?
>はい
「おてがらじゃないかっ! さあ はやく ソルディ兵士長に ご報告をっ!

・ハッサン「よし! ソルディ兵士長に 早く 会いに行こうぜ!
・ミレーユ「そうね。 早く 報告したほうが いいわ。
・バーバラ「行こ 行こ!
>いいえ
「なんだ ウソか。 びっくり させるなよ。


●2F手前部屋左:兵士「ま まさか 主人公と ハッサンではっ!?
>はい
「やはり そうか! とにかく 無事で よかった。 心配してたのだぞ。

・ハッサン「よかった……。 覚えていてくれて」いたんだ。 チクショー! うれしいぜ!
・ミレーユ「ほら。 みんな 待っていてくれたのよ。
・バーバラ「ちゃんと 心配してくれてる人もいて よかったねー。

>いいえ
「そうか ひとちがいか……。 ずいぶん いないもんだから あいつらの顔も わすれたよ。

・バーバラ「ちがわないよ (主人公)だよー!


●2F外:兵士「もうすぐですね。 もうすぐ 王が魔王をたおして 平和が やってくるんです。
「みんなが なんと 言おうと 私は そう信じていますよ。

・ハッサン「おうよ。 オレたちも いるから まちがいないぜ!
・ミレーユ「レイドック王の 信頼は あついのね。
・バーバラ「平和になるには みんなで ムドーを たおさないとね!


●外:男性「なんでも 馬車を引ける馬が 見つかったそうですね。


●2F奥部屋:左兵士「おお (主人公)か。 ずいぶん 長い旅で あったな。
「なに? ラーの鏡を 手に入れただと!?
「バカもの! それならば いっこくも はやく 王さまに ご報告に ゆかぬか!

・ハッサン「さあ 行こうぜ (主人公)!
・ミレーユ「そうね。 きっと 王さまも お待ちかねよ。
・バーバラ「いまから 報告に 行くところでーす!


●2F奥部屋:上兵士「え? ラーの鏡を 見つけてきたんですか! すごいなあ。

・ハッサン「こうやって すなおに ほめられると うれしいぜ!
・ミレーユ「これだけ みんなに ほめられるのも すごいことね。
・バーバラ「えへへ。 みんな ビックリしてるね!


●2F奥部屋:右兵士「どうやら 決戦のときが 近づいているような そんな気が するのだ。
「武器の手入れを 念入りに しなくてはな!


●2F奥部屋:おばさん「おや あんたたち 今まで どこに 行ってたんだい?
「しっかり がんばって レイドックの城や町を まもっておくれよ。

・ハッサン「こうげきは 最大のぼうぎょ! ムドーを ぶっ倒すぜ!
・ミレーユ「みなさん 期待しているようね。



●2F階段前:ソルディ「うん? ハッサン! それに (主人公)では ないか!
「お おぬしたち まさか ラーの鏡をっ!?
>はい
※1「それは まことかっ! でかしたぞ (主人公) ハッサン! さあ いそがしくなるぞ!
「さっそく レイドック王に ご報告せねばっ。 ついて来い!

・ハッサン「よし! オレたちも 上に あがろうぜ!
・ミレーユ「さあ 兵士長さんの あとに 続きましょう!
・バーバラ「いよいよ 王さまに 報告だね!

>いいえ
※2「そうか……。 おぬしたちも やはり だめだったか……。
「ともかく ごくろうであった。 ゆっくりと 休みがよい。

・ハッサン「おい (主人公) 早く ホントのこと 言えってば! なっ?
・ミレーユ「兵士長さんを ガッカリさせたら かわいそうよ。
・バーバラ「ああ じれったい!

○いいえを選択した後
ソルディ「うん? どうした? まだ なにか 用が あるのか?
>いいえ
「であれば 命令があるまで ゆっくりしていて いいぞ。 王には 私から 報告しておこう

>はい
「おかしな者たちだな。 ニヤニヤして いったい なにが あったというのだ。
「お おぬしたち まさか ラーの鏡をっ!?
はいを選択すると※1に いいえを選択すると※2に 


●3F階段付近:兵士「(主人公)どの 話は聞きました。 おてがら でしたな!

・ハッサン「いつだって 人から ほめられるのは いい気分だぜ。
・ミレーユ「うふふ。
・バーバラ「おてがら おてがら!


●3F:左兵士「いったい どこで 鏡を みつけてきたのだ? もう おどろきだな。

・ハッサン「まあ 普通に さがしてたら 絶対に 見つからないと 思うぜ。
・ミレーユ「月鏡の塔…… といっても わからないわよね。
・バーバラ「えへへ。 ナイショ ナイショ!


●3F:中央兵士「新入りに 先をこされるとは 自分が なさけないよ。

・ハッサン「まあ オレたちが すごすぎたんだから ガッカリする 必要はないよな!
・ミレーユ「この兵士さんも きっと がんばったのね。
・バーバラ「あー わかるな。 そういうもんだよね きっと!


●3F:右兵士「よく やったな (主人公)!

・ハッサン「ホント おまえは よく がんばったよ。 オレの次にな!
・ミレーユ「ライバルたち みんなが 祝福して くれているわね。
・バーバラ「ほめてもらって よかったね!


●3F:大臣「いやはや ラーの鏡を 見つけてくるとは いやはや たまげたわい。

・ハッサン「オレたちの ことを みくびって もらっちゃ こまるよな!
・ミレーユ「うふふ。
・バーバラ「いっしょうけんめい がんばったんだよー。


●3F:上兵士「あれほど さがしても みつからなかった鏡なのに 新入りの お前たちが見つけてくるとは。

・ハッサン「あんまり 王さまを 待たしちゃ 悪いんじゃないか?
・ミレーユ「本当に みなさん おどろいて いるようね。
・バーバラ「大穴に 飛びこんだり 高いところに のぼらないと 見つからないんだよねー。


●3F:ソルディ「うん? てれているのか? ともかく お前たちは 本当に よく がんばってくれた。
「さあ はやく レイドック王に ラーの鏡を おわたしするのだ。 王は おまちかねであるぞ。

・ハッサン「け… けっこう ドキドキするものだな……。
・ミレーユ「あれが この世界の レイドック王……。
・バーバラ「ホントだ! 王さま 若いね!

○レイドック王と会話
【レイドック王「ソルディ兵士長よち 今しがた 報告をうけた。
「ついに キミたちが ラーの鏡を 私のもとに 持ちかえってくれたそうだな。
~は レイドック王に ラーの鏡を 差し出した。(←まちがいの可能性あり
「うむ……。 これは まさしく ラーの鏡! 心より 礼をいうぞ。
「この鏡が あれば 魔王ムドーの正体を あばき 戦いの決着が つけられるはず!
「私は そのための 作戦を たてようと思う。
「ついては (主人公) キミたちにも 参加してもらいたい。
「今夜は 2階の 兵士部屋で たいしきてほしい。 さらなるカツヤクを期待するぞ!
「では みなも 決戦に そなえ ゆっくりと 休むように。 解散!

そして 夜が ふけた……。

ハッサン「あ~あ ずいぶん 待たされてるよな。 もう すっかり夜だぜ。
「こんな所で じっとしてたら 身体が なまっち……
ソルディ「(主人公)……。 すまんが ちょっと 上に来てくれるか。
「上で 待っているぞ。】

・ハッサン「上で 何か あったのか? 行ってみようぜ。
・ミレーユ「よくわからないけど 急いだほうが よさそうね。
・バーバラ「いま 兵士長さん…… 困ったような 顔してなかった?

☆イベント中、夜のレイドック城
●2F奥部屋:左兵士「こっくり こっくり……。

・ハッサン「ねてるヤツは いいから さっさと 上に 行こうぜ。
・ミレーユ「今は 兵士長さんの ところに 急ぎましょう。
・バーバラ「兵士さん いねむりしてるよー。


●2F手前部屋外:左兵士「おお (主人公)どの。 今回は おてがらでしたな。
「このあと レイドック王が どんな作戦を たてるのか 楽しみですわい。

・ハッサン「そうか! ついに レイドック王が ムドー討ばつの いい作戦を 思いついたのかも!
・ミレーユ「とにかく 3階の 王の間に 急ぎましょう。
・バーバラ「兵士長さんは こっちじゃ ないよ。


●2F奥部屋:右兵士「どうかしたのか? ソルディ兵士長 ずいぶん あわてていたようだが……。

・ハッサン「そういえば 何となく 落ちつきが なかったかもな。
・ミレーユ「とにかく そこの階段を あがってみましょう。
・バーバラ「早く 行こうよー!


○3階に行き王たちに近づく
【大臣「レ レイドック王! いったい! どうなされたのですっ!?
レイドック王「う…… ううう……。
大臣「くるしいのですか? それとも お声が でなくなったとか……。 レ レイドック王! いったい……。
レイドック王「う… ううう……。
大臣「わ わからん。 いったい どうしたというのだ。
ソルディ「王さま! どうか お気を たしかにっ!】


・ハッサン「なんだ!? 王さまが 苦しんでいるぜ!
・ミレーユ「どうしたのかしら……。
・バーバラ「王さま 病気かな!?


●大臣「わ わからん……。 いったい 王は どうなされたのだろうか……。

・ハッサン「こんな 夜中に どうしたって いうんだろうな。
・ミレーユ「王さまの 顔いろが あまり よくないみたいね。
・バーバラ「王さま 大丈夫かなあ……。


○ソルディ兵士長に話しかける
【ソルディ「来てくれたか (主人公)。 見てのとおりなのだ。
「そなたらが 持って来たのは 本当に ラーの鏡 なのであろうな?
>いいえ(はいも同じ?)
「ともかく 王が 鏡を のぞきこんだとたん このようなことに……。
「いったい レイドック王の おん身に なにが おこって しまったのか……。

レイドック王「わ わたしは……。
ソルディ「ど どうなされましたっ!? レイドック王 お気をたしかに!
レイドック王「ちがう…… 私は…… レイドック……
ソルディ「うわっ!
 
大臣「これは どうしたことか!? 鏡が あのように光って……!
ソルディ「レイドック王!
(ラーの鏡が光り輝く)
ソルディ「な なんとっ!
大臣「レイドック王が 女性の お姿に……。
(女性が倒れる)
ソルディ「むっ! これは いかん。 とにかく ベッドに!

いったい なにが おこったのか……。
レイドック王は 女性の姿に……。 しかし このことは 秘密にされたまま そして 夜が あけた……。

大臣「やや! 気がつかれましたな! ご気分は いかがです? えーと レイドック王……?
ソルディ「レイドック王! なにが どうなったのです!?
「どうして そのように 女性のお姿に……?
女(シェーラ「これが 私の本当の姿。 私はレイドック王ではありません。 シェーラと いいます。
大臣「シェーラ……? はて どこかで 聞いたような。
ソルディ「今は そのことより レイドック王のことをっ!
大臣「おお そうであったな。 では お聞きもうす。
「あなたが 王でないなら この国の王は いったい!?
「それとも この国には もともと 王など いなかったなどと 申されるおつもりか?
シェーラ「そうでは ありません。 本当の レイドック王は ムドーという者の所に います。
「いえ ムドー自身が レイドック その人だと 私は 思います。
大臣「そ そんなバカなっ! だいたい そんなことを なぜ あなたが 知っているのです?
シェーラ「どうしてかは 知りません。 ただ 私には わかるのです。
「おそらく ラーの鏡によって 現実の世界で かつて おきたことが 見えたのかもしれません。
「この世界で 大臣や兵士長に わかっていただくのは むずかしいでしょうが……
「私を 信じてくれますね? トム兵士長?
ソルディ「トム? トムとよびましたね。 しかし 私には ソルディという れっきとした名前が……。
「トム……? だが 妙に 気になる名前だ……。 ど どうしてだろう……。
シェーラ「そこに いるのは (主人公)ですね?
>はい
「ずいぶんと たくましくなって……。
「ともかく 私とともに ムドーの所に 行きましょう。
「そうすれば すべてが はっきりと するはずです!
「私が なぜ この世界で レイドック王に なっていたのかも わかることでしょう。
「さあ 行きましょう。 】
     



・ハッサン「ダメだ! いったい 何がどうなったのか オレには わからないぜ!
・ミレーユ「この 女性は 下の世界で ねむったままの レイドック城の 王妃さま……?
・バーバラ「若い王さまが いなくなっちゃったね……。

☆ラーの鏡を届けた後----------------------------------------------
★レイドック城(上)
●3F:ソルディ「どちらにせよ ムドーのもとへは お前たちに 行ってもらうつもりであった。
「王のことは とりあえず お前たちと ムドー討ばつへ むかったことに しておこう。
「せっかく ラーの鏡を 手に入れたというのに こんなことに なるとは……。
「ことの真相の 報告を 首を長くして まっているぞ!

・ハッサン「よっしゃ! よくわからないが とにかく ムドーを ぶっ倒しに行くぜ!
・ミレーユ「ムドーを 倒せば きっと真実が わかるはず!
・バーバラ「しゅっぱつー!


●3F:大臣「なにが どうなってるのやら さっぱり わからんわい。
「しかし その女性には なにやら さからえぬほどの イゲンを 感じるのだ。
「ムドーの居城は ここより はるか 南東の地。
「東の けわしい山を南にくだり 関所をこえ さらに はるか 東じゃ。

・ハッサン「いよいよ ムドーの居城か。 王さまのことは 気になるが 行くしかないぜ!
・ミレーユ「まずは東の けわしい山を 南にくだった ところにある 関所を めざしましょう。
・バーバラ「場所が わからないときは もう一度 大臣さんに 聞けばいいわ!


●2F奥部屋:おばさん「いよいよ 王さまが 魔王ムドーを たおしに 行くんだってね。
「あんたたちも しっかりと 王さまの 手だすけを しておくれよ。

・ハッサン「おうよ! まかしておいてくれ!
・ミレーユ「はい。 がんばってきますね!
・バーバラ「5人いると にぎやかで 楽しいよね!


●2F奥部屋:右兵士「ソルディ兵士長から 聞いたぞ。 昨夜のうちに レイドック王は ムドー討ばつに むかったと。
「くそ! 私も 行きたかったな!

・ハッサン「今回は オレたちに まかせてくれよな!
・ミレーユ「あなたの分まで がんばってくるから ゆるして くださいね!
・バーバラ「男は ガマン ガマン!


●2F奥部屋:上兵士「ゆうべ 王室で なにか あったのですか? 兵士長が あわてていたみたいですが……。

・ハッサン「コホッ! コホッ! あ いや… なんでもないぜ。 な!
・ミレーユ「ゆうべ急に ムドー討ばつが 決まったから あわてたのかも? うふふ。
・バーバラ「男が 女に なっちゃったんだよー!
「…って 本当のこと言っても だれも 信じないから 大丈夫だね。 えへへ。


●2F奥部屋:左兵士「王が いない間 城や町を 守るのも 兵士の仕事だ。
「王に ついてゆけなくても 私は いじけたり しないぞ。

・ハッサン「あとは まかせたぜ!
・ミレーユ「お城を しっかり まもってくださいね!
・バーバラ「いじけちゃ ダメだよ!


●2F手前部屋:左兵士「うん? おぬしたちは? 王とともに ムドー討ばつに むかったはずでは?
「こんな所で うろうろせず はやく 王のあとを 追わぬか!

・ハッサン「あんたに いわれなくったって おくれは とらないぜ!
・ミレーユ「さあ 東の けわしい山を 南にくだった ところにある 関所を めざしましょう!
・バーバラ「大丈夫! 王さまも いっしょだから!


●2F手前部屋:右兵士「ラーの鏡を 手に入れたら すぐに ムドー討ばつに 出かけてしまうよは……。
「いやはや レイドック王の はたらきぶりには まったく あたまが さがる思いです。

・ハッサン「勝利を 信じて 待っててくれよな!
・ミレーユ「私たちも ともに 戦ってきますね!
・バーバラ「本当は あたしたちと まだ いっしょに いるんだけどね。 えへへ。


●1F入り口:兵士「私は 信じている。 今度こそ 王が 魔王ムドーを たおして 帰ってくることを。
「わがレイドックに 栄光あれ!

・ハッサン「レイドックに 栄光あれ!
・ミレーユ「夢は きっと かないますよ!
・バーバラ「あたしも がんばってくるねー!


●厨房:男性「なんか へんだよなあ。 王さまが 皆に あいさつもせず とつぜん 出かけるなんて。

・ハッサン「うっ……。 ムダに するどいやつだな……。
・ミレーユ「私たちは だまって ムドーの居城へ むかったほうが よさそうね。
・バーバラ「それだけ 急いでいた ってことじゃないかな? えへへ。


●1F南西:男性「あなた 知ってますか? 王さまは ゆうべのうちに 出かけたみたいですよ。
「ラーの鏡を 手に入れたので 何人かの兵士をつれて ムドー討ばつへ むかったと。
「ソルディ兵士長が 今朝 みんなに 言ってましたよ。

・ハッサン「ああ よ~く 知ってるぜ!
・ムレーユ「王さまの ぶじを いのっていてくださいね!
・バーバラ「そうだよ。 そういうことに なってるんだよ。 ね (主人公)。


●入り口:兵士「話は 聞いているぞ。 がんばってこいよ!

・ハッサン「おうよ!
・ミレーユ「それでは 行ってまいります。
・バーバラ「しゅっぱーつ!

---------------------------------------
★レイドック城下町

●看板前:男性「なになに レイドック王 ムドー討ばつに 出発! そうかあっ!

・ハッサン「うんうん。 オレも そう書いてあると 思ったぜ!
・ミレーユ「ソルディ兵士長は おふれも 出したようね。
・バーバラ「この人 感動してるね!


●井戸横:おばさん「王さまが 出かけたってことは 探していた ラーの鏡が みつかったってことだね。
「けど 鏡なんかで 本当に 魔王を 倒せるのかねえ……。

・ハッサン「目をくらますとか ぶつけるとか まあ 使い道は いくらもあると 思うけどな……。
・ミレーユ「大丈夫。 きっと 魔王を たおしてきますから!
・ハッサン「そう言われてみれば そうだよね。 どうやって たおすんだろう……。


●北西民家:おばあさん「どうも 気になるのう。 王さまは ムドー討ばつに 出かけられたそうじゃが……。
「いったい いつ出かけたのか 今回ばかりは まったく 気づかんかったわい。

・ハッサン「まあ 家の中にいたら わからないんじゃないか?
・ミレーユ「ムドーに 気づかれぬため みなさんにも わからないほど そうっと でかけたのでしょう。
・バーバラ「えっとね。 たとえ いっしょにいても 気づかないと思うよ。


●中央:兵士「王は ついに ムドー討ばつに 出かけられたとか。
「ムドーの居城は ここより はるか 南東の地。
「無事に たどりついていることを いのるばかりだ。

・ハッサン「こんど オレたちが 帰るときは ムドーがたおれ 平和になったときだぜ!
・ミレーユ「さあ 私たちも 南東の地にある ムドーの城に 向かいましょう!
・バーバラ「まだ たどりついては いないと思うけど 大丈夫だよ!


●入り口:女性「レイドック王なら きっと 魔王ムドーを たおして 帰ってくるはずよ!

・ハッサン「オレたちも いっしょだからな。 まかしとけ!
・ミレーユ「あなたの 思いは きっと 王さまに とどくわよ。
・バーバラ「こんどこそ ムドーの最期だもんね!


●入り口:兵士「ここは レイドックの城下町だ。 さわぎなど おこさぬようにな。

・ハッサン「言われなくたって わかってるってこった。
・ミレーユ「はい。 わかりましたわ。
・バーバラ「えへへ。 いちばん うしろに いるひと 知ってる~?


●宿屋:バーテン風「今日は 世界一の大金持ち ゲバンさまが お泊まりであります。 どうか そそうの ないように。

・ハッサン「ゲバン……。
・ミレーユ「ゲバン……。
・バーバラ「世界一の大金持ち!? ワクワク! ドキドキ!


●宿屋2F:ゲバン「わっはっはっは。 わしは 世界一の大金持ちじゃ!
「わしから 見れば この国の者は みな 貧乏じゃのう。 わっはっはっは。
「ところで そなたは どこかで 会ったことが あるような……。 まあ いいわい。 わっはっはっ。

・ハッサン「会いたくないヤツに 会っちまった って感じだな……。
・ミレーユ「彼は こっちでは 大金持ちなのね……。
・バーバラ「この人が 大金持ちさん? こういうタイプ きらーい。

-----------------------------------------
○レイドック城ラーの鏡イベント後のフィールド(上)
・ハッサン「よーし! とにかく ムドーを ぶっ倒しに いくぞ!
・ハッサン「おい…… いっしょに ついてきた シェーラって いったい 誰だよ?
「ムドーとの 決戦に 本気で ついてくる気か?

・ミレーユ「いよいよ ムドーとの 決戦だけれども……
「ムドーが レイドック王 だって 言われると ちょっと やる気を そがれるわね。
・ミレーユ「ムドーの 居城は レイドック城の はるか 南東 だったわね。

・バーバラ「ねえねえ ムドーの お城って まだー?
・バーバラ「あたしさあ……。 何が どうなってるんだか よく わかってないんだ。
「でも まあ (主人公)たちと いっしょに ムドーと 戦うからね!

----------------------------------------
★レイドック北東の関所
●下兵士「ふわあ……。 国境のけいびは つかれるわい。

・ハッサン「おいおい。 そんな 気のぬけたような顔で けいびが つとまるのかよ。
・ミレーユ「まあ たしかに ずっと 立っているだけでも つかれるけど……。
・バーバラ「つかれるっていうか ヒマそうだよね ここ。


●上兵士「ぐう ぐう……。

・ハッサン「こっちは寝てるよ。 大丈夫なのか?
・ミレーユ「ねむるのも 仕事のうちかも しれないけど……。
・バーバラ「なんだか ダレきってない? ここ。 まものが来たら やられるよ。

---------------------------------------
★レイドック南東の関所
○上の兵士
・ハッサン「ちっ……。 ひどいことを しやがるぜ。
・ミレーユ「かわいそうに……。
・バーバラ「これも ムドーのせいなら ゆるせないよ……。

○下の兵士
・ハッサン「ふーむ。 これは うしろから おそわれたようだな。
・ミレーユ「どうか 安らかに……。
・バーバラ「くやしかったろうね……。


神父「なんたる むごい死にかたを……。 たぶん まものにでも おそわれたのでしょう。
「見てのとおり 私は旅の神父です。 こんな私に できることと いったら……。
以降定型文

・ハッサン「よし 行くぞ。 こっから先は みんな死ぬ気で かかるんだ。 いいな!
・ミレーユ「神父さま ありがとうございます。 神父さまも お気をつけて。
・バーバラ「ムドー……。 あたし ゆるさないんだから!

---------------------------------------
★地底魔城
○B1
・ハッサン「ここが 魔王の城への 洞くつか? すごい殺気を 感じるぜ。
・ミレーユ「この 洞くつの奥に ムドーがいる……。
「(主人公) 心して かかりましょう!
・バーバラ「この 洞くつ ジメジメして イヤな感じ!

○B4?洞窟内・暗闇の部屋
・ハッサン「みんな 気をつけろよ! 敵さんは どっから おそってくるか わからないからな。
・ミレーユ「みんな 大丈夫? こまめに 回復をね。
・バーバラ「まだ ムドーのところには 着かないかな……。

○トビラ内部
・ハッサン「やけに 重苦しい 空気が ただよってるな……。
・ミレーユ「つねに 自分のじょうたいに 気をはらいながら 進みましょう!
・バーバラ「ここの まものたち かなり 強いね。

○トビラに入り少し進む
【 シェーラ「待ってください
「相手は 仮の姿とはいえ魔王。 この先 どんなワナが 待ちかまえているかもしれません。
「もしもの時のため ラーの鏡は あなたたちが もっていてください。
(持ち物に空きのある人物)は ラーの鏡を うけとった!
「さあ 行きましょう。


@(ハッサン死亡のため抜け)
・ミレーユ「ムドーは もう そんなに 遠くでは ないはず。 がんばりましょう!
・バーバラ「ちょっと 疲れてきたかも。


○ムドー前
・ハッサン「いる!! この先から すごい殺気を 感じるぜ!
・ミレーユ「とうとう 魔王と ご対面のようね。
・バーバラ「ものすごい 邪悪な チカラを 感じるわ……。
「でも あたしたちだって 負けないもん!


○ムドーに接近
【 ムドー「ほほう。 おろか者たちが まだ こりずに このわしを たおしにきたようだな。
「わが名は ムドー。 やがて 世界を 支配する者なり。
「そのわしに したがえぬなら わが栄光を 見ずして 今 ここで 死ぬがよいっ!



○ムドー撃破後
【 ムドー「ば ばかな……。 このわしが 負けるとは……。
「しかし わしは たおされぬ! このつぎこそ おまえたちを 地獄に おくってやるわっ!
「では また 会おうぞっ! わっはっはっはっ!
シェーラ「今よっ! さあ (主人公) ラーの鏡を!
>いいえ
「どうしたの? ムドーのオーラが消えた 今が チャンスよ。 さあ はやく 鏡を!

~は ラーの鏡に ムドーのすがたを うつしだした!

ムドー「わっはっはっはっ! なんじゃ その鏡は? ……うん?
(ムドーが王さまのすがたになる)
シェーラ「あ あなたっ!
王「おお お前は シェーラ! わしの 妻では ないか!
「ところで わしは こんな所で いったい なにを しておったのじゃ?
シェーラ「あなたは… この世界で… 魔王ムドーとして存在していました。
王「なんと! このわしが ムドーに! しかし 言われてみると たしかに わしは ムドーで あったようじゃな。
「しかし いったい どうして そんなことに……。 どうも 頭が はっきりとせん!
「まるで まだ 夢をみているような。
「わかったぞ! ここは夢の世界じゃな。 ならば いろいろと ふしぎなことも 理解できるぞっ!
「そうであろう シェーラ。 そして そこの者たちは 夢の世界の 住人じゃろう。
「そう思って 見ると どことなく わしの 息子に にている者も おるではないか。

(ソルディ兵士長たち登場)

ソルディ「無事で あったか! やはり そなたたちだけではと あわてて あとを追ったのだ。
「ところで ここは本当に 魔王ムドーの居城だろうな。 そのわりには 魔王の姿が……
王「なんじゃ 誰かと思えば トム兵士長では ないか!
ソルディ「また その名前を……。 私には ソルディという れっきとした名前が……。
「レ レイドック王!
王「うむ……。 いろいろと 苦労を かけたようじゃな。
「それは ともかく なにを ぼやぼやしておる!
「わしと 王妃を はやく 城まで 連れてもどらぬかっ!
ソルディ「はっ! ただちに!
王「今回のこと 王妃ともども そなたたちには 世話になったな。
「あとで 城まで 来るがよい。 じゅうぶんな ほうびを とらせようぞ!】


・ハッサン「なんだか キツネに つままれたようだな……。
「どうも ムドーを倒したような 気がしないのは オレだけか?
・ミレーユ「さあ いつまで ここにいても しかたがないわ。
「私たちも 王さまや ソルディ兵士長の あとを追って レイドック城に 戻りましょう。
・バーバラ「そういえば 王さまが あたしたちに ごほうびくれるって 言ってたよね!
「何をくれるんだろうね。 早く 行ってみようよ!
スポンサーサイト
DQ6セリフ集 | 17:54:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。